5月 192018
 

増田明利さんの本に紹介されている
オーナーシェフ、三谷英郎さん(57歳)の話。

彼はフレンチのシェフとしてずっとやってきた。
念願だった自分のお店を持ち、
3店舗の経営まで拡大できた。

それが2000年を過ぎたあたりから
格差社会だとか失業率だとか騒がれ、
その上デフレの波で
激安の牛丼やハンバーガーが登場し、
売上げが下降線をたどる。
2店舗を閉鎖した。

そんな中でカレー、パスタ、グラタン、ステーキと
洋食レストランに切り替えて何でもやった。
頑張った。

ところが低価格帯の専門料理チェーン店や
1皿270円の均一居酒屋が登場し、
800円の定食では太刀打ちできなかったと言う。

彼はこの先の未来の暗さや
奥さんのヘルニアが悪化したことで
ついには自営の道を閉ざす。

彼がダメになった理由を考察してみる。

1、フレンチシェフとして誰にも負けない武器がなかった
2、価格と味だけで勝負しようとした
3、自分の頭だけで考えて切り抜けようとした
(もしくは相談できる相手がいなかった)

彼が生活のためにファミレスで働いている時、
少し火を加えたりするだけの工場生産の調理ものに
プロとしてやってきた自分の落ち目を憂いて
2ヶ月で辞めてしまった。

この人は料理人としてのを捨てていないんだな。
そりゃ感動のないファミレスの料理じゃ
プロとしてのプライドが許さないわな。

ならどうしてフレンチを捨ててしまったのか?
大衆的な洋食レストランに切り替えたのは
高級フレンチはもう時代に受けないと早合点して、
お金になりそうな大衆向けの料理を提供しようとした。
そんな時でも儲かっているフレンチレストランはある。
なぜそこへ調査に行かなかったのか?
アドバイスをもらえたかもしれないのに。

飲食店経営は本当に忙しい。
その日その日を乗り切ることで精一杯。
だから見聞を広めるための時間もないし、
疲れて読書ですらできない。

そうなると時代の変化を感じ取って
次の新しい一手を打てない。

「経営者とは、企業の将来に手を打つ人である」
by 一倉定

おいしいだけではダメ。
安いだけでもダメ。
立地がすべてでもない。

私がこの悩める時代に生きる人々を観察し続け、
飲食店が提供できる価値が何なのかを伝えたい。

「あなたが生きているだけで私は幸せ」

数億人いる他者との関係性の中で、
唯一無二であると同時に
苦を背負う存在である“あなた”に
感謝とその労をねぎらうことなのです。
(斎藤一人氏はそれを“自己重要感”と言った)

お店にいる時だけでもいい。
あなたのその苦しさを分かるよ、
あなたという存在を歓迎してるよ、
そんなサービスをやってほしい。

「疲れた者、重荷を背負う者は、誰でも私の元へ来なさい」
「休ませてあげるから」by イエス・キリスト

どうしていいのか分からない人がいたら
私に連絡をして下さい。
楽にしてあげるから。

3月 092018
 

メルカリの会長の山田進太郎さんは
アトピー持ちのようです。

以下の改善方法をお試し下さい。
(過去に言及したことがあるが)

1:シャンプーやボディソープを使わない
2:ひげ剃りクリームも使わない
3:入浴剤を入れない
4:お風呂・シャワーは1日1回のみ
(ゼロ回でもいい)
5:使用してもいいのは固形石けんのみ
(夏場の臭い対策は着替えでいい)

これを最低2ヶ月間継続して行なって下さい。
私に騙されたと思って。
それでも全く効果がなかったら
罰として中古品はメルカリで買うようにします。
効果があったならば販売手数料5%に下げて。

できればこちらも実践して頂きたい。

6:ドリンクはミネラルウォーターをメインに
7:菓子パン、即席麺、スナック菓子を食べない
8:腹8分目
9:塩分糖分脂分は控える
10:十分な睡眠で細胞の新陳代謝を

大人になってからのアトピーには
1から5だけでも効果がある。
6から10は花粉症の人にもおすすめする。

お風呂や温泉好きな日本人には
このことわざを是非とも知ってほしい。

「水清ければ魚棲めず」

不潔過ぎるのもダメだが
キレイ過ぎもダメなのです。

ホドホドがいいですね。
(これを中庸と言う)

お釈迦様が一番最初に極端はダメだよと説いた。
私ら凡夫はこの中庸の精神がなかなかできない。

過食症の人は食べ過ぎて
拒食症の人は食べなさ過ぎる。
どちらも意志が強すぎです。
何事もバランスが大事ですね。

キリスト教には神のもとで人は皆平等とある。
平等というのは格差や差別がないということ。

自分を愛する者だけを愛するのもいいが、
時には自分に合わない者、異質な者、
もしくは憎む者ですら関心を持ち
受け入れるだけの余裕を身につけたい。

「右頬を打たれたら左頬も差し出せ」

こんな難題突きつけられて
クリスチャンは本当につらいよ。
合格できずに、そりゃ堕落してしまうよね。
それでも人類のためのキリストの道を歩む。

アメリカよ、北朝鮮に制裁攻撃は止めろ。

8月 132017
 

私はビジネスにはライバルが必要だと考える。
なぜならライバルがいないと発展しないから。

競争は良くないよ。
勝ち負けがあるのは悲しいから。

そんなことも確かに言える。
ある意味では正しい。
でも勝敗のない競争ってあるのですよ。

それは『共創』です。

ライバル同士で新しいものを創造し
お互いが高め合っていくこと。

ライバルが新製品を出した。

「それいいね。でもこっちはこれで勝負さ」

ライバルが不況により低価格で販売してきた。

「それで儲かるの? こっちは付加価値で対抗するのに」

ライバルがビビって何もしなくなった。

「そっちが攻めないなら、こっちから斬り込むぜ」

業界に国が規制をかけてきた。

「よし、ライバルと協力してでも国を変えてやる」

マイケル・E・ポーターさんも言うように
ライバルがいない業界はほぼ無いですし、
たとえ今いなくても必ず出てきます。
だから競争戦略が必要だと。

私はこれからの世界経済は
『共創』により
世界平和を実現すべきだと信じる。

つまり共創戦略で人類を幸福へと。

刺激し合える仲間がいると楽しい。
ライバルは敵ではなく好敵手なのだ。

【追記】
ビジネスのみならず人生は自分との戦いです。
それは神と悪魔の戦い。
戦場は自分の心。

世間の常識だったり、他人の批判だったり、
現状維持だったり、見栄やステータスだったり、
ちょっとくらい手を抜いてやろうかな~と。

この世界が突きつけてくる
あらゆる欲望の誘惑に克つこと。

これが理解できない人は
世捨て人か無関心な人。

私も日々戦ってますよ。

「克つための人生戦略」

それはイエスの教えを信じることです。

7月 012017
 

QBハウスにヘアカットしてもらおうと
愛知県の木曽川イオンに行った。
1階入り口から店内に入ったら
土曜日にしても通常よりも人がいっぱいで
何事かと調べたら
タレントの田原俊彦さんがステージで歌っていた。

http://www.toshihikotahara.com/


このCDの営業活動だと思います。

何もせずにボーとしていても
CD(商品)は売れない。
販促活動は地道な営業で行動するしかない。
(イオン側からの謝礼はほとんどないと思う)

一世を風靡した人物でも
世の移り変わりと共に
瞬く間に過去の人となる。
ひどい場合は朽ち果てていく。

「未来を邪魔する思い出なら捨ててしまえ」
(特に人からされたイヤな事)

人間皆、希望(未来)がなければ死人同然になる。
ついには自殺を決行してしまう。

今回の田原さんの営業を見て感じたのだが、
華やかな世界の住人が
一般層の住まう世界へと下りていくことは
激励そのものではないか。
なぜなら中高年の人が歌に合わせて
手を振り、歓声を上げて喜んでいたから。

とすると2000年前イエス・キリストが生まれたのも
我々への激励のためではなかったか。
神のメッセージを伝えるのと同時に、
地球に生きているすべての民に
神からの感謝とお礼、
それに労いの言葉をもたらしに来たのではないか。
それが福音書の言わんとするすべてだと。

つまり何であれ生きることは尊い行ないであると。

私は庶民と共に生きる。
上でも下でもない自転する地球の上を歩く。
必要とされなくなるその日が来るまで。

6月 122016
 

顔に酸をかけられた女性たち
(アシッドアタックと言う)

このサイトに多数画像あり。

パキスタンやインド、イランなどの国では
簡単に硫酸、硝酸が手に入るそうです。
(日本では劇物として取扱いには法の下で慎重になされる)
法整備の行き届いていない国では
犯罪ギリギリのところを狙って犯行が及ぶ。
なぜそうまで罪を犯したいのかと言えば
人は感情の動物であり、利で動くから。

被害に遭った70%以上は女性です。
(犯人はほぼ男性でしょう)
顔をダメにされたら
女性としての自信は喪失するし、
幸福も断念せねばと考えるに至る。
つまりアシッドアタックは
女性を生き地獄に陥れる行為です。

「なぜ男性はそれをやってのけてしまうのか?」

簡単に言うと
男性は女性を自分の所有物だと思っている。
所有物が自分の命令を聞かないと逆上して
無理にでも従わせようとする。
従わない女に価値はない。
だから焼き捨てても平気なんだと。

法律にもそれが表れている。
男性主導で法が制定されるので
どうしても女性の意見が入りにくくなる。
だから世界は男性有利な社会になりやすい。

おいおいちょっと待てよ。
男性は女性から産まれる。
女性から産まれない人間はいない。
だから女性蔑視は男性にも不利にならないか?

「女性が困る=男性も困る」

この単純な論理が分からないほど
男性はバカなのか?

そうです。バカです。
バカにつける薬はカルマの法則しかない。
経験して魂に記憶を刻みつけるしかない。

もっと言うぞ。
そのバカな男性と結婚してセックスして
男の子を産み育てるのは誰か?
女性の皆さんだ。

息子を女性を守る騎士に育てることを怠り、
克己心・自己修養を教えるのを放棄した
女性にも責任がある。

どうすればいい?
何をしたら世界は幸福に満ち溢れる?

まず『霊的真理』を深く知ることです。
その理解が行動を愛あるものにできるのです。

それは言葉にしたところで変わるものではない。
イエスもシャカもムハンマドもその他の聖者も
言葉以上に行動で示そうとした。
痛みを伴う行動で。

霊的真理の理解というのは
苦痛の数だけだけ普及していく。

イエスが鞭と杭と茨の痛みを受け入れて
十字架を担ぎ切ったように
我々もそれを…

2月 272016
 

神学系の記事は書くのを止めようかと思います。
なぜなら
1、きつい
2、語るそんな資格はない
からです。


この本は臨死体験をした美術教授が聞いた
イエス・キリストからのメッセージなどが書かれています。
キリスト教色が強いですが、
仏教徒にとっても霊的に関して大変参考になる本です。
読んで下さい。

アマゾンアソシエイトからの
微々たるアフィリ報酬なんて興味ないですが、
何人買ってくれたか知りたいです。
私に元気をプレゼントしたいのでしたら
買って読んで下さい。
熱心なこのブログの読者から励みが欲しいです。

誰が読んでいるのか全く分からないわけではないですが、
応援してくれる人は全然分かりません。

1人もいなければ
スピリチュアル系記事を書くのを止めます。
(最低3人を希望します)

8月 212015
 

会社がうまくいっている創業経営者の悩みは
次の後継者をどうするかということだろう。

多くは自分の息子に後を継がせたい。
ですがデキるとは限らない。
なら社内の者で選べばいいとは思うが、
創業者思考とサラリーマン思考とでは
経営の考え方が全然違う。

「創業者なんて変人でなきゃなれないよ」
(大企業になればなるほど常人とはかけ離れる)

人は自分を基準にしてものを考えるの普通だから、
後継者選びは困難極まる。

そうだったら
自分一代で会社を興したものを
自分の生きている内に
売却してしまうのもいいのではないか。
経営権も手放してしまえばいい。
どうせ死んだら誰かが否が応でも引き継ぐわけだから。

ところでソフトバンクの孫会長の後継者に
元Google幹部のインド人が抜擢された。
165億円を支払って雇ったわけですが、
カネで経営者を買ったとも言える。
逆に言うと彼は
カネを積まれれば
いつでもあっさりその座を譲るという尻軽さだろう。
Googleを去ったように。
カネ至上主義のアメリカ仕込みだから仕方ないが。

『会社への熱き想い』

そこに愛はあるのかい?

会社なんてもんは永続しなくてもいいの。
創業者のスピリットが
働く人たちの魂の内部で生き残っていれば、
会社が誰の手に渡ろうが、無くなろうが構うものか。

イエス・キリストは死んだが、
2000年経った今の私たちのために
何て素晴らしい遺産を残して頂けたか。
ありがたき福音です。
私の胸にもそれはしっかり在る。
デキの悪い弟子なので(カクレキリスタンです)
右往左往の毎日でほんと情けないです。

とにかくね、
必要とされなくなった会社は自然淘汰で消滅するもの。
それでいいじゃないか。
なぜにこだわる?

7月 282015
 

私たちは魂として一つだった。
一つならばあなたと私の間には
何の境界線も城壁もないはずで、
完全に理解を超えた理解が在る。
それは感動そのものだ。

しかし現実は私とあなたは違う。
個性と呼ばれる偏見と差別により、
理解を邪魔する隔絶が厳然と横たわる。
それがこの世界のすべての問題を作り出している。
歴史を調べれば
人は相も変わらず同じように苦しんでいる。
愚かしいばかりだ。

「私たちがなぜ生まれるのか?」

すべては一なる魂を知り会得するため。
理解の果てにたどり着く境地は
偉大なる全という大霊との統合。
それが我らの生きる意味だ。

それに至る方法は単純かつ複雑なもの。
肉として誕生し、
苦楽を味わい、
不足があれば再度生まれ変わる。
これを繰り返すしかない。

知識人は嘆く。
理解はできない、
人と人とは分かり合えない、と。
そう言っている内はまだまだ経験が足りない。
さまざま境遇の下に転生しよう。
いいじゃないか、魂は不滅なのだから。

先人なるイエスは完全に人類を理解した。
人が犯したすべての所業を受け止めた。
なぜなら神は感動そのものであり、
感動は経験からによるものだから。

“悪魔の誘惑”はどんなに苛酷だったろう。
私には耐えられない。
幼い魂である私は発狂するだろう。
まだ近づけてくれるな。

私の内部には神が在る。
あなたの内部にも同じ神が在る。
その神には魂の経験の歴史がすべて治められている。
ならば我らが理解することは十分可能ではないか。
というよりも
そうあらねばならないのだ。

4月 052015
 

今私のブログの過去記事をコピーしながら
自分の書いたものを読んでいます。
(電子書籍を出版してみたいから)

http://naokilovesyou.com/

自分で書いておいてできていないことが少なくない。
これは反省です。
まあ意見が変わってしまうのはご勘弁を。

振り返ればいろいろ思い出すこともあるよね。
真っ先に思い出すのは嫌なことだろ?

「人は過去からは逃れられない」

誰であろうと自身の過去という呪縛からは解放できない。

嫌な思い出、憎むべき記憶は誰でも1つは必ずある。
でもそれを乗り越えた(許した)時、
一皮むけた自分になれる。

人にとって過去とは重い十字架のことかもしれない。
イエスはそこから逃げ出さず、最後まで背負い切った。

「我らの道標、イエス・キリスト」

どうしたら過去を愛すべきものとできるのだろうか?

現在を喜びで満杯にすること。

そのためには自分の喜びとは何かを知らなければいけない。
自分を深く掘り下げていかなければならない。
その作業が現在に求められる。
それを了解した時、あなたの未来は輝く。

9月 292014
 

私が大学の3年だったと思う。
何の講義だったかな、私が
今後の世界は「多様性」が花開くと教授に行った時、
彼は「いや、没交渉の時代になる」と諌めた。
つまり彼は「他人への無関心」がはびこると断言した。
今の日本はその通りの方向にあり顕著だ。

私は過去の記事でこんなことを言っている。

電車の利用者が減っているという現象の説明で
———-
「この現象がビジネスにどんな影響があるのだろうか?」

家に篭もる『繭化』→ 没交渉 → 孤独 → ネットで交流 → 解放者たちの登場 → 脱孤独部屋 → グループ形成

独り寂しく閉鎖する者たちを啓発し、個性を開花し、人生を解き放つリーダー。

時代はそんなリーダーを要請してくる。
(個性豊かな様々なリーダーが雨後の筍のように出現する)
(麻原のような悪徳者も混在するだろう)
———-

・部屋から出ない臆病な純真さ
・心を閉ざした眠れる勇気
・社会通念が閉じ込める酸欠した個性

「そんなところにいないで、こっちへおいでよ」

閉鎖から解放へと導くリーダー。

どうやら現代のリーダーには
磁場を形成するための何がしかの“魅力”が必要だろう。

以前に私は、魅力とは失敗のことだと漏らしたことがある。

もしあなたがリーダーとして生きることを決意したならば、
失敗から再起へと変貌を遂げたあなたが原点となる。

つまりリーダーに豪華絢爛たる華やかさは無い。
あるのは泥にまみれた顔を洗った後の、
清々しい無垢なる出迎えがあるのみである。

「私のところへ来なさい。その重荷を軽くしてあげます」

イエスがどんな苦泥を這いずり足掻いたか。
私たちの罪を許すために。

失敗を背負いなさい。(駱駝)
負けじと挑みなさい。(獅子)
そして赤子のように微笑みなさい。(無垢)

リーダーたちの群雄割拠が日本を切り拓くと
私は信じます。