4月 162018
 

銀座のホストクラブの社長
信長(源氏名?)という方が、
斎藤一人さんと対談した内容の本です。

私は中古で買って
本の「はじめに」を読んで
アホらしくて読むのがイヤになった。
名前の漢字が間違っていたから。
斎藤の斎が「斉」になっている。
しかも一ヶ所ではなく随所に散見している。

2つとも似たような漢字だが意味は全く違う。

「なぜ信長氏はこんなミスをしたのか?」

本業が忙しくて
本の見直し(校正)をしなかったとしか
私には到底考えられない。
(編集者の西元啓子さんが原因かもしれない)

誤字や言葉のミスというのは誰でもある。
トルストイの『戦争と平和』にもある。
(8回以上書き直ししたにも関わらず)

それでもメインの人物の名前を間違えるのは
ちょっと失礼ではないか。
しかも「斉」は何度も出てくる。

私なら本を回収し処分する。
電子書籍版を500円以下にして
流通している紙の本を売らせる。
それを買い取って焼却する。

ニュースキャスターが言い間違えると
訂正のお詫びが入ることのをしばしば見かける。

話し言葉は言ったが最後だが、
書き言葉は何度も読み返せる。

物を書く人は必ず見直し・読み直しをしてほしい。
時間がないなら自分でなくてもいい。
誰かチェッカーを雇うといい。

ホストクラブは大変な仕事です。
女性客にとろめくような夢を見させて
大金を頂いているわけですから、
それはハンパではないサービス精神でないと
何年も務まらない。
(辞めていくホストも後を絶たないだとか)

はっきり言って私は
すべての飲食店、理容店や美容院は
ホストクラブやキャバクラに見習えと言いたい。
教わることがものすごくあるから。

もし可能ならば信長さんには
作家ではなく経営コンサルタントになって頂きたい。
顧客が求めているものが何なのかを
布教していってほしい。
彼らは全然それを分かっていない。
現代人は癒やされたがっていることを。

飲食業ではおいしい料理やマニュアル接客。
美容院ではカットやエクステンションなどのモテヘアー。
相変わらずそんなところにこだわって
顧客との心の交流に神経が行っていない。

みんな心の空虚感を埋めたがっているのに!!

「なぜ女性たちがホストにお金を貢ぐのか?」

寂しいから。

誰知る人もない都会と
男性優位社会の間で生きていくと、
どうしようもない孤立感と自身の存在の軽さに
いたたまれなくなって逃げ出したくなる。

「ここではないどこかへ」

流れ消え去っていくような女の切ない心情。

それでも誰かに支えてほしい。
そう、ホストだっていいの。
わたしのことを想ってくれるだけでも。

我々男性は女性を誤植してしまった。
勝負の世界に引き込んでしまった。

全世界で大幅な見直しが必要になるだろう。
愛ある者たちの手によって。

7月 272016
 

前田典子さん(50歳)です。
若々しいですね。

実は苦労している女性は老けるのが早い。
(もちろん男性も同じです)

斎藤一人さんも言っていますが、
見た目より若い女性は苦労が少ないか、していない。
ということは嫌なことを我慢してやり続ける人生は
人の見た目を老けさせるということですね。

なぜそうなるかというと
苦に対する我慢や忍耐は相当エネルギーを使うからでしょう。

ですが忍耐は最も得難い美点であるからして
誰でもそれを必ず学ばなければならない。

どうせするならば
楽しみを待つ忍耐が気持ちよくていいですけどね。

大人になると仕事ばかりの単調な日々。
夏休み、クリスマス、お正月、遠足や旅行など
何でもいいので1つくらいは楽しい予定を入れておくといいと思う。

追記:斎藤一人さんの誕生日って8月3日なのですか?
もしそうなら私と一緒です。
と言っても誕生日がいつだろうがそんなに興味ないですが。
なぜなら365日の内の1日、誰でも誕生日があることだから。

4月 242014
 

高島秀行という弁護士が下記のようなことを言っている。

http://takashimalawoffice.blog.fc2.com/(彼のブログです)

『事業を行う人がいないと』

サラリーマンの方は、これだけ働いているのに、
これだけしかもらえないと思っている方も多いことでしょう。

しかし、事業を行っている人たちは、
いくら働いても、
利益が出なければ、何ももらえません。

それどころか、人件費や家賃や仕入代など、
経費に見合う売上げがなければ持ち出しとなってしまいます。

事業を行うということは、
サラリーマンと比べると、
かなりリスクの高い行為ということになります。
そこで、多くの親御さんも学校の先生も、
若い人に対し、
将来、事業家になることは勧めたりしないでしょう。
まあ、ある意味当然です。

しかし、事業を行う人がいなければ、
給料を払う人がいなくなるということになってしまいます。

国などは、もともとお金を生み出す力はなくて、
国民から税金を取って分けているだけに過ぎません。
その税金は、サラリーマンからも取っていますが、
そのサラリーマンの給料は、
事業を行っている人から出ているわけで、
結局は、事業が税金を生み出すもとになっているのです。

事業は、行うだけでリスクが高いのに、
最近の日本では、社会が成熟して、競争が激しく、
同じ商品やサービス、ビジネスモデルが、
短期間しか、利益を生み出さなくなっており、
事業を行う人にとって、
ますますリスクの高いものになっています。

だからこそ、事業を行っている人たちは、
税金その他で、優遇されてもいいんじゃないかと思っています。

こういう話をすると、
金持ち優遇という批判がなされますが、
そういう批判をする人たちも、事業を行えば、
優遇される側に回るわけですから、
金持ち優遇ということにはならないと思います。

事業を行う人が優遇されれば、
誰もがサラリーマンでなく、
事業を起こすようになるので、
日本社会が活性化するような気がします。

今は、事業を行うリスクより、
事業を行う人の優遇度が低いことから、
事業家よりもサラリーマンを目指す人が多い
ということなのだと思います。
(以上)

私はこれを読んで2011年7月30日にこんなことを言っている。

『事業家は国にお金を貢いでくれる国宝。足をひっぱることをしてやるな!!』

このご時世に儲かる商売なんてほとんど見当たらない。
そんな時に事業を始めようとする人なんて今の日本では皆無。
それでは困る。
法人税・所得税が減るから。
事業家がいなければ誰が公務員に給与を払うのか。
彼らの給与は税金から出ているのだろう?
もしこのままの日本ならば事業をしようとする若い人は海外へ“出稼ぎ”に行くはず。

「あぁ、これから日本はどうなってしまうのだろう?」

気が重いよ。
(以上)

現在私も起業してお金儲けに励むようになった。
全然利益を出せていませんが、
絶対儲けてみせる!!という気概は保っている。
やってみると利益を出すのは何と難しいのかとしみじみ思う。

今実際に利益を出せている人はどうかというと、
ほとんど税金の支払いに悩んでいる。
それが嫌である人々は海外へ拠点を移した。
国内に留まっている人もいずれ逃亡するかもしれない。
私はそれを咎めはしません。

斎藤一人さんは脱税(の工作を)しても
税金のプロに勝てるわけがないから、
それなら税金を喜んで払おうよと言っている。
どうせなら納税日本一になろうよと言って、事実そうなった。
彼はこうも言っている。
「政治家が商人のためにイイことしたことなんてないの、
だから商売人は政治に頼ってはダメなの、
商人は自分で何とかするしかないの、
商売のプロになろうよ」と。

「ビジネスのプロはカッコいい」

そんな理想となるような経営者は少ない。
若者にはカッコいい大人になってほしい。
理想の大人であってほしい。

皆さんも起業家を目指す若者には温かい目で見守ってやって下さい。

3月 162014
 

江原氏の日本におけるスピリチュアリズムの普及を支えたのは女性です。
なぜ女性なのかというと
男性に比して女性は身体が弱いからです。
(もちろん頑強な女性もいます)
なぜ女性の身体が弱いのかというとここでは控えます。

精神内部の宇宙、物事の根源、存在の意味を追求する哲学者
デカルト、カント、ニーチェ、ハイデガー、ヤスパース
その他(知らないが)も身体が強くなかった。

江原啓之さんも斎藤一人さんも子供の時に虚弱体質だった。

生存の危機に直面し、
絶えず死の恐怖に付きまとわれる病人。

おのずと哲学・宗教・神秘思想に傾倒するのは仕方がないことだろう。

病的な印象を与えてしまうようなオカルト学は
健康な人間には理解しづらい。

健康って死ぬまでずっと続くのではないのですけどね。
だからいずれ「知りたい!!」という衝動に駆られる時が来る。

拝金主義に疲れ果てた後に待っていてくれる安らぎ。
それが『神学』なのです。

2月 222014
 

江原啓之さんはオーラや守護霊が視える。
斎藤一人さんは光の玉を視た。
美輪明宏さんは霊が視えると言っている。
木村藤子さんのことはよく知りませんが、美輪さんが本物と言っている。

私に関して言えば霊(スピリット)なるものは視えませんし、
今まで一度も視たことがありません。
股間の金の玉はたくさん見ています。(笑)

「そんな私がなぜ霊的真理の普及を願い、こうして皆様にお伝えしたいのか?」

『霊的真理の共有が世界平和の唯一の道』だからです。

霊的真理とは人生の目的です。
目的のない人生は悪の方向へと流れやすい。
現に世界では争い事が絶えません。(もちろん日本でも)
非常に悲しいことです。

この転換期の現世において
私がそれを使命とするのも偉大なるもののお導きかもしれませんね。

全国にいる「目覚めた人たち」の内の1人として
彼らと共に私も使命の中で生きていこうと思っています。

1月 062014
 

斎藤一人氏が精神論として神様的な話を織り交ぜて商売の話をしている。
(Youtube動画にアップされているので興味のある方は是非に)

私と彼との共通点があるとすれば
ビジネスの中に神様を引き合いに出しているというところです。

目に見えない力(神)を借りないと
商売で成功し続けることは不可能です。
短期的利益を得られることはあるが。

・なぜ商売のネタを思いついたのか?
・なぜそのネタをもたらす者や状況が自分の元に来たのか?
・なぜ優秀なビジネスパートナーに巡り合えたのか?
・なぜ従業員が不正をせずにいてくれるのか?
などなど。

自分以外の外部要因は自分だけの力ではない。

私は神の配慮だとしている。
自身のカルマも大きく関わっているだろう。

経済的成功はすべて神のお計らいである。
天狗になってはいけない。
神から授かったお金は神に返上する。
人間という神に。
でないとお金は無くなります。
それはそういうものなのです。

1月 012014
 

斎藤一人氏は「悟りとは、差を取ることだ」と言う。

私たちの心には真我という魂がある。
魂は神であり、神とは絶えず感動を求めている至福という存在である。
我々がこの世界を懸命に生きるのは、すべては経験を通じて感動を得るがため。
(経験がなければ感動はない)
感動の集合体こそが神の本質であると言える。

「その感動とは一体何なのか?」

感動とは、他者の経験を自己の内に見出すこと。

なぜならば自己の内に他者の苦楽を自覚できるということは、
感動(経験)の集合体である神を自覚したことになる。
(「神に近づけたよ!!」 これが感動)
その自覚を悟りと言う。

「皆さんにはこれが分かるだろうか?」

我々の魂は感動のかたまりなのだから、
他者の感動が自分の心で明瞭に理解できるということは、
神との合一に近づいたということに他ならない。

『経験―理解―感動―悟り』

この連鎖が人生の意味であり、理解ができなければ輪廻転生し続けなければならない。

【結論】

★悟りとは、他人になること・他人であること。

最終的にすべての他人になることができれば、解脱できる。

それを成就した人がいる。
イエス・キリストだ。

1月 062012
 

エドガー・ケイシーは言う。

  
この3シリーズのどれかの本だったような気がします。

生きることはつらい。
でも生きないといけない。
動物の本能だから?

『自己の魂を純化したいから』
「生きること=純化」
これが人生の目的ならば、
純化のお手伝いをすることはすべてのお客さんに喜ばれます。

目先の利益を求めるよりも、
『魂の感動=純化』を提供できる会社になってほしいですね。
それを知っていれば不況なんて全然怖くありませんよ。

斎藤一人さんも同じことを言っています。