4月 222018
 

船原徹雄氏がウェブセミナーで言っていた。
下の商品で3億円を売り上げたそうです。
(日本総代理店契約を結んでいる)
(利益率は30%)

このハードウェアウォレットは
(コールドウォレットとも言う)
仮想通貨を保持保管するための機器です。

コインチェックのネム流出事件をきっかけに
ネット上で保持するのは危険だとして
一気に売れ出した。
(ネット上の保管のことをホットウォレットと言う)

通常の物販で30%の利益率はすごいことです。
(私はスーパーマーケットで働いていたが
利益率は5%くらいです)

転売せどりをして利益率30%は難しい。
上手い人でしたら20%台ですが、
売れていない在庫を考慮したら
たちまち10%台に低下するでしょう。

船原さんはヤフオク初期から転売をしている。
最初はeBay輸入をして儲けたみたいで、
そこからどんどん拡大していって
物販という業種のほとんどを経験した。
現在は各部門ごとにプロを雇って任せている。

そんな彼はウェブセミナーで漏らしていた。
物販は現金(キャッシュ)がなければ話にならないと。
上記のコールドウォレットだって
大きな資金を用意できなければ
現物を取り寄せられなくて、
3億円も売ることができなかったわけですから。

もしあなたが物販で億単位の売上げを狙うなら
価格差を狙った転売せどりはするな。
(これは単純転売と言う)
ライバルとの価格競争にさらされたり、
商品管理や資金管理に限界が出てくるから。

月に10万20万円程度なら単純転売でも構わないが、
大きくなりたいならば

1、他社ブランドの日本総代理店
2、自社ブランドの製作と販売

両方をするか、せめてどちらかを選べ。
(その時点で単純転売は卒業してしまうこと)

そこで重要となるのがキャッシュの有無です。
昨今の船原さんのメルマガでは
コンサルや塾などの情報を売るのに躍起になっている。
キャッシュに困っているのだろう。
というよりずっとキャッシュのことで
頭を悩ませていると言ってもいいでしょう。

製造者も現金の前払いで受け取りたい。
売掛金なんてできれば避けたい。
だから現金払いの小売業者を贔屓にする。
値引きしてやってもいいかなと思う。

結局ビジネスはキャッシュがあれば有利に立てる世界です。

キャッシュが欲しくてビジネスしているのに、
ビジネスを維持するためにキャッシュが消えていく。

これは「ビジネスの奴隷」だなと彼は嘆いていた。

ヒヨッコの私が言うのも何ですが。
船原さんはアメリカのオレゴンに配送センターを持つ。
それを売却してしまう。
それを終えたら日本の茨城にある配送センターも売る。
(上のウォレットの総代理店権利も売却してしまおう)

代わりにマレーシアに倉庫・配送センターを作る。
(彼はシンガポール在住)

これから拡大していくであろう
東南アジアの消費に対応シフトする。

簡潔に言うと日米欧の市場から
東南アジアの市場へとフォーカスすること。
(中国は競争が激しそうなので様子見で)

先日彼はベトナムへ行ったらしい。
何をしに行ったのか分かりませんが、
着眼点が鋭い人だと思います。
中国の10年後の国がベトナムだから。

キャッシュが売上げに比例して必要になる物販。
小売ビジネスと物流ビジネスとの両方で
拡大を目指すといいと思います。

【追記】
我々は社会のルール内で生活している。
それを破ればたちまち法から罰せられる。
法による強制力は我々を法律の奴隷にさせている。
誰もが何かの制限を受けている。
自身の肉体であっても制限になっている。
だから誰でも人間である以上、
神のような自由を手にすることはできない。
であるならばいかなる制限であろうと
物怖じしない雄々しさと
揺るぎない気高さや志を
胸に刻み込んで生きるべきではないか。
経営者はキャッシュに屈しない闘志を持つべきではないか。
人の隷属性を無効化できるのは
人生への果敢なる挑戦において他にないだろう。

10月 292017
 

「自社の商品やサービスがどれほど素晴らしいものかを
どうしたら顧客に分かってもらえるか?」

購入前と購入後とを比較させれば
一発で納得してもらえる。
なぜなら顧客の求めているものは
自分の得たい結果だから。

その好例はライザップだろう。
アプローチがとてもうまい。

https://www.rizap.jp/voice/mens
本名・写真・数字というデータで誰もが感心する。

広告ビラやセールスレターにも
得られる結果を載せれば効果的です。

この折り込みチラシを見て下さい。
4万部ばらまいて反応はたったの2件だったそうです。

このお店のためのものです。
https://mybox-24-gion.com/

「あなたならこれをどのように改善してみるか?」
私ならこう考える。

●ヘッドコピー:問題提起

部屋中にモノがいっぱいで圧迫されていませんか?
めったに使わないモノが邪魔になっていませんか?
片付けたいモノの置き場に困っていませんか?

●ビフォア:現実、問題の原因

部屋に置かれている邪魔なモノの例え
「これ、どうにかできないかしら!?」

・季節ものの服
・家電製品(ストーブ、扇風機など)
・アウトドア用品(キャンプ、釣り具など)
・スポーツ用品(ゴルフバッグ、スキー板など)
・メディア(本、CD、DVD、アルバムなど)
・子供用品(ベビーカー、ひな人形など)
・自動車用品(タイヤ、パーツなど)
・記念品(トロフィー、盾など)

●アフター:理想、結果
(サブヘッドコピー)

「レンタルボックス(トランクルーム)に預けて
スッキリした部屋にヤッター!!」

注意:リアル写真やマンガ風にして”視覚”に訴えること

ここまでにチラシ紙面全体の4分の3を使う。
いや、5分の4でもいい。
顧客の脳裏に徹底して
あなたの困っている状況を喚起させるため。
モノに部屋を占領されていることが
当然のように思っているから、
スッキリした部屋に住むことがどんなにいいのか、
そのメリットや優雅さをアピールする。

●解決方法

自社の名前、住所、電話番号、地図
ホームページで検索「マイボックス24」
代表者の顔を入れるとなおグッドです。

以上が私がいいと思うチラシの構成です。

ネット上のセールスコピーに比べて
紙媒体のチラシは表現面積がどうしても少なくなる。

商品を知ってもらうのにどんなキーワードを使うか。
成約を高めるためにどんな訴求をするのか。
これらをいかにしてコンパクトにまとめるか。

文字や写真、カラーを過去の事例から選抜する。

1度でうまく行くはずがない。
トライ&エラーを覚悟しなくてはいけない。

現代の情報氾濫時代における広告戦略は
「顧客のマインドシェア」の獲得にかかってくる。

どれほど愛される存在になりうるかということなんだが。

8月 142017
 

岐阜に本社を置くバローという会社は
スーパーやホームセンターなどを中心に
小売り事業を展開しています。

http://valorholdings.co.jp/corporate-stores/

私がイオン木曽川に行く途中に見かける
工事中の大きな建物があり(下の写真)
何となく調べたら
バローの一宮物流センターでした。
(近くに中型スーパーのアピタがあります)

バローのグループ会社である
中部興産が建物の依頼主で、
確かに物流事業をしている会社です。

http://www.chubu-kosan.jp/

私はここの場所は交通がいいので
どうして倉庫を併設した店舗にしないのか
(コストコのように)
不思議で仕方がないです。

もしそれをすれば
もう少しスペースが必要かもしれません。
ですが場所がいいだけに
店舗を作ったらよかったのにと思う。

コストコでは倉庫店が全国に25店舗あり、
物流センターは千葉と兵庫の2ヶ所のみ。

「ビジネスはカンニングOKでマネしてもいい!!」
(ただし法律に違反しない範囲内で)

世の中の所得の2極化は避けられない。
安いモノを求める人は多い。
そのニーズに応えるだけでも儲かります。

店舗型倉庫という小売りスタイルは
とても効率がよくて、
今後も廃れることはないでしょう。

今からでもいいからマネしてしまえ。

2月 022017
 

タレント?の近藤スパ太郎さんは
バイク&ツーリングが好きみたいですが、
3台も盗難に遭ったそうです。

(この本で知りました)

何でも日本の盗難バイクを
タイで売りさばくタイ人犯罪組織と、
日本でバイクを盗み出して
パーツにばらしてタイに輸出する
日本の犯罪組織がグルになっている。

完成車として輸出すると関税がかかるため
日本でバラして送るそうだ。

その犯行手口が大胆かつ巧妙。

「バイク買い取ります」のチラシを
バイクに貼り付ける。
そのチラシの有無を毎日確認して
バイクの所有者の動向を観察する。
所有者がバイクと離れている時間が長い時を狙い、
ロックを壊して盗み出す。
(2本のロックでは不十分)

さらに大胆なのは
車の荷台にクレーンを載せて
高級バイクに狙いをつけて
UFOキャッチャーのようにピックアップする。

「どうして日本人のバイクが狙われるか?」というと

他国に比べてセキュリティが甘いし、
被害者もすぐあきらめて泣き寝入り。
窃盗罪は罪が軽いし、
通関のチェックも甘いそうです。

バイクパーキングアイドゥの細田社長によれば
プロの窃盗団に盗めないバイクはないそうです。
ロックは切られるし、GPSは無効化できるし。

そうだからと言って何も盗難対策しないのは
日本人としては悔しいですね。
最低限ロックとカバーを厳重にする。

一番いいのが、愛車をガレージに格納すること。

雑誌で紹介されていたのはこれ。

もしくは専用パーキングに保管すること。
http://www.yes-i-do.co.jp/

大型バイクには軽自動車なみの価格のものがある。
そんな高価なものを盗まれる前に
絶対に用心のためセキュリティを厳重にして頂きたい。

日本人すべてに対する侮辱だぞ。
ナメられたらアカン!!

8月 042016
 

(お金があるという前提で)
リアルビジネスをどうしてもやれと言われたら
私なら倉庫業をします。
(自分でも利用して貸すこともして)

なぜなら今後誰もがネットショッピングで購入するから。
(リアル店舗に行かずにスマホで)
その兆候はすでに出てきている。
現にリアル店舗が次々と閉鎖している。

今後その跡地がどう変貌していくのか、
悲観的でもあり楽しみともなっています。

(過去にした予想はこんなの)

・マンションなどの住宅
・駐車場
・貸しルーム、貸し倉庫
・ミニ映画館
・ミニ教室
・高齢者向けヘルシー飲食店
・温泉施設

それはさておき。

倉庫業にも差別化が必要です。
船原さんの倉庫会社は思うに苦戦中のようで、
少し前にビジネス路線の変更を書いたことがある。
http://love.nakynaky.com/?p=11655
それから考え直してみた。

船原さんの会社は広州にも倉庫を持つ。
ということは中国全土で倉庫業を展開できることは
十分に可能なことだと言える。
(桑田さんと橘さんが1から構築した)

中国でもネットショッピングは進んでいる。
なぜならタオバオというeモールサイトがあるから。
(運営会社は阿里巴巴で流通額は世界一です)
その他にもネット販売サイトがあることでしょう。

とすると倉庫業は中国でも必要になってくる。
決して時代遅れではないビジネスだ。

場所はどこがいいか。
四川省の成都がいい。
なぜなら日本の会社でどこもそこに倉庫を置いていないから。
(このサイトを参照)

四川省の人口は8000万人で(地図で調べてね)
省都の成都は人口1400万人で申し分ない。
現地のイトーヨーカ堂が賑わっているとも聞いている。

成都のことはこの男に聞け!!
金伸行さん:Facebook

船原さんは中国で物流網を構築する。

現時点の3箇所の物流倉庫:茨城、アメリカ(オレゴン)、広東省広州
それに成都を足す。

中国では今、異常に関税が高くて
中国へ輸出することが困難になっている。
ですがそれは解消に向かう。
なぜなら中国には外貨があふれかえっているから。
中国企業は稼いだ外貨を銀行にて
自国通貨である中国元に変える。
中央銀行は中国元の紙幣が足りなくなるので増刷する。

「外貨と自国通貨の洪水」

これはインフレ(物価高)を引き起こす。
中国政府はインフレだけは避けたい。
(デフレの方がまだマシ)
なぜならインフレは不動産価格を高騰させ、
庶民の生活物価も押し上げる。
そうなると金持ちはいいが、所得の低い農民は飢える。
その時中国各地で暴動を起こされるだろうから。
(クーデターは怖い怖い)
世界の世論は中国政府の怠慢を非難する。

だから政府は必死に外貨を減らそうと
外国投資を奨励する。
それと同時に金持ちから税金をむしり取って
公共事業でそのお金を行き渡らせる。

モノとカネとヒトの流れが
中国全土を駆け回る。
(景気がいいというやつですな)

-オレゴン-茨城-広州-成都-

この流通網にて大きなビジネスチャンスが待っている。
(重慶という都市は何と人口3000万人。ここも挑戦?)

船原さんの会社には優秀な橘さんと桑田さんがいる。
どうでしょうか?

何々。中国人もバカではない。
カネのためならパクリでも違法でも何でもする。
そんな奴らがウヨウヨいる中国へ
ノコノコ行っても返り打ちに合うのが関の山だ。
撤退する外国企業も多い。
何か策でもあるのか?

あるにはある。
最強の経営だと私が信じている方法が。
だけど実現がマジで難しく正気ではない。
なぜならそれをしている会社は世界に1つもないから。
(あのグーグルもしていません)
しかも今後においてもそれをする会社は現れない。
絶対に現れない。
なぜなら理想論だから。

しかしながら私から言わせれば
中国で勝つにはそれしかないと信じる。

恥ずかしながら書きます。
少しお待ちを。

余談:私が船原さんならネット物販事業は縮小させる。
なぜなら今後はメーカーが直接ネット販売してくるから。
(製造小売りですね。アパレルで言うところSPA企業)
だからメーカーにでもならない限り、利益を出せなくなる。

私は今(単純)転売をしていますが、
資金を作れたらメーカーになるか別の事業をするつもりです。

※ラクになっていかないビジネスは辞めていこう。

4月 082016
 

以前船原さんとこの倉庫を紹介した。
http://love.nakynaky.com/?p=11427

それが2016年4月時点で現状がこれくらい。
スカスカだ。
terralogi
上が広いのでパレットと骨組みを組んで
2階、3階建てにもできるのに
フロアでも全然余裕で置ける。

広くて倉庫が新しそうですし、
事務所も付属しているそうですから
賃貸代が月50~70万円はしそうですね。
(所在地:茨城県常滑市水海道市)

今必死こいて倉庫の利用者を増やそうと
オプトイン広告によって読者を集め、
社員の朝野さんが国内転売の有料級ノウハウを
洗いざらい読者に無料で伝えている。

最強の転売ビジネス決定版(終了)

配送代行業者を利用したい人って
月商100万円以上のプレイヤーです。
上記のノウハウを教えて倉庫利用客にしようとする
ターゲット層にマッチしていない。
つまり物販素人には優良なノウハウですが、
倉庫を契約したいというまでには
時間がかかる人をオプトインで集めても
ほぼ無意味でしょう。

「ではどうすれば利用者が増やせるのか?」

レンタル倉庫を借りたい人は
老若男女問わずいるようで、
引越しの際の一時的な預かりや
スポーツなどのイベントなどの備品を
預ける人が多いようです。
震災をきっかけに大事な思い出品を
預ける人も多くなったとか。

地方の茨城県だから引越し業は儲からなそうですので、
私は個人・法人の大事なものを預かる倉庫として
テラロジをシフトチェンジした方が良いと思う。

日本の住居スペースは狭い。
これは10年前も10年後も変わらない。絶対に。
そこに捨てようにも捨てられない思い出の品を
置いておく場所はほぼ無いに等しい。
アパート・マンションなら寝る場所も
モノに占領されている。

民間企業では絶対に無くせない記録データが
ファイルやDVDとして保管されている。
狭いオフィスでがんばる会社も多いので
(というか9割以上が中小零細企業)
レンタル倉庫のニーズはあるでしょう。

テラロジの利用者を増やすには

1、都市部のマンション暮らし一般家庭の貴重品
2、企業内の秘匿資料(データ)

これに絞って営業活動をした方がいいと思います。
(A8ネットで宣伝はいかが?)

ですがこれだと
「既存のライバルに勝てるか?」という疑念が出る。

差別化のキーワードは「販売代行も可能」です。

他のレンタル倉庫やレンタルルーム会社が
販売代行までしているところを私は知りません。

テラロジ運営者はすでに
転売ノウハウが確立されているので
これは訳もないことでしょう。

もしこれをしようと思ったら
少し倉庫内を改造しなくてはいけません。
ですがまずは顧客がどこにいるのか、
自分たちにどうしてほしいのか、
これを汲み取ってからでも遅くありません。

僭越ですがこんな意見はどうでしょうか。

1月 302016
 

アマゾンからメールが来ました。

2016年2月22日(月)をもちまして
多治見FCでの大型商品の取り扱いを終了し、
大型商品を川島(HND3)、←埼玉
大東(KIX2)、←大阪
鳥栖(HSG1)、←佐賀
八千代(NRT2)←千葉
の4 FCへ集約することとなりました。

注:FCとはフルフィルメント・センターの略

————

ウィキにありますが、
https://ja.wikipedia.org/wiki/Amazon.co.jp
岐阜県多治見市の倉庫は
上記のどの倉庫よりも広い。
それでも今回大型商品の取扱いを止めた。
(おそらくですが)
岐阜は日本列島の中央部に位置して、
人口1位と2位の東京と大阪への
平均配送コストの軽減ができる。
だから多くの大口出品者が岐阜県多治見FCを
大型商品の納入先に指定したからだろう。
(指定することは有料になります)
そのため多治見倉庫はパンパンになってしまった。

アマゾンには中部地方に多治見しかないので
他にも倉庫を新設してほしい。
現状倉庫自体の数がものすごく少ない。
これからどんどんネット購入者が増えるのだから、
全国に50~100庫はあってもいいくらいです。

米アマゾンでは自社で配送業部門を創設するそうだが、
狭い日本ではまず各地方に倉庫を作った方がいい。
なぜなら配送業だってコストやノウハウが必要で、
郵便配達やヤマト運輸はその社歴がある。
苦労があったことでしょうね。
それに配送車や駐車場スペースの取得にもお金がいる。
ならば現状FC倉庫がせっかく機能しているのだから
そのノウハウを持ってして(成功事例をマネるだけ)
日本全国にアマゾン倉庫を作った方が得策です。
倉庫と倉庫をつなげば配送ルートは自ずと決まり、
「お急ぎ便」に有効になる。

岐阜県民である私のひいきもあるが、
中部地方に倉庫新設をお願いしたいです。

最後に若い人へ。
E-コマース(電子間商取引)化率は
年々確実に上昇している。
しかも世界的規模で。発展途上国でも。

インターネットにつながる環境にあれば
個人でも世界相手に商売できる。
やらない方がバカだよ。
失敗してもいいじゃないか。

企業への就職だけが働き方ではなくなったのだから
楽天的に挑戦してみよう。

「絶望するな」

10月 222015
 

http://terralogi.com/
(テラは大地という意味)

船原徹雄社長が経営している
配送代行会社です。
物流所在地は茨城県常総市にあります。
少し前に洪水で被害に遭われたようですが、
保険もあってか何とか立て直したそうです。

【サービス内容】

月額会員料:9800円
最大保管期限:60日
FBAシール、簡易検品、写真撮影など

※2015年10月現在
中国輸入、海外輸出は準備中とのことです。

(今年スタートしたばかりの会社ですから)

船原さんの会社は物流系ではなくて
物販系ビジネスで成長した人なので、
これらは早期に対応してくれるでしょう。
(自分の物流サービスを自分でも利用する)

個人で月収100万円ある人は
代行業者を利用した方がいいと思います。
梱包・発送だけでも時間がかかり、
その分リサーチや学習の時間、
自分のフリータイムを奪われます。
雑用はお金を払ってでも誰かにやらせて
自分は自分でしかできないことをする。
もしくは自分のステップアップのために
有限な時間を使う方が賢いでしょう。

【私から余計なお世話】

月額制よりも年額制の方がいいと思う。
もちろん前払いで。(約12万円ですか)
そうすれば顧客が安定して管理しやすく
月々の計算も楽だし、
未払い顧客の対応に頭を抱えずに済むからです。
年額一括で払えるくらいの月商すら持てないなら、
会員としては入会させるべきではない。
つまり敷居を高くして、
自社の物流事業を洗練させるのを優先すべきです。

「B to Bがいい」

私はきりん便という倒産した代行業者を知っています。
対応が遅くて内部は混乱していたように思えます。

まずは企業相手のビジネスで
収支の安定を図ったり、
システム全般の準備を整えるのが
先決だと勝手に思ってます。
一考にでも。

11月 012014
 

https://tamashiigarage.com/

ガンダムのプラモデルで有名なバンダイが
今年の5月に倉庫保管業を始めたそうです。
コレクターらの「置き場がない」というニーズを取り込んで
もっと買わせようという販売戦略でしょう。

寺田倉庫株式会社と連携してとのことですが、
この会社のサービス「minikura」とビジネスモデルが似ています。

何とビックリ!!
ヤフオクで商品を売っている人に朗報です。
売れたら買い手の住所まで送ってくれる
代行サービスもしてくれるようです。
便利な世の中になったものです。

もしあなたが書斎に困っていたり、
CDやDVDの置き場に困っていたり、(特にアダルト関係)
衣類や靴、バッグの置き場に困っていたら、
minikuraを利用してみるのもありです。

★料金
保管期間1か月:1箱250円。
(専用箱250円を購入しなければならない)
アイテム取り出し送料:1個につき800円。

本、CD、DVDを1個取り出すのに800円は高い。
ビジネスチャンスですね。
このサービスは2年前に始まったばかりですので、
今から新規参入しても十分稼げると思いますよ。

魂ガレージ

8月 232014
 

私が中国輸入で利用していた「きりん便」の会社が破産した。
http://global-sas.com/

大阪の堺市から神奈川の小田原市へと
移転した矢先に
いろんな経費がかさみ
ついには破産申請したようです。

上の住所はアマゾンの倉庫に近い地域です。
・小田原市はメディア系
・堺市はアウトドアやおもちゃなど

「どうしてド田舎の地方に倉庫を置かないのでしょうか?」

僕が置くとしたら
近畿:奈良、和歌山、滋賀
関東:群馬、栃木
東海:岐阜、三重

1、まず固定費を安くできる。
2、広い場所を確保しやすい。
(人件費はそれほど変動がないかもしれない)

日本のどこへ配送しても
到着日なんてそれほど変わらない。
(北海道・沖縄・離島を除く)
上記の候補県なら配送料も変わらない。

倉庫業が倒産する理由はさまざまかもしれないが、
固定費を安く済ませることは
ビジネスでは必須です。
仕入れ(在庫)がないというメリットがあるので
考えることは管理費(変動費)のみになる。

誰もアドバイスしてくれなかったのかな?

経営コンサルタントは
第三者的な目線で見てくれるから、
経営が悪い時ではなく
いい時であっても
そのアドバイスは傾聴した方がいい。
人に相談することは恥じゃないのだから。