3月 272016
 

「フーミー」という有料メルマガのサイトがあります。

http://foomii.com/

ここを見てもらえると分かりますが、
月額でメルマガを購読できます。
(すべて有料です)

その情報は筆者からオンタイムで発せられるので、
書籍よりも新鮮度が高いです。

紙本は出版されるまでに
どうしても時間がかかる。
編集やら販売戦略を練るやらで。

ですがメルマガでしたら
言いたいことがあれば即メールで伝えられる。

しかも印税3%の紙本よりも
メルマガ収入は80%以上でしょう。

これでは紙本で出版する意味がほぼないですね。
名声だとか虚栄心を満たすことくらいしか。

残念ですが
本屋と出版社は倒産していきます。
早急に商売替えを!!

このフーミーを見ていくと
何と木村藤子さんが2011年から始めている。
早いですね。
情報通なのでしょう。

おそらく今後の展開はメルマガ読者に
文章だけでなくもっと動画も送信するようになる。
その方が伝わることも多いので。

注意:迷惑メール扱いされない対策もして下さい)

情報はタダが当たり前ではなくなった。
お金を出して買うもの。

読者に選ばれ
お金を出してもらえるような
情報発信者になれる有識者は、
必ず有料メルマガをして下さい。
私はちょっと無理ですけど。

3月 242014
 

人は過去世において大なり小なり罪を犯している。
その罪を償う(弱さを克服する)ために
私たちは何度でも生まれ変わる。

この本の著者である木村女史は現在の霊能者であり、
美輪明宏氏をして「本物」と言わしめている。

彼女がどのような人物かは私では分からないことであるが、
疑問が1つだけある。

なぜ平凡な女の人生を歩みたかったのに関わらず、
霊能者として生きねばならないのかを苦悶していた時、
「お前は神の世界で大きな過ちを犯している。
この世で人を救う事で罪が許される約束でこの世に来ている」

と神から聞いたそうです。

神の世界とは『霊界』のことだろうか?
もしそうであるならば何人も霊界で罪は犯せない。
なぜなら邪悪な欲が湧き上がってこないから。
私たちが肉体を持たず魂として在る時、
至福に包まれた状態であるからして
悪意が表出しない。
よって罪を起こさせる動機が生まれない。

木村さんの言う「神の世界」とは何だろうか?
私が思うに彼女は過去世において
「神の力によって大きな過ちを犯してしまった」のではないかと推測する。
つまり「神の力を愚かなことに使ってしまった」という。

エドガー・ケイシーというアメリカの霊能者?は貧乏に苦しんだ。
なぜ苦しんだのかと自身(アカシックレコード)に聞いたところ
未来予知などの霊能力を使ってギャンブルでお金を稼ぎ、
酒で身を持ち崩したらしい。(過去世において)
よってお金に縁のない人生を生涯過ごすことになる。
(詳しくは本で読んでね)

もしこの段で行くならば、(あくまで私の妄想です)
木村さんは自分の浅知恵判断による霊能力の行使により
人を不幸にしてしまったのではないかと思う。
つまり「良かれと思ってやったのに、こんなはずではなかった…ゴメン」と。
ダイナマイトの発明者ノーベルを思えば理解しやすい。

彼女に関してここにこれ以上の妄想は止めるが、
「失敗こそが神への最短距離である」
というちょっと上から目線な私のアドバイスです。

「失敗して痛い目に合わないと反省がないから人間って。愚か者なんだ」
かく言う私も愚か者です。

※木村さん信者は絶対私に抗議メールを送らないで下さい!!

2月 222014
 

江原啓之さんはオーラや守護霊が視える。
斎藤一人さんは光の玉を視た。
美輪明宏さんは霊が視えると言っている。
木村藤子さんのことはよく知りませんが、美輪さんが本物と言っている。

私に関して言えば霊(スピリット)なるものは視えませんし、
今まで一度も視たことがありません。
股間の金の玉はたくさん見ています。(笑)

「そんな私がなぜ霊的真理の普及を願い、こうして皆様にお伝えしたいのか?」

『霊的真理の共有が世界平和の唯一の道』だからです。

霊的真理とは人生の目的です。
目的のない人生は悪の方向へと流れやすい。
現に世界では争い事が絶えません。(もちろん日本でも)
非常に悲しいことです。

この転換期の現世において
私がそれを使命とするのも偉大なるもののお導きかもしれませんね。

全国にいる「目覚めた人たち」の内の1人として
彼らと共に私も使命の中で生きていこうと思っています。