12月 262017
 

外食産業で一時成功した者たちの
大失敗と転落の原因を探ってみると、
皆に共通して大きな借金をしたことが挙げられる。


(飲食経営者はこの雑誌を絶対に読んで下さい)

なぜ彼らは借金をするのかと言うと
店舗を増やしたいから。

店舗が増えれば売上げが上がる。
そうなれば利益も大きくなる。

そうなるはずだと考えているのがそもそもの間違いです。
なぜなら固定費や人件費がそれと共に大きくなるので
利益を圧縮してしまうのですから。

どうしてそんなに規模をデカくしたいのか
(特に男性)
私には理解しにくいですが、
飲食業はいかにしてお客さまに

・おいしい料理
・くつろげる、落ち着ける、楽しい空間
・まごころこもったサービス

を提供するかが大切であるのに、
なぜか儲かったらすぐに出店・拡大に走ってしまう。
しかも銀行から融資を受けてまでしてしまう。
儲けた利益で新店舗を作るならいざ知らず、
多額の借金をしてまで店舗拡大を目指すのは
やはり見栄なのでしょうか。

人間なら誰でも備わっている3大欲は
・食欲・性欲・睡眠欲
とされていますが、
権力欲、支配欲、征服欲も入るのではないかとする人がいる。
争いが絶えないわけですね。

※お金はこれらの欲望をすべて満たしてくれます。

我々が仕事をするのはお金(生活費)が必要だからですが、
経営者がビジネスするのはもっとお金を増やしたいから。
それについては否定しません。
だからこそビジネスの拡大を焦ってしまうのも分かります。

でもその焦りが命取りになることを皆知らない。
冷静さを失う。
自分の考えに固執して無理矢理それを推し進めようとする。
赤字店舗なのに、初期投資をかけているから止められない。
だったら赤字の原因を分析して改善していけばいいのに、
冷静な判断ができなくなっているから
さらに借金して先延ばししたり、別店舗で補填させる。

なぜ焦るのかというのを考えた時、
「チャンスは1度しかない」と
思い込んでいるのではないかと思う。

「やっと巡ってきたこのチャンスを逃したら
俺はもう2度と上へ行けないかも」
「こんなちっぽけで終わってたまるか!!」

商売のチャンスならどれだけでもあるというのに。

私も飲食関係で働いていたから分かりますが、
「俺にはこの業界でしか生きていけないんだ」
と視野の狭いところで固執していました。
本当にそう思い込んでいた。

なぜ視野が狭くなるのかというと
日本の教育と自身の経験の少なさがあると思う。

日本では「石の上にも三年」だとか
「最後までやりきりなさい」だとか
自分に合わないことでもそう強いる風潮があること。

もう1つは自分のこれまでの経験なんて
たかが知れている。
学校生活やクラブ活動など周囲と似たような人生ですから。
(教育改革が望まれます)

10年間生き残る会社なんて全体の1割以下です。
飲食店なら3年以内に7割が閉店してしまう。

倒産・閉店を回避するのは

・多額の借金をしない(身の丈経営)
・いろんなビジネスを知ること(日々勉強)

この2点は意識してほしい。

そしてもう1つだけ知ってほしい。
挑戦すれば必ず失敗の1つや2つ起きてしまう。
その失敗を次にどう活かすのか、
または挫折で終わらせてしまうのか、
あなたの器が問われる時です。

成功の反対は失敗ではなく、
何もしないこと。

エドガー・ケイシーも言っている。
「何もしないでいるよりも、積極的にやって間違いをした方がよい」

痛い思いをしないと人は反省しない。

バカな争いを繰り返してきた人類史であっても
少しずつ良くなってますからね。

5月 042014
 

金儲けは悪くない。
どんどん稼げばいいと思う。
情報商材を売っている人は
犯罪的なものを売っているわけではないので、
言葉巧みにどんどん売ったらいかがでしょうか。
ボーと買う方も買う方ですから。

経済社会はお金の循環をさせないと停滞してしまう。
我々はそんな社会に住んでいる以上、
絶えずお金の稼ぎ方も考えていかないといけない。

でもより問題なのは「稼いだお金の使い方」の方なんですよね。

顧客(他人)のために稼いだそのすべてを使えとは言わない。
まさか全部自分と家族だけで独り占めしていないだろうな。

「世の中、自分たちだけで成り立っているわけではない」

こうして豊かにさせてもらったんだから
何か『恩返し』させて頂ければいいなぁ、
そんな気持ちを持ってほしいと思う。

アメリカ鉄鋼王のカーネギーは
「お金を稼ぐ時よりも、使う時の方が忙しくなった」
(よく慈善家がカネをせびりに来て困ったもんだ)
と言っているそうで
巨万の富を持つのも大変なことだと思います。

『多くを与えられる者は、多くを要求される』

エドガー・ケイシーはそう言っています。

貯蓄好きな日本人はもっと
お金を使うことを経験すべきだと思う。

3月 242014
 

人は過去世において大なり小なり罪を犯している。
その罪を償う(弱さを克服する)ために
私たちは何度でも生まれ変わる。

この本の著者である木村女史は現在の霊能者であり、
美輪明宏氏をして「本物」と言わしめている。

彼女がどのような人物かは私では分からないことであるが、
疑問が1つだけある。

なぜ平凡な女の人生を歩みたかったのに関わらず、
霊能者として生きねばならないのかを苦悶していた時、
「お前は神の世界で大きな過ちを犯している。
この世で人を救う事で罪が許される約束でこの世に来ている」

と神から聞いたそうです。

神の世界とは『霊界』のことだろうか?
もしそうであるならば何人も霊界で罪は犯せない。
なぜなら邪悪な欲が湧き上がってこないから。
私たちが肉体を持たず魂として在る時、
至福に包まれた状態であるからして
悪意が表出しない。
よって罪を起こさせる動機が生まれない。

木村さんの言う「神の世界」とは何だろうか?
私が思うに彼女は過去世において
「神の力によって大きな過ちを犯してしまった」のではないかと推測する。
つまり「神の力を愚かなことに使ってしまった」という。

エドガー・ケイシーというアメリカの霊能者?は貧乏に苦しんだ。
なぜ苦しんだのかと自身(アカシックレコード)に聞いたところ
未来予知などの霊能力を使ってギャンブルでお金を稼ぎ、
酒で身を持ち崩したらしい。(過去世において)
よってお金に縁のない人生を生涯過ごすことになる。
(詳しくは本で読んでね)

もしこの段で行くならば、(あくまで私の妄想です)
木村さんは自分の浅知恵判断による霊能力の行使により
人を不幸にしてしまったのではないかと思う。
つまり「良かれと思ってやったのに、こんなはずではなかった…ゴメン」と。
ダイナマイトの発明者ノーベルを思えば理解しやすい。

彼女に関してここにこれ以上の妄想は止めるが、
「失敗こそが神への最短距離である」
というちょっと上から目線な私のアドバイスです。

「失敗して痛い目に合わないと反省がないから人間って。愚か者なんだ」
かく言う私も愚か者です。

※木村さん信者は絶対私に抗議メールを送らないで下さい!!