11月 072014
 

土屋ひろしさんも言っていました。
文章や写真で情報発信するブログはたくさんあるのに
動画を撮って発信する人がものすごく少ない。
これはチャンスです。
動画を使えば新規参入者でも信用が得られやすくなります。
ビジネスは信用が命ですから、
動画で自分を見せて信用から信頼につなげて頂ければうれしく思います。

11月 022014
 

ツイキャスのアプリをダウンロードすれば
誰でも無料でスマホでライブ配信ができるそうです。
(PCでも可能)
女子高生がメインに利用しているみたいですね。

http://twitcasting.tv/

(やり方はこちらに)

このサービスを提供しているのが、

「モイ株式会社」
(モイとはフィンランド語で“こんにちわ”という意味)

何と100%日本企業です。(アメリカに負けるな!!)
広告を一切使うことなく、
口コミだけで世界で800万人突破したそうです。
そのうちの16%がブラジル人。
回線が不安定な地域でも配信できるのがその理由。

「口コミによる拡大は根強く支持されやすい」

私が口コミによる認知度アップがなぜいいのか、
顧客離れが少ないからだと思っている。
それを知って実行している創業者の赤松洋介社長、スゴイわ。

このツイキャスはスマホだからお手軽に利用できる。
ビジネスで使えるぞ。

語学などの授業講義
FXや株でのエントリー
せどり仕入れのリアル実況
などなど。
(あとは自分で考えて)

※エッチなことはしちゃダメ!!

一言でいえば「生放送」ですね。
「見る」だけでなく
「見せる」「見られる」ということを念頭に置いて
ソーシャルネットワーク時代を生きましょう。
(悪いことはできにくくなりつつありますよ)

10月 012014
 

ブログというのは文章と画像と動画でできています。
ほとんど人のブログは
文章と画像で占められています。
それは絵入りの本のようなものです。

「本(=文章)は読まれません」

なぜなら人はバカですから。
向学心も向上心もないアニマルですから。
それを変えることは他人にはできません。
よってブログは読まれません。
メルマガでさえも読まれなくなるでしょう。

ですが動画を見る人はいます。
テレビを見る人がいるように。
(私はテレビを見ません)

だから動画を撮って下さい。
そしてブログに貼り付けてください。

ブログはあなたの『総合メディアチャンネル』です。
(※ブログを持っていない人は早急に立ち上げて下さい)

この先個人のメディア番組がテレビ番組を駆逐し、
個人が抱える小規模なグループが
経済のうねりを作り出すことでしょう。
小さなグループが波を起こすことができる。
それが幾重にも重なって…

それが意味しているのは、
今後はよりフラットな時代になり、
それは人間の能力の格差や収入を
如実に露わにしてしまう恐ろしい時代になる。
(私はチャンスだと思うが)
今まで何の能力もない人が法人の後ろ盾によって守れてきた。
それが無くなる。
つまり「二極化」が今よりも激しくなるのです。

人はバカである。
愚かな動物である。
ヒトが人に生まれたことの意味を理解していない
哀しい生き物である。

この塾に入って二極化を阻止しよう。
私が土屋さんのバックにいます。
彼がまだ気づいていないことも教えることもできます。

『IBCA』(新土屋塾)←クリック

動画をどんどん撮りなさい。

オンライン塾に入って勉強勉強。

3月 152014
 

私のYoutube動画の
「江原啓之さんに質問。なぜグレートスピリットは未完全なのでしょうか?」
に答えてくれた人がいます。
ニックネームBukkieUenzという方です。

江原氏ではありませんがお答えしようと思います。
多分こういうことかなと私は思います。
グレートスピリット(神様)は進化を続ける存在だから未完全なんです。
完全な存在というものがいたら、その存在はもう終わってるんです。
ひとつの終焉でしかないものになってるんです。
きっと完全な存在というものを存在のゴールだと捉えられてる。
神様ならそれに到達してるはずだと考えられてる。
でも、神様も進化を続けてるから、いつでも神様は未完全なんです。
神様はひとつの終焉になる気はないんですよ。
しかし未完全と欠点や弱さがあることはイコールではありません。
それはどこまでも進化を続ける可能性を持ってる、ということなんです。
ご参考になれば幸いです。

全く同意見です。
この方がどんな方なのかは全く分かりませんが、
この答えにそう易々とたどりつけるものではない。
なぜなら「神=完全な存在」だと普通の人は思ってしまうものだからです。
精神の格闘の果てに「やっと導き出せたぞ」という想像をしてしまいます。
ご苦労様です。

最近「人は霊的な存在である」真理に
目覚めてきている人が増えてきている気がします。
もっと仲間を増やしたいですね。

それにしてもYoutubeって見られているのですね。
驚いてます。

動画で公に発言するって勇気が入りますし、
誹謗などの反応があると少し凹みます。
でもこうやって自分の意見を言うのも社会参加になります。
個人の時代ですので皆さんも是非挑戦してほしいですね。

追記:この投稿者は神の存在を確信している。
なぜなら神様と「様」を付けているから。
(お客様は神様じゃねえんだよ、未熟な人間どもが、片腹痛いわ、カス!!)

11月 032013
 

豆腐は大豆食品であり、
大豆には良質なタンパク質が含まれている。
プリンのようにやわらかくて(フルーティー)
喉に詰まることはない。

TOFUという言葉は欧米人にも浸透している。
つまり認知されているわけだ。

現地で豆腐生産するにあたって、
大豆からできているので仕入れをすることは可能。
だが『豆腐は水が命』であるから
(軟水でしかやわらかい豆腐はできないらしい)

http://www.tofu-as.jp/tofu/howto/05.html

良質な水は日本から確保しなければいけない。
硬水を軟水にできる装置を備えるか。

中小企業は海外輸出から始めるのがいいでしょう。
Youtube動画を製作し、英語の字幕をつける。
これならば宣伝費はそれほどかからない。
もしかすると大口契約が取れるかもしれない。
やってみる価値はある。
(eBayで売ってみるのもいいですね)

「日本食のグローバル化」は進んでいます。

日本だけに目を向けていては倒産は既定路線ですから、
世界を視野にして頂ければと思います。

(以下記事の抜粋)

豆腐店、続々廃業「365日働いても利益ない」

[読売新聞 11月2日(土)13時33分配信]

豆腐業者が倒産や廃業に追い込まれるケースが増えている。
大豆価格の高騰に加え、スーパーから値下げを求められるなどして経営が悪化し、
豆腐業者はこの10年間に全国で約5000軒が廃業。
今年8月に破産申請をした都内の業者は「365日丸々働いても利益が出なかった」と
苦しい日々を打ち明けた。

1957年創業の豆腐業者「仙台屋本店」(東京都三鷹市、8月に自己破産申請)の
及川英一さん(37)は、大学を卒業した3年後から、
祖父が開業した同店で父親とともに働いてきた。

従業員は最大20人で1日2000丁を製造してスーパーに卸すほか、
10年前には杉並区のJR阿佐ヶ谷駅近くなどに三つの直売店を開設。
豆腐を加工した食材なども手がけ、好調な時は年4億円を売り上げた。

だが、5年前から輸入大豆の価格が高騰。
豆腐の一部を別の業者から安く仕入れて費用を下げるなどしたが、3年前には3店舗とも閉鎖。
デフレの影響でスーパーからも値下げの要請を受けたが、
経営が苦しいため、むしろ値上げしてほしいと相談すると、
取引が打ち切られた。

スーパーの中には協賛金の名目で売り上げの7%の「上納」を求めたり、
売れ残った分は買い上げてくれずに丸ごと負担させたりするところもあった。

今年になって、外国産大豆はさらに値上がりし、
1~9月末の平均価格は1キロ当たり84.2円で、この10年で最高値となった。
国産大豆もそれに合わせて値上がりし、経営を圧迫した

給与の支払いも遅れ、6月になると従業員も5人にまで減った。
及川さんは「365日丸々働いてももう利益が出ない。事業継続は厳しい」と伝えると、
残った5人からは「我々も休みをつぶして働くから、何とかならないか」と懇願された。
だが、事業が好転する可能性はなく、8月に自己破産を申請した。

及川さんは、「豆腐の安売りが激しくなっており、どこも経営が苦しい。
適正な価格でスーパーに卸すなど販売価格を見直さないと、豆腐屋はいずれなくなってしまう」
と吐露した。

厚生労働省の集計では、全国の豆腐業者は12年度は9059軒となり、
03年度(14016軒)より4957軒減った。

全国豆腐連合会(東京)は、
来年4月からの消費増税分を価格に転嫁できるよう流通業界に理解を求めている。
同会は「年間500軒のペースで業者が廃業している。
食の安全、安心を守るためにぎりぎりの経営を続けていることを知ってもらいたい」と話している。

10月 112013
 

Youtubeでの収益化がバカにならないことを知るようになった初期の頃。
無名の人が制作した動画を安く買い取って、
それを1つのサイトに集めて、
誰でも無料にて楽しめ尚且つ役に立つ「動画マーケット」
ビジネスになるのではないかと思った。

動画売買については検索したらすぐ出た。
すでにやっている会社があるのですね。
http://www.movie-times.tv/

無名の人が制作した動画の中でも
イイものがたくさんあると思う。
でも知られなかったら宝の持ち腐れになる。
もったいない。

動画売買は今後もっと盛んになる。
テレビ番組は逆にしぼんでいく。(テレビ業界の方は今すぐ辞めろ)

時代は個人にスポットを当ててきているのが分かる。

まさに『個人が輝く時代』です。

私も陰ながらではありますが、個人の叫びを発信し続けたい。
皆さんも叫べ!!