3月 092018
 

メルカリの会長の山田進太郎さんは
アトピー持ちのようです。

以下の改善方法をお試し下さい。
(過去に言及したことがあるが)

1:シャンプーやボディソープを使わない
2:ひげ剃りクリームも使わない
3:入浴剤を入れない
4:お風呂・シャワーは1日1回のみ
(ゼロ回でもいい)
5:使用してもいいのは固形石けんのみ
(夏場の臭い対策は着替えでいい)

これを最低2ヶ月間継続して行なって下さい。
私に騙されたと思って。
それでも全く効果がなかったら
罰として中古品はメルカリで買うようにします。
効果があったならば販売手数料5%に下げて。

できればこちらも実践して頂きたい。

6:ドリンクはミネラルウォーターをメインに
7:菓子パン、即席麺、スナック菓子を食べない
8:腹8分目
9:塩分糖分脂分は控える
10:十分な睡眠で細胞の新陳代謝を

大人になってからのアトピーには
1から5だけでも効果がある。
6から10は花粉症の人にもおすすめする。

お風呂や温泉好きな日本人には
このことわざを是非とも知ってほしい。

「水清ければ魚棲めず」

不潔過ぎるのもダメだが
キレイ過ぎもダメなのです。

ホドホドがいいですね。
(これを中庸と言う)

お釈迦様が一番最初に極端はダメだよと説いた。
私ら凡夫はこの中庸の精神がなかなかできない。

過食症の人は食べ過ぎて
拒食症の人は食べなさ過ぎる。
どちらも意志が強すぎです。
何事もバランスが大事ですね。

キリスト教には神のもとで人は皆平等とある。
平等というのは格差や差別がないということ。

自分を愛する者だけを愛するのもいいが、
時には自分に合わない者、異質な者、
もしくは憎む者ですら関心を持ち
受け入れるだけの余裕を身につけたい。

「右頬を打たれたら左頬も差し出せ」

こんな難題突きつけられて
クリスチャンは本当につらいよ。
合格できずに、そりゃ堕落してしまうよね。
それでも人類のためのキリストの道を歩む。

アメリカよ、北朝鮮に制裁攻撃は止めろ。

7月 012017
 

あなたは理解できないかもしれないが、
人は誰でも皆、生まれいずる前に
「今回は○○を学ぶぞ!!」という課題を
それぞれが自身の魂に刻みつけて生まれる。
それを宿命と言う。

宿命を変えることはできない。
宿命は自身の魂の合意の上で決定されるので、
それにケチをつけても仕方がない。

背負わなければならない
向き合わなければならない
人生の課題

仏教がこの世を簡潔に説明してくれている。
『四苦八苦』だと。

(Wikiから抜粋)

四苦八苦とは、仏教における苦の分類。
苦とは、「苦しみ」のことではなく
「思うようにならない」ことを意味する。

根本的な苦を生・老・病・死の四苦とし、
根本的な四つの思うがままにならないことに加え、

・愛別離苦(あいべつりく)愛する者と別離すること
・怨憎会苦(おんぞうえく)怨み憎んでいる者に会うこと
・求不得苦(ぐふとくく)求める物が得られないこと
・五蘊盛苦(ごうんじょうく)五蘊(人間の肉体と精神)が思うがままにならないこと

の四つの苦(思うようにならないこと)を
合わせて八苦と呼ぶ。

私は思う通りにならない世界(娑婆)を
それはそれで楽しい世界だとみなしている。
なぜならすべて欲望通りになってみろ、
世界は混沌に包まれる。

あなたは秩序の中で生きたいですか?
欲望まみれの混沌に生きたいですか?

それに私はあなたに、この世界は
意志の力でどうとでも変えられることを知ってほしい。
なぜなら今あるこの世界をそうしたのは
他ならぬ我々の意志だから。

未来がどうなるか誰も正確に予測できない。
1982年に公開された『ブレードランナー』という映画は
2019年の世界を描いている。

見たら分かってもらえるが、
スマホみたいな道具が出てこない。
今日当然のように皆が所有しているのに
未来作家でもそれを予測できなかった。

確かに未来は分からない。
が、意志する力であなたのより良いとする未来、
その方向へと向かうことは今からでもできる。
時間と共に旅する冒険の始まりです。

スマホができたのだから
きっと未来は面白い。

意志ある冒険は楽しい。

5月 022015
 

Wikiです。

今日この大仏のことをスペイン人から知らされました。
それまで全く知りませんでした。
ピーアールが足りないかもしれませんね。
拡散よろしくお願いします。

それにしても驚きですよ。
茨城県牛久にあるのですが、
何とあの「自由の女神」よりも高い!!
外国人の観光名所になりそうですか?

設立主は浄土真宗東本願寺ということは
阿弥陀仏ということになりますね。

1983年から事業に着手、
1992年に完成とあるので、
あの地震でも無事だったのですね。
頼もしい。

気になるのはそのお値段ですが、
これは言いっこなしでしょう。
当時はバブル期であったとしても
相当金策に苦労したと思われます。
大仏を建造してもリターンが得られないから、
銀行は融資を渋ったはずです。

カネ・カネ・カネの世の中を憂い危惧し、
仏心を呼び覚ます手助けになれればという
教団の思いを形にしたのがこの大仏だと私は考えます。

4月 262015
 

お笑い芸人「かつみ♥さゆり」のかつみさんのこの本に
借金の威力について(123ページ)書かれている。

別にお金を貸してくれなんて言うつもりもないのに、
“タカリ”でない人までクモの子を散らすように去っていくと。

『トラブルの多くは人が運んでくるもの』

借金するとそのトラブルが少なくなる。
借金もいいところがありますね。

・働く目的ができる
・稼がなければいけないので必死に頭を使う
・節税できる
・インフレに強くなる

借金を悪者扱いしてはいけない。

逆に大金を持つと知らない人まで寄ってくる。
カネ目当てに。
それで犯罪に手を染めてしまった人もいる。(小室哲哉氏)
そそのかされると誰であっても
正常な判断ができなくなる。

「大金を手に入れたらシー(秘密)ですね」

人間の嫉妬はこの世から無くせないのですから。
賢い世渡り術を身に付けたい。

それにしてもかつみ氏はどうしてあんなに元気でいられるか?

本を読んでそれが分かった。

『吾、唯、足、知』(我、ただ足るを知る)

この仏教の教えを母親に何度も何度も教えられている。

-あれもこれもないと思えば不幸になるし、
自分にはこれがある、あれもあると思えば即幸せ-

その精神が借金があっても「何とかなるさ」と開き直れる助けとなる。

「人生には、お金よりも心のあり方(マインド)の方が重要」

これからの教育にはこのマインドを教えることが必須になるだろう。
混迷の時代を生き残るために。

(下記は参考程度に)

彼のために私からアドバイスがあるので言わせて頂く。

なぜ彼が借金を背負ってしまったのか?
または返済に立ち往生しているのか?

・相場に手を出したこと
・生ものを扱ったこと

当初は株式で資産を増やすことに成功した。
その時増えたお金の一部を不動産に回せばよかったのだが、
調子に乗って信用取引(借金取引)に手を出した。
これがダメだった。
「相場は魔物」
現在トレーダーの方はこれを頭に叩き込んでおいてほしい。

かつみさんは不動産の眼識があった。(スゴイ)
だから不動産をわずかでも保有していれば
株式の損失補てんにできたのに。
なぜなら不動産の値下がりには暴落がないから。
理由は人口の割に日本は狭いから。

商売をするなら廃棄ロスがあってはいけない。
食材などの生ものは腐る。
ペットショップの生き物も死ぬ。しかもエサ代がかかる。
だから生もの系のビジネスはしてはいけない。

かつみさんの一番的中だったのが100円ショップ。
開業は2000年頃かと思う。
今から15年も前に100均ショップに目を付けたのは先見の明があった。
今日を知れば分かるだろう。

・不景気だから安いものに目が行く
・すべて100円だから広告費がかからない
・値段の割には品質がいい
・もちろん腐らない

閉店理由はバケツの発注ミス。
2か月で止めたそうです。

なぜそこであきらめたの!?

ミスくらいする。誰でもある。
粘り強くコツコツ商売をしていたら
今頃株式上場スケールになっていたと思う。
あ~ものすごく残念。

今不動産の一部に格安物件がチラホラと出るようになった。
千葉県でたったの120万円というのもある。

「今不動産は買い!!」

リフォームしたり、建て替えして、
外国人に貸せばいい。
特に金回りの良くなったアジアで
日本に住みたい人が出てきている。
セカンドハウスを持ちたい人もいるだろう。
チャンス。

かつみさんには外国人アレルギーがない。
本を読めば分かるが。

この外国人向け不動産ビジネスはどうでしょうか?
打ってつけだと思う。

追記:ラーメン屋さんを開業した時、
「ラーメン10キロを1時間に完食したら3万円プレゼント」
そんな企画をしたそうですが、
食べ切る人が数人いた。
なぜ完食できたのか聞いたら、
あっさり味で食べやすかったと言う。

あっさり系ラーメン屋さんは替え玉で稼げ!!

以上です。

3月 202015
 

どうもこれを分かっていない人が多いですね。

他力とは他力本願の略で
宗教的な言葉です。

・自力本願…自分の力で輪廻からの解脱を果たすこと。
・他力本願…神様のお力によって自身を救いあげて頂くこと。

本願とは、生きとし生きる者すべて取りこぼし無きよう
救いからめ上げるという神(阿弥陀)の大いなる願い。

他力を他人(人間)の力と勘違いしている人がいます。
無宗教と化した日本人なら無理もないことですが。

私は両方とも正しいと考えている。
なぜなら自身の内なるところに魂が確固として存在し、
その魂は神であり、不滅であり、広大無辺の永遠である。
それを愛と呼んでも間違いではない。
(愛=SEXと勘違いしている輩も多い。嘆かわしいことだ)

我らは自身の内に宿る神をただただ信じ、
弛まぬ神への想いに身も心を委ね、
絶えず発せられる愛のメッセージを知恵として頂戴し、
神という愛をこの人生において実践し続け、
果ては生きる意味である解脱を成し遂げる。

神に自力も他力もないのである。
あるのは神からはがれ堕ちてしまった人間の嘆きだけである。

6月 072014
 

医学博士の田中佳(よしみ)さんのアメブロです。

http://ameblo.jp/emkanayoshi/entry-11857519128.html

医者でない僕が言っているのではなく
医学博士がこんなことを言ってくれています。
感謝です。

◎下記は記事の全掲載(斜字は私山田の意見。僭越ですが)

赤ちゃんが生後すぐにアトピー性皮膚炎になって悩むお母さんが少なくありません。
そんな方の悩みを解消できるか分かりませんが、
こう、考えることはできないでしょうか。
注)何らかの理由で嫌な思いをしたらごめんなさい。

それは、池川明先生の「かみさまとのやくそく」の内容と私の妄想のお話ですけど。

赤ちゃんはお母さんを選んで生まれます。
(その通りです)
世の中の役に立つ為に生まれてきます。
(すべての人間がそうです)
先ずは、お母さんを幸せにするために来ます。
自分が生まれて愛情が芽生える幸せを届けるために。
赤ちゃんがいる幸せを届けるために。

また、お産は最大のデトックスと言われています。
そうなると、赤ちゃんはどうするかな。
添加物食品やら、経皮毒やら、いろいろ毒を溜め込んでいて可哀想だ。
だから、お母さんの身体にある毒素を全部持っていってあげよう。
だって、幸せにしたいから。
「おかあさん、全部持って行くよ!」

そんな赤ちゃんが全身アトピー かも。
赤ちゃんは想う。
「おかあさん、どう? 身体は楽になった?」
「もう、身体に毒はない?」
「役に立てたかな?」
(赤ちゃんは小さなイエス・キリストですね)

今度はお母さんの番です。
赤ちゃんから毒を抜きましょう。
食生活の改善や、心の安定化により治る方向に進むことは経験的に分かっています。
何らかの+αがあればもっと早い。

自分の食べた物がそのままおっぱいになって飲ませているのは知っていますよね。
おっぱいあげている間は薬飲まないでしょ?
自分が何を食べているかを考えていきましょうね。

食品添加物はいいの?
そのまま添加物を飲ませているかも。
可能な限り、避けてますでしょうか?

ファストフードはいいの?
安かろう、品質悪かろうってことはないでしょか?
食べた物で身体ができるし。
おっぱいもそれで作るし。
子供が食べてもそうだよね。
(お菓子を絶対食べるなとは言いませんが…)

トランス脂肪酸はどう?
マーガリンとかショートニングとかが入っている菓子パンとか食べてないかな?
子供にも平気で食べさせてないかな?
アレルギーやアトピーの原因物質とアメリカでは断定されているけど。。。
日本でだけ「安全」って消費者庁が宣言しているだけなんだけど。。。
知ってる?
(菓子パンも絶対食べるなとは言いません)

お野菜さんもどうせなら農薬が少ない方がいいよね?
選んでます?
サプリメントにお金かけたりしてない?
その分を無農薬野菜にかけない?
(医食同源です)

どんな育ち方をした牛乳を選んでます?
日本の家畜の抗生剤使用量は凄いですけど。
その乳を出した牛さん、飲まされてないかな?
幸せに子どもを産んだ母牛の乳なのかな?
あと、
お子さんに離乳食を食べさせながら乳を飲ますのはどうかな?
牛乳からカルシウムは殆ど取れないことはもう知ってますよね?
(すいません、知りませんでした)
まあ、無くてもいいよね。
なんで給食で強制摂取みたいになっているんだろ。
利権かな?
厚労省の思い込みかな?

どこの何だか分からないものでできた粉ミルクをあげたい?
**配合って、本当に安心?
母乳が出なければ仕方がないけれど、、、
もらい乳ができたらその方がいいかも。

経皮毒って知ってる?
化粧品って 染み込む 染み込む って 染み込ませてるよね。
化学合成の界面活性剤が顔や頭皮からジワジワ入るみたい。
(化粧品は間違いなく薬でなく薬品です)
化学合成だと人体が分解できなかったりするの。
せめて天然の界面活性剤にしない?
廃油石鹸とか、天然素材を選ばない?
企業の製品は天然成分がちょっとでも入っていたら「天然」て書くよ。
あと、
ケミカルナプキンとか紙おむつに頼ってない?
経血やオシッコが染み込んで化学物質が揮発しないかな?
腕の皮膚の約50倍の経皮吸収率を誇る陰部。
大丈夫かな?
布ナプキンにしただけで経血が減ったり、
生理痛が軽くなったっていうお話しは
たーーーーくさん聞いているけど、どうかな?
赤ちゃんの紙おむつを布にするのは大変だけど、
家に居るときは布にするとかはどうかな。
(昔は生理帯という布を使っていたそうです)

重金属の入っているワクチンを平気で接種してない?
皆が接種しているからって、本当にいいのかな?
障害が起こっても救済制度があるから平気って医者は言うけど本当かな?
ご自身で因果関係ありを証明することはできますか?
医者はそう簡単に「因果関係あり」なんて認めないよ。
自分が接種させたワクチンで障害がでて、それを認める医者がいるのかな。
自分なら因果関係は証明出来ないって正直にいうけどね。
政府は「それは仕方がない」って言ってるよ。
製薬会社は「お悔やみ申し上げます」って言ってるよ。
全てを同意してサイン(署名)してるよね?
(医者と製薬会社はグルだから)

発熱したからと安易に病院へ行って薬もらおうとしてない?
薬って、本当に病気を治すのかな?
見た目の症状を見えなくしているだけではないのかな?
臭い物に蓋をしたら安心?
本当に必要な薬ってどれだけあるかな。
必要って「必ず」「要る」でしょ?
その薬が無いと「危険」な時だけじゃない?
医者はそんなこと考えないからね。
医者に怒られても気にしない。
だって、赤ちゃんや、家族や、自分の人生が優先だからね。
主治医は「患者さんの人生」をちゃんと考えた上での判断なのかな?
(悲しいかな、金儲け主義になった現代の日本医療です)

間違えて身体を洗いすぎてない?
(お湯・シャワーだけで十分きれいになります)
間違えて消毒したりしてない?
アトピーの皮膚は、皮膚常在菌が住めない砂漠。
皮脂という餌が乏しい砂漠。
バリヤーが少ない弱った皮膚をこすっては駄目よ。
界面活性剤で餌の皮脂を取っては駄目よ。
常在菌をわざわざ殺す消毒は駄目よ。
お湯で撫でるだけで充分。
タモリさんはそうでしょ?
(私は頭髪に固形石けんを少し使っています)
餌の皮脂は両親の素肌についてるから全裸で抱き合おう。
パパの顔の油も付けちゃおう。
あとは保護の保湿剤も考えよう。
天然物でね。

自殺まで考えるほど
全身ボロボロ醜悪外観のアトピー性皮膚炎の成人女性と以前かかわって、
生活の改善+αで2年かかりましたがほぼ完治。
当初は生活改善ができず、一進一退でした。
実家へ帰り、母の愛情と心の安定により改善変化は加速。
ステロイドの離脱時が大変でしたが、治った時に挨拶されて誰だか分からなかったくらいの変貌ぶり。
その時に実感。
ああ、アトピー性皮膚炎も、やっぱり治るんだなあ。
そんな人ともいろいろと出会います。
益々、治るんだなあと感じる。
若ければ若いだけ治りも早い。
(食事と運動、メンタルの改善が基本なんですね)

治るよ!!
治らないときは治らない原因が残っているよ!
(私も自分のアレルギー治癒をがんばって取り組みたい)

あ~、なんだか、長くなっちゃいましたね。
最後までお読み頂きありがとうございますドキドキ
(以上)

ある時私が中国産の鶏肉という話題に触れた時、
私の母が「そんなこと言ったら食べるもんあらへん」
と投げやりな言葉を発した。

生きることは食べることではない。
学ぶことです。

食べることは命そのもの頂くことです。
その命の重みを真摯に受け止めないといけない。
生産者も消費者も
生活エネルギーと健康を頂ける生命の布施を
毎日感謝しながら丁重に扱うべきです。

『布施』という仏教用語を
この機会に考えていってもらえればありがたいですね。

2月 122014
 

ミラーニューロンというのは、モノマネ細胞・共感細胞と言われているもので、
簡単に言うと「人間は他人の影響を受けてしまう生物だ」ということです。

http://mote7.com/mirror-neuron.html

仏教のシンボルは『蓮の花』ですが、
それは泥の池の上で咲いていますよね。
水中ではなく。

この現世は、欲望に蠢く人間のグツグツ煮立っている鍋釜のようです。
そこで生きていくのは本当につらく厳しく悲しい。
そこから逃避するために、多くの人間は悪に手を染めて光を見失う。
なぜなら現世とは「思い通りにならない世界(娑婆)」であるから。

もしあなたがこの世界において迷える者たちのために
教え導き、救い上げ、神性を取り戻すのを己の使命とするならば、
強くあれ!!
この悪臭まみれの世界から一段上から輝け!!
神々しい光になれ!!

貫きたい信念はありますか?
ミラーニューロンなど屁とも感じない強靭な意志力を持っていますか?

変えられてしまう人間ならばリーダーは務まらない。

変えろ、変えてしまえ、この時代の人間を。
時代そのものを。

そんな凄味のある人間を時代は待望している。

2月 102014
 

私はくどいようだが言っている。
「すべての人は『魂』という存在であり、それはすべて1つである」と。

魂が1つならば、健康な人の魂と、病気の人の魂は同じものだと言える。

であるということを自覚できるのならば

「私=あなた=彼・彼女=人類誰でも」

ということが理解できるはずだ。

それならば
病気で困っている人を治すことができれば
自分の病気を治したのと同じなのである。
たとえその時点であなたが病気でなくても、
病気にかかりにくい・病気になってもすぐ治るという善因ができる。
『因果の法則』ですね。

これが分かるだろうか?

医者は病気を治療する。
だが有料にするがゆえに
自分の病気は自分で管理しなければならない。
ギブアンドテイクをしたのだから。

もし無料で行なえば?(奉仕)
陰徳は天の世界において積み重なっていく。
いつか分からないが善因善果を授かる。

神は絶対の法則である『因果応報』を制定した。

もしそれをあなたが信じるならば
医者でなくても人が抱える病気を治せる。

お金に困っている病
失恋した病
仕事でしくじった病
リストラされた病
子供がグレた病
親の介護で疲れた病
自分に自信が持てない病
死にたくなる病
ひどいこと言ってしまう病

などなど。

どんな病いでもいい。
無料で治せる人になってみましょうよ。
神は必ずあなたが困った時に援護射撃をして応援してくれるだろうから。

1月 252014
 

長野広稔(ヒロト)さんのメルマガから発信される内容は、
「固定するな。依存するな。すべては自己責任だ」
ということに尽きる。
(その他の情報も時々)

「なぜ固定(依存)するとダメなのか?」

固定すると幸福になれないから。

例えば誰かが「俺は月収500万円稼いでいる」とする。
もしそれを固定したり、それに依存してしまうと
400万円に落ちた時に慌てる。
250万円の半分になった時にはピンチになり、
100万円なら「俺、終わったかも」と嘆き、
30万円になれば「サラリーマンに戻ったのかよ」と
自分のビジネスそのものを恨むようになる。
どんどん幸福度が落ちていく。
逆に600万円と上がれば幸せか?
一時的に喜びが湧いてくるだけ。
次は700万円だ、いや1000万円の大台だ、よし3000万円なら皆が驚くぞ。
キリがない。
(皆の羨望に依存するのも危険。嫉妬が待っているというのだから)

例えば誰かを好きになるという固定を続けるとしたら。
その誰かは人間なのだから変わってしまうこともあるだろう。
嫌なことを言う、お金をせびってくる、脅してくるとなったら嫌いになってしまう。
「せっかく好きでいたのにどうして。ガッカリよ」
好きと思っていた自分の過去までも嫌なものになる。
その過去は幸福ではなかったということになるからだ。
では、初めから好きでも嫌いでもあるとしたらどうなのか?
(つまり好きという自分を固定しない。相手に依存しない)
相手がどう変貌しようが自分の幸福度は左右されない。
過去を恨むこともない。

「変化が当然のように起こる世界で固定化は無駄なあがき」
「自分以外のものに依存しない。すべて自己責任=幸福の尺度は自分が基準」

これを理解していない人が多いので、
彼を誤解して去っていく者がいる。
それも仕方ないと思って引き留めてはいないが。

実はこれは仏教の世界でも言われていることなのです。

「執着から解放させよ」=「固定するな」
「この世は諸行無常だ」=「自分以外に依存するな」
「自己の内に仏心(神我)を見出せ」=「すべて自己責任」

今やヒロト氏はビジネスも教えている宣教師なのだ。
法を説く者(ホトケ)なのだ。

9月 162012
 

あなたは自身、幸せでありたいと思う。
だが私は「すべての人間の魂は一つだ」と力説している。
とすると
この苦しみにまみれ、
うごめく人間たちの世界で共に生きるということは、
本当に苦しいことなのだ。
魂が一つであるがゆえに(同苦心を抱く)それは正常なことなのです。
苦しみを異常だと思ってはいけない。
あなたの考える異常は、実は正常・普通なのだ。

ある者は病いに苦痛し、
またある者は失恋に心痛める、
望まれぬ孤児として生まれる者、
過大な期待に添えぬと悩む者、
今日のメシにも事欠く者、
朽ちていく身体にあって若さの記憶に回顧する者、
カネ勘定にひたすら追われる者、

-苦しい
-悲しい
-みじめ
-痛い
-恐い
-寂しい
-つらい
-切ない
(嫌だ嫌だ、やめてくれ!!)

それがこの世の普通ならば、あなたの苦しみは正常の枠内なのだ。
たとえあなたが今幸福の真っ最中にいるのだとしても、 それは逆に異常。
気をつけた方がいい。

「幸福=異常」
「苦痛=正常」

日々をおびえるな。
失うことを恐れるな。

「初めから幸せなど無いと思いなさい」
(偽りの幸福に酔いしれるな)

『苦しみの中を泳ぐこと』
(仏教では遊ぶと言う)

この世界、できれば優雅に泳いでみたいですよね。