8月 072015
 

和佐大輔さんの出身地、高知で
バラを販売している人のことを
録画音声にて知りました。

ここかな。
http://www.pure0124.com/index.html#

【↓ 余計なお世話です】

まず英語表記がない。
だから販売機会ロスです。
日本在住の日本語の分からない外国人もいるので
(長期観光客でもいい)
その人たちに販売層が広げられるのに。

それとフルーツを未加工なまま売っていて
差別化ができていない。
(他の産地とどうがどう違うの?)
私ならゼリーやジャムなどといった
加工食品を考えてみる。
そうすれば海外にも輸送できて、
全世界に売って出れる。

バラの需要は
結婚披露宴や開店祝い、
企業の応接室、展示会などにあると思う。
一般向けでなく、
そういった方向でアプローチしてみるといいと思う。

販売ページに動画を入れると効果的です。
今Youtubeはタダで利用できるので
(しかも検索されやすい)
使わない方がもったいない。
あとFacebookです。
こちらもタダです。
全世界の人が利用しているこのSNSは
商売でも大いに使えます。

それが面倒ならヤフオク(一番のおすすめ)でも売れます。
メルカリやAmazonでも売れます。
(Amazonは月額費用4900円+販売手数料がかかる)

このように。

どんどんトライしてみるべきですよ。
失敗してもたかが知れてますので。

地方活性化にネットは強い味方です。

3月 102015
 

ネットビジネスゴールデンルールの提唱者の
小玉歩氏が天然石のお店をオープンさせたそうです。

これは絶対読んでおけ。

こちらがリアル店舗です。
お金がかかっているのは一目瞭然。
http://kodamaayumu.com/blog/archives/2215.html

それ以前に独自ネットショップを立ち上げています。
http://premiumstonegallery.com/

ヤフーショッピングで2号店目ですね。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/premiumstonegallery/

正直に言うのはためらいますが、
私はこのリアル店舗はダメになると思っています。

初日に賑わったのは仕事関係の方が
儀礼的に入店されただけで、
一般客がほとんどいない。
初日ならまだそれもいいが、
今後がきつくなってくる。
仕事上での関係者は本当のお客ではないことは
分かっていることと思うので言わないが、
一般人が来店されてこそ初めてお客と言える。

ローケーションはちょっと分かりませんが、
1階(地上階)ですからいいと思う。
2階が事務所になっているのもいいと思う。

でも内装にムードがない。
木目調の棚と透明ショーケースに
石がただ並べて置かれてあるだけで、
天然石の魅力を伝えるような工夫がない。
1回来ただけでつまらないから飽きる。

「リピーターのないビジネスは滅びる」

ではどうしたら天然石に興味のある人が何回も来店してくれて、
興味の無い人が興味を持つように(=新規顧客に)できるのか?

石の魅力を伝える場所にすればいい。
ネットショップではなかなか伝えられないことでも、
リアルショップなら現物を手に取りながら伝えられる。
(入場料を取ってもいい)

それをすれば石は売れるのかというと正直難しい。
なぜなら価格帯が高級路線で一般人には手が出しにくい。
だからリアル店舗では石を売らない。
石の魅力を伝えることのみに集中させる。
販売はネットショップで。

だが天然石のネットショップは他にもある。
ライバル店にて買われてしまったら儲からないのでは?

オーダーメイドで差別化を図る。
ネーム入りや願掛け用・お祝い用、
顧客の希望にマッチできるように対応する。
(加工作業は中国に依頼する)
自分のためだけに製作されたものなら
誰でも喜んでくれることと思う。

確かに石には人を魅了させるものがある。
ゴールドほどではないが。
(鉱物というカテゴリーでは同じ)

石にまつわる神話、伝承、歴史、エピソードなどのストーリー。
ストーリーは人を引きつけます。

※ストーリーを想起させられないものは
(ほとんどの大量生産品は)
価格下落していくだろうね。

店舗内にパンフレットやテレビ映像も活用して
天然石のファンを増やしていけば
きっと売上げが上がると思います。

以上僭越でした。

余談:スピリチュアル的には
我々の魂が石などの鉱物に転生した経験が
誰にでも1度はあると教えている。
この話はまた別の機会で。

11月 222014
 

http://shiterun.com/wp/

このブログの管理人さんの名前は分かりません。
49歳のサラリーマンとあります。
物販を副業として頑張っておられるようです。
(名前と顔出しはした方がいい)

下記の無断掲載すいません。

(ここから)

最近、Amazonの理不尽な対応にホトホト嫌気がさしました。

「こんな一方的なプラットフォームに人生をゆだねることは出来ない」と確信しました。

売り手の立場があまりにも弱すぎます。下請けいじめもいいところです。

先日、ブラウンの女性用脱毛器の新品をFBA販売したところ、

人毛まみれ、外箱も説明書も保証書も捨てられゴミ袋に入った状態で返品されて全額返金されてました。

先月は5万円もするパソコン周辺機器が「壊れている」との返金リクエストを受け、

「返品してくれて、検品が済んだら返金しますよ」と返事をしているのに一ヶ月たっても返品してこない人がいて

「返品してこないな~?!もういいのかな?」と安心していたら返金保証申請を食らって5万円が保証金コーナーに保留されちゃいました。

しかも、このせいでアカウントヘルスが「注意!」に。

Amazonからも「このままアカウントヘルスが悪いとアカウント閉鎖しますよ~」と警告が。

・・・・やってられん!!(激怒)

ヤフオクで貧乏人相手に中国製品を売っている方が精神衛生上、よっぽど良いです。

現在の在庫を売り切ったらAmazonとは絶縁します。

(ここまで)

私自身は売上げが少なく
国内せどりで仕入れたDVDなどを売っていますので、
アマゾンから厳しい要求をされたことはないです。

それにしても上の文を読むと
買い手の立場が強いことが分かりますね。

ブラウンの脱毛器がゴミ同然に…
パソコンの機器が返品されない…

私だったらアマゾンに抗議しまくります。
証拠写真や返品要求でこちらに非がないことを認めさせる。
それでもダメだったらアマゾンから撤退でしょうね。

ところで私は占えることができる。
脱毛器の女は身ぐるみはがされて捨てられるし、
食い逃げ人間はやり逃げか使い捨てされるだろう、と。
カルマとはそういうものだ。

上のブログの49歳サラリーマンの方は
今独自ネットショップ構築に励んでいるようです。
森由樹さんの塾に入ったようですので分かると思いますが、
皮くつの輸入関税は30%くらいするそうです。
しかも重いので送料も高くなる。
バカバカしい。
商品選定は吟味してほしい。

関税率表参照

食とバイクが好きなようですので、
バイク関連のビジネスをしてほしいなと
個人的には思います。
(決して上から目線ではありませんよ。悪しからずに)

バイクのパーツなどを売るのではなく、
(仕入れがあるビジネスは止めた方が無難)
バイクの楽しさを教えるような動画を撮って
Youtubeに載せてアドセンス広告収入や、
大型バイクの駐輪所って少ないから
パーキングの仲介ビジネスも考えられます。

バイカー人口は少なくない。
(私は怖くて乗れない。1度事故ったから)
儲かるビジネスは必ずあります。
何とかそっち方面で活路を見出して頂ければと思います。
(本当に上から目線ではないですから。単なる独り言で)

10月 252014
 

玉蔵さんのブログ記事で紹介されていた。

http://golden-tamatama.com/

独自ネットショップを持っていたとは!!

http://www.haramura-green.jp/

でも「原村グリーンショップ」のネーミングから
金玉も玉蔵も連想できない。

ところでオーナーは誰なのさ

ありきたりなデザインのショップで
皆素通りされるよ。
もっと強烈なメッセージがほしいところです。
写真や動画を入れるといいですよ。

http://johnstonsstyle.shop-pro.jp/
このショップの店主は森由樹さん(男)ですが、
写真の女性は単なるモデルで、
女性にした方が売れやすいので嘘をついてます。
でも儲けているみたいですよ。
参考にでもと。
(後記:女性モデルは森さんの奥さんのようです)

あとね、テクニックとして。
書籍とコンテンツは別でショップを作る。
つまりカテゴリーを情報系とヘルシー系とアパレル系に分ける。
専門ショップとして特色を出して
訪問者に分かりやすく商品に訴求力を持たせる。

私自身は食品を扱うことには否定的ですが、
数量が少ないので売れ残れば自分たちで食べるのもありです。
ですがアメリカ産のナッツを売るのはどうしてなのか疑問です。
日本産にこだわってほしいところです。

こだわりのない男なんて、浮気な野郎さ

それとDVDというコンテンツ販売について
次を読んでね。