1月 182015
 

スイスフラン(の価値)が暴騰した。
対ユーロで1.2スイスフランで推移していたが、
1.6まで急騰した。
(現在は1.35ほど)

「なぜ暴騰したのか」と言うと
(専門的には知りませんが)
これまでスイス政府が自国の通貨高を抑制するために
1ユーロ=1.2スイスフラン以上になったら、
スイス中央銀行が無制限でスイスフランを売っていた。
それが今回「辞めます」と言って急騰したとのことです。

「なぜ辞めたのか?」

スイスフランを売るということは
外国の通貨を買うということで、
スイスには外貨が貯まり過ぎたようです。

人口800万人の国でどうやって外貨を使えるの?

製造業ではロレックスが本社を置いているようですが、
(フランク・ミュラー、スウォッチ、他は知らない)
輸出企業はスイスフラン高になるとピンチです。

ですがスイス人は旅行などしやすくなりますね。
(ちょっと前の日本の状況に似ている?)

それにスイスに行く外国人旅行者は減る。
ホテルなどの観光業もピンチです。

スイス経済は空前絶後の大不況になるでしょう。

★スイス人が取るべき道

1、スイス以外への外国への出稼ぎまたは移住する
2、800万人から出る需要目当ての商売をする

私は1を選んでほしい。
なぜならその方が容易だから。

それにしてもなぜスイス政府は有り余る外貨を使わないのか。
どんどん使えばいいのに。
と思ったあなたは甘い。

お金を使いたいのは山々だが、欲しいものがない!!

金持ちの苦労の一つです。

それなら金(ゴールド)を買えばいいじゃないか。

⇒そんなことしたら余計にスイスフラン高になるだろ!!

海外不動産を買いまくればいいよ。

⇒国際的に反感を買うだろ!!

外国債(他国の借金)を買って国際協力?

⇒スイスは永世中立国なの!!

スイスの苦悩と未来:外貨を稼ぎ過ぎて自国崩壊の予兆

私がスイスへ渾身のアドバイスをさせて頂く。

人口増加戦略で国難を回避せよ!!

そもそも人口が800万人しかいないから需要が低い。
(国土は台湾よりも少し広い程度)
これでは外貨を減らせない=海外の商品を買ってくれない。
人口が増えれば嫌でも消費が生まれる。
自国にない商品ならば外国産のものを買うしかない。

人口増加のために出生率を上げるのは時間がかかる。
だから移民を受け入れるしかない。

でも雇用口はあるの?

外国企業を誘致する。
欧州の中でも法人税は安い方らしいが、
高税は誰もが嫌なものです。
せめて消費税(VAT)は減らす方向で。

移民といってもさまざまな国や人がいる。
選定基準は収入とスキルです。
つまりハイクラスな人のみです。
これについては非難が来そうなのでここでは止めます。

永世中立国というのは
どこの国であろうと肩入れしないという立場ですよね。
これはどんな国の人でも差別しないという意味でもある。

『移民による人口増加という国策は妥当』

今後のスイスの動向が楽しみです。
どんな政策を打ち出してくるやら。

追記:FXは口座に全財産を預けるな!! 一晩でゼロになるよ。