11月 182018
 

和佐大輔さんと原田翔太さんとが
アフィリエイトについてこう言っています。

(以下Facebookから抜粋)

「オプトインアフィリエイト」
と呼ばれる仕組みが採用されます。

これは
「1人登録者を獲得すれば○○○○円」
というやつですね。

例えば1件の単価が1000円なら、
10人紹介で10000円が報酬として受け取れます。

しかし、これは業界の闇が深く、
「オプトインの報酬単価が高い」と、
それはかなりの確率で詐欺です。

例えば、アフィリエイト報酬を「非承認」にして
頑張ってくれたアフィリエイターに
報酬を支払わない悪徳業者もいます。

また、単純に「それだけお金が払える」ということは
「かなり高額な商品をあの手この手で売る」
ということを意味します。

100万円とか200万円のバックエンドがあるのがザラです。
これだとあまり人に紹介したくはないですよね?
詐欺の片棒を担いでいるようなものですから。

もちろん、100万円の価値がある商品やサービスを
売っている場合もあるので、
全てが詐欺だというわけではありませんが、

でも、ほとんどは夢や希望を煽って、
中身のないサービスを売りつけているものばかりです。

そしてさらに、
「不正アフィリエイター」
というものも存在するのです。

1件の単価が3000円とかになってくると、
不正登録をして儲けようとする連中もいるわけです。

こんな風に、

1.アフィリ報酬をちょろまかす業者もいる
2.報酬が高い(=広告費が高い)とそれだけ煽って商品・サービスを売らないといけなくなる
3.不正アフィリエイターがガンガン不正を仕掛けてくる

という感じで、オプトインアフィリエイトというのは
かなり闇深いものなのです。

これじゃあ誰も得しませんよね?

なので僕らは、
「オプトイン単価は0円にしよう」
と決めました。

つまり、何人登録されても報酬は0円です。
その代わりに、

「リストビルディング大百科の売上の90%を還元」

という形にすることにしました。

11月22日のライブ配信当日に、
「リストビルディング大百科2」
の先行販売が行われるので、
この売上の90%をアフィリ報酬で還元させていただきます。

具体的には、リストビルディング大百科の販売価格は
20000円(予定)なので、
18000円が報酬として設定されています。

これが売れたらアフィリ報酬が発生するというわけです。
まあある意味原点回帰ですね。
商品が売れたら報酬が発生する。
実にシンプルですね(笑)

(以上)

私が最近思うことは
オプトインでリストを得るよりも
誰かのメルマガ広告で紹介してもらう方に
業界全体がシフトしているような気がします。
(もちろん発行者にお金を払って)

それと数万ものメルマガ読者リストを持っていて
何かのオプトインページを紹介しても、
登録してくれる人は全体の2~3%以下。
メルマガ自体を読んでくれないというのも痛い。

「メールアドレス(リスト)を得ることは難しい!!」

というよりも皆売り込みされるのをイヤがっている。
なぜイヤがるのかというと
過去に変なものを買わされた経験が誰しもあるから。
これは販売者にはどうしようもない。
商売とはそれを乗り越えていくものだとみなすしかない。

リストの数の多さに依存したビジネスはキツくなる。
と考えるならば、いかに
・リピーターを作るか
・リピート購入される商品を売るか
にかかってくる。

『リスト集めよりも、自身の魅力作り』

これに心がけていくのが効果的なマーケティングでしょうか。

オプトイン有料広告でのリスト収集は終わる。

———-

よろしければ登録だけでもお願いします。
私も興味本位ですが登録しました。

リストビルディングの案内ページ

2月 112018
 

『AdBlock』というweb広告を表示させない機能がある。

日本での利用者はオンライン全体の3~10%らしい。
(モバイル端末利用者も含む)
欧米では20%以上で、年々増加しています。
(女性より男性の利用者が多い)
この流れはもっと加速します。

上の動画見ると
広告がいかにも悪者扱いですね。

「お金を使わせようとする者=悪」

広告は読者からそう見なされているのでしょう。

そんな中で広告会社や広告したい人・企業は
どうやって広告したらいいのか?

多くの読者やフォロワーを持つ人に紹介してもらうこと。
影響力の大きい人に頼んで宣伝してもらうこと。

マツコデラックスさんがテレビで宣伝したものは
アマゾンで即完売してしまう。
テレビの力よりも彼の影響力の方に視聴者は動かされる。
web広告も同じ広告なのに、何という違いだろう。
片方は歓迎され、もう一方は嫌われる。

自身のサイトにアクセスを集めて
グーグルアドセンスなどのweb広告から
報酬をもらっている人は、
(ブログ・サイトアフィリエイトしている人など)
アドブロックに対してどう対処すればいいのか?

1、ブロック解除しないとサイト表示できないようにする
2、広告を見終えた後ならサイト表示できるようにする
3、続きを読みたいならお金を払わせる(課金制導入)

私の体験ですが3が多くなってきていると感じる。
日経オンラインなどの経済系サイトが特にです。

情報業界では有料メルマガ発行仲介サイトの
『まぐまぐ!』が2000年頃からあるが、
今も現役で運営されているということは
課金制であっても情報提供サイトにニーズがあるからでしょう。

紙媒体からオンラインにシフトする時代にあって
さまざまなメディアも課金モデルを採用していく。

フリーミアム(無料化)の波が押し寄せても、
苦心して手に入れた情報をタダであげるなんてのは
そんなのやってられるか・経営できないよ
と批判の叫びが聞こえてきそうです。

「情報は無料がいいのか有料がいいのか」
それはあなたが決めればいい。

1つ言えるのは有料にすると読者は減る。
が、優良顧客は残りやすい。
タダに惹かれる客の人間性レベルは低い傾向にあるので
(無料のものに感謝しない人)
私はできるなら有料に切り替えるべきだと思う。

何にも増して重要なのは
「読みたいと思わせる筆者なのか・記事なのか」
それは言うまでもないだろう。

さて広告の未来がどうなるのかは置くとして
宣伝広告の効果について考えてみる。

検索によるPPC広告は上位表示(SEO)ですべて決まる。
上の方から選ばれるという。
私は今後それは通用しなくなると思う。
なぜなら似たような商品やサービスを
どうせ買うのなら自分が知っている人から買いたい。
もしくは信頼できる人が紹介しているものを買う。

藤村正宏さんの本に書いてあるが、
「新規客」は無くなるだろうと。
見ず知らずの人がいきなり自分の商品を買わない。
SNSで自分のことを知ってから買う決断をする。
こちらはその人のことをよく知らないのに
その人は自分のことを知ってくれている。
これは新規客の概念から外れる。

つまり広告効果で一番気にすべきところは
上位表示でも人気ランキングでもない。

個性ある発信情報とその醸し出す世界観です。

広告費をかける前に
日々の情報発信により独自の世界観を作り上げ、
それを共有したいと思う仲間を引き寄せること。

今日の一位は明日のビリ。
一番争いはしんどいし、
順位だけの魅力では固定客を作りにくい。
(一番だってすごいことだが)

3つのFには広告は不要だ。

12月 132014
 

ビジネス系の無料オファーが今でも行われている。
相変わらず似たり寄ったりのオプトインページで
必死で自分の実績をアピールしている。

バカか?

読者は「またか」と呆れていることに気づかない。

何で?

自分のことしか考えていないから。
つまりお客を喜ばせようなんて
露ほどにも思ってないから。

思考が全部「自分が儲けること」のみ。

せっかくお金を払ってページを作って
アフィリエイターを動かしているなら、
読者リストを集めようよ。

偉そうに言っているがお前ならどうする?

私ならば
「私はこれで稼いでいます」という
10~15分で分かる動画を制作し、
「あなたの時間を下さい」とお願いする。
(ページを開いてくれるだけ感謝です)
この動画を見て少しでもピンときたら
メルアド登録をお願いします、とする。
(文章はきちんと読んでくれないの)

ここで重要なのが動画の内容です。
「いかにして視聴者にメリットを伝えられるか」
これにすべてをぶつける。

結局ビジネス系のオファーに興味ある人は
「お金を稼ぎたい」わけだから、
100円でも稼がせればいい。

『実際に稼いでもらうこと』

※ただし「してくれ君・他者依存君」は救いようもない人間なので、
条件を提示し、自分のビジネスに適正な人を抽出する。

まずページ閲覧者にメリットを与える。
登録してくれたらさらにメリットを与える。

“Give, Give and Give”

これがすべて。
(ちなみにこれは土屋塾での大事な教えの一つ)

「与えなさい」

拒否されるくらい与える。

昨今無料オファーは本当に厳しくなった。
無料でもオプトが取れない。
今後は影響力を持つ紹介者にお願いして
紹介してもらうしかないように思う。

やはり最後にものを言うのは「信用・信頼」ですね。

12月 092014
 

和佐大輔さんからの無料オファーです。
彼は仲間作りのために
持ちうるすべてのノウハウを惜しみなく与えてくれてます。
どれか1つでも登録すれば
以下がすべて聞けます。

『和佐大輔物語・絶望編』

『和佐大輔物語・希望編』

【4つの無料プレゼント】

『会員制ビジネスで毎月安定した数百万円の収益を稼ぐ方法』

『売れるコピーライティングの極意』

『17歳で1億円稼いだ男の本当の秘密』

『高額商品をネットだけで大量に販売する方法』

ここに登録すると
会員制通信講座『Illmatic通信』の入会案内が来ます。
月額2000円くらいです。
(私は入ってみました)
おそらくこれはフロントエンド商品で
後からバックエンド商品として
高額の個別コンサルの案内が来ると予想しています。
さてどう出るのか楽しみです。

入会したら4つのプレゼントがもらえて
その中に
「もしも、和佐大輔がゼロからスタートするなら」
という動画音声があります。

そこで彼は言う。
とにかく見込み客(リスト)を集めろと。
それから信頼関係を作り、
商品を販売する。
具体的なやり方は
ブログとヤフオクを使うというものです。
これだけでも1万円以上の価値でした!!

ちなみにこちらは『大人の大学』募集での音声です。

http://ideapub.co.jp/otona/yobikou/

まさしくその通りだと思います。

11月 182014
 

池末健さんのセミナー動画を買った。
これくらいのボリュームなら
9800円は少し高いと思うし、(4980円が上限)
何と言っても「何でこれで儲けようとするの?」って思う。

『和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科』

これは2007年に販売して今も売れているらしい。
価格は10000円ですが、
アフィリ報酬は8800円で
インフォトップに払う手数料を入れたら
どれだけ売れても利益はない。
しかも返金保証をつけているから
販売者の和佐さんはマイナスとも言っていた。
でもフロントエンドで集客して
(アフィリエイターが競って売り込んでいる)
バックエンドで利益を出せているから、
これを販売している十分に意味がある。

「なぜマネしないのかな?」
「物販しかせずに他のビジネスを学んでいないのだろうね」

『人間は現状維持が好き』

この程度でお金を取ろうとしているところを見ると
池末さんはそれほど儲かっていないと見ている。

もっと勉強しないとお客は離れます。

(以下に池末さんの動画の私の感想を書いた)

http://business.nakynaky.com/

池末健氏が年末年始商戦を解説しているセミナー動画です。
※買う必要はありません。

『年末年始商戦必勝マニュアル』←クリック

・クリスマス
・年末
・お正月

この時期は1年で1番売れる時期だということは
せどりをしている人は誰でも知っている。

ですがアマゾンFBAという販売が一番売れやすいことを
理解している人はすべてではないですね。
なぜならFBA納品は手数料と倉庫保管代がかかるから
嫌がっている人もいるはずです。

「でもFBA配送は楽だし、何と言っても早い!!」
(アマゾンプライムなら当日か翌日に届く)

楽天やその他のネットショップでは
土日休業で月曜日配送をしているお店もあるので遅い。
私は楽天ブックスで本を買うのですが
アマゾンに比べたら少し遅い。

池末さんはとにかく
年末年始はアマゾンFBAを利用して売れと言う。
私も同感です。

もし今せどりをしている方がいたら
11月までに仕入れを完了させて下さい。
12月になったらどこでも忙しく
ライバルのセドラーもいるので
安く仕入れられません。
(本当は9月くらいから少しずつ仕入れていくのがいいのですけど)

年末年始はとにかく売れる。
DVDやブルーレイ、ゲームやおもちゃなど。
(池末さんは本も仕入れていますが、私は否定的です。重いから)

理由は簡単。

・子供のプレゼントに
・暇だから
・自分へのご褒美(お年玉)
・ムード(お金を使っちゃえ)

確かにお金が動きやすい時期ですね。

是非せどりに興味がある人は
年末年始だけでもターゲットにして
儲けられることを応援しています。

※クリスマスの売れ残りは福袋に入れられます。
(以上)

10月 082014
 

私自身が現在しているビジネスは
国内メディア転売と(メインはブルーレイ)
中国輸入転売をしながら、
アフィリエイトに取り組んでいます。

なぜなら物販は仕入れ金が必要で
その資金には限りがあり、
無くなったら売れるまですることがないので
空き時間にアフィリエイトをしています。
アフィリエイトは資金不要です!!)

本当は転売せどりの実績を元にして
コンサルをして稼ぐのが王道なのですが、
物販での実績はまだまだ小遣い程度ですので
そこまでは行っていません。

ところでアフィリエイトで利益をもたらすのは

1、他人の商品を売る
2、自分の商品を売る
3、宣伝に協力する

この3つです。

1:無料オファー、A8ネット、アマゾンや楽天アフィリエイトなど
2:何らかの実績が必要となります。
3:グーグルアドセンスです。

初心者は1だけでいいのです。
3は皆さん貼っているのでウザいです。
私なら目立たぬところに貼ります。

最終的に2を目指してほしい。
なぜなら独占販売できるから。

自分で自分を紹介して自分のすべてを売る。
(売春行為ではないですから)

具体的に言うと
自分の魅力を売るのです。
全国に好感を持ってくれる人は必ずいますので、
その人たちとの信頼関係を築けば
あなたから何でも買ってくれますよ。

『信頼=お金を生み出す力』

そうです。
あなたは自分の魅力を売って
信頼を勝ち得るのです。
お金は後から付いてきます。

9月 122014
 

第1回目のコンテンツで

1、初期費用が安い
2、在庫を持たない
3、粗利が高い
4、利益が安定的(毎月課金)

この儲かる4つのルールを教えてくれてます。
(※塾生は絶対覚えておけ!!)

これは土屋ひろしさんが貧乏時代に
ホリエモン(堀江貴文)セミナー(費用)20万円をはたいて
参加した時に教わった
ビジネスのゴールデンルールです。

ネットビジネスのアフィリエイトは
この4つすべてに適合しています。
(ほとんど損しない=継続すれば成果が出る)

だから土屋さんは塾生には『アフィリエイト』をおススメしています。

アフィリエイトは以下のSNSを使う。

・ブログ
・Facebook
・Youtube
・Twitter

今4つのルールに反して
彼は化粧品の通販をしているみたいです。
ほぼ確実に売れる裏付けが取れているので
多額の資金を投入できると言っていました。

裏付けはないですが、
私は物販をしています。
学べるからです。

今日のメールで突然知らされましたが、
物販で60万円を安定的に稼ぐノウハウも公開されるみたいです。
塾生は楽しみにしてね、と。

『IBCA』(新土屋塾)←クリック

8月 282014
 

アプリから個人情報を盗み取るものがあるようです。
早急に以下のサイトを参考にして
変更手続きをお願いします!!

http://profile.ne.jp/pf/kosugetaro/c/c-139639/

Facebookについて専門的なことが書かれています。
Facebookを常用している方は要チェックです。

このサイトの管理人である小菅太郎さんは
インフォトップで教材を売っていて、
僕は買いました。
140円の報酬をゲットしました。

「自動で稼ぐDMMアフィリエイト」←クリック

簡単に言うと
WordpressブログにDMMアフィリを自動投稿し、
稼ぐというものです。
(Wordpressが持つ可能性を教えてもらった教材でした)

これについては報告できることがあれば言います。

8月 212014
 

無料オプトインとは
メールアドレスを登録してもらうと
500~800円の報酬がもらえるもので、
稼ぎやすいビジネスだと言える。
ですがASPに依頼した広告主にとっては
メルアド(リスト)1件につき
ASPへの手数料を含む
1000円くらいを支払わなければならない。

※ASPとはアフィリエイトセンターと呼ばれ、
広告仲介業者のことです。
A8ネットやインフォトップが大手ですが、
個人でも運営できるものです。

http://www.affiliate-system.net/
(ASPに頼むくらいなら、ご自分で持とうよ)

有名な話ですが、
ペットフードの会社がテレビCMを止めて
ペット好きが集まるイベントや会場に出向いて
自社製品をPRするという販売戦略を取るようになった。
なぜならテレビでペットに興味のない人に宣伝しても
全くペットフードなんて売れない。
当然です。
ですが実際にペットを飼っている人なら
ペットフードが売れる可能性が高い。
費用対効果を考えると
テレビCMよりも地道な営業戦略の方が効率的だ。

無料オプトインも同じことが言える。
自分(広告主)の商品・サービスを欲しがっている人は
・どんな人なのか
・どこにいるのか
それを考えてピンポイントで広告を打つ。

【具体的な広告法】

・多くのメルマガ読者を持つ人に号外広告を頼む。
・ブログを運営する人に広告を貼ってもらう。
・FacebookやTwitterでフォロワーを持つ人に
いいねやリツイートを押してもらう。
(クリーンなイメージな人を選んだ方がいい)

こうすることで
迷惑メールBOX行きになりにくい
という利点もある。
(自分のメールが迷惑メール扱いなんて嫌じゃないですか)

一人で多くのフリーメールでオプトする人もいます。
アフィリエイターと組んで…
そんな不正も無くせますよ。

とにかく見込み客の濃いリストを獲得するのに
もう少し知恵も客層も絞るようにと
お節介ですがアドバイスさせて頂きました。

6月 152014
 

ネットを使ったビジネスにおいて
情報(無形のもの)を販売する人は
リスト(メールアドレスのこと)を集めるのに苦労している。

物販をしている人は
リストはそれほど必要ない。
安定仕入れ元と安定顧客さえいれば苦労しない。

リストを集めているということは
リストがどんどん離れていくから
恐怖にかられて集めにかかっているということだろう。

「なぜリストが離れていくのか?」

・楽しくない
・面白くない
・つまらない
・役に立たない
・新鮮さがない
・自慢ばかりでムカつく
・売込みばかりでイラつく
など

世の中には色々な価値観を持った人がいて、
それは許容しなくてはいけない。
嫌いなものを無理に好きにさせることはできないので、
好きな人だけで集まればいい。

その好きな度合いが重要です。

【どちらかというと好き<好き<かなり好き<大好き<超好き】

平均以下の好きだと浮気者。
平均以上だと離れない。
最上級だと何でも言いなりになってくれる。
(熱狂的ファンですね。奴隷と言う意味ではないです)

商材を販売するとする。
浮気者リスト1万人の内の1%(100人)が買う。
熱狂的ファン100人いたら全員買う。
同じ100人で変わらない。

後者の場合
名前も顔もなじみになれて
関係性が高くなりますね。
口コミが少しずつ広がっていくでしょう。

前者の場合
9900人の中に反抗的なアンチがいるのです。
そのアンチが悪評を広めるので
リストが離れていくとか集まらない原因になる。
「どうしたらアンチを退け、普通を熱烈ファンに変えられるのか?」
これを考える必要が出てくる。

キーワードは『家族』

リストを家族だと思えばいい。
家族の中にも仲が悪い人がいる。
でも血縁というものが見捨てるということをできなくしている。

ネットの世界であっても
せっかくご縁があって出会ったのだから
可能な限りの愛を尽くしてあげようよ。

ネットビジネスでもやはり愛が超重要なんですね。