3月 252018
 

「漫画村」という
無料マンガ読み放題サイトがある。

海外のサーバーを使っているので
違法だとして潰そうにも時間がかかる。
仮にそこを潰せたとしても
広告収入がオイシイので、
次から次へと似たようなサイトが現れる。

有効な対策は1つしかない。

出版社はマンガを無料にしてしまうこと。
(もしくは超低価格にする)
もちろんリリース後すぐにではなく
ある程度の時間を経過してからです。
(旧作は無料にした方がよい)

マンガの出版社自身が無料にしてしまえば
読者は本サイトにてマンガを読む。
海賊版運営は儲からなくなるので
誰もやろうとせずにやがて消えていく。

出版社やマンガ家はどこで収入を得るのか?

サイン会、グッズ販売、各種イベントなど。

それとYouTubeの「Super Chat」をご存じだろうか?
これは視聴者ファンディング「投げ銭」のことで、
ユーチューバーの動画が気に入ったら
お金を送れるというもの。

マンガ家がマンガを描いている様子や
コメントなどを放映すれば、
ファンが応援として投げ銭をしてくれる。
もちろんお金に余裕のある人からだけだが。
それでもバカにできない。

例えばAKB48という若い女の子のアイドルグループ。
お気に入りの女の子を
ランキング投票で上位に持っていきたいとして
音楽CDに内封してある投票権を
買いあさるファンがいるように。

マンガ家のみならず
アーティストは自らをプロデュースする力が必要です。

ただ良い作品を創作していけばいい、ではなく
ビジネス思考を身につけなければ
飯も食えなくなる事態に陥る。

現状のままだと違法コピーは絶対に無くならない。
それに文句を投げつけても無駄なものは無駄。

リオ五輪の閉会式で
安倍総理がマリオに扮して登場したが、
日本はアニメやマンガといったソフトの分野で
まだまだ世界に通用している。

私としては国家の威信にかけても
ジャパンカルチャーを擁護してもらいたいが、
アーティスト自身も怠けてはいけない。

せっかくインターネットというスゴい道具があるのだから
有効に活用すべきです。

ビジネスもアートだと気づけますよ。

2月 112018
 

『AdBlock』というweb広告を表示させない機能がある。

日本での利用者はオンライン全体の3~10%らしい。
(モバイル端末利用者も含む)
欧米では20%以上で、年々増加しています。
(女性より男性の利用者が多い)
この流れはもっと加速します。

上の動画見ると
広告がいかにも悪者扱いですね。

「お金を使わせようとする者=悪」

広告は読者からそう見なされているのでしょう。

そんな中で広告会社や広告したい人・企業は
どうやって広告したらいいのか?

多くの読者やフォロワーを持つ人に紹介してもらうこと。
影響力の大きい人に頼んで宣伝してもらうこと。

マツコデラックスさんがテレビで宣伝したものは
アマゾンで即完売してしまう。
テレビの力よりも彼の影響力の方に視聴者は動かされる。
web広告も同じ広告なのに、何という違いだろう。
片方は歓迎され、もう一方は嫌われる。

自身のサイトにアクセスを集めて
グーグルアドセンスなどのweb広告から
報酬をもらっている人は、
(ブログ・サイトアフィリエイトしている人など)
アドブロックに対してどう対処すればいいのか?

1、ブロック解除しないとサイト表示できないようにする
2、広告を見終えた後ならサイト表示できるようにする
3、続きを読みたいならお金を払わせる(課金制導入)

私の体験ですが3が多くなってきていると感じる。
日経オンラインなどの経済系サイトが特にです。

情報業界では有料メルマガ発行仲介サイトの
『まぐまぐ!』が2000年頃からあるが、
今も現役で運営されているということは
課金制であっても情報提供サイトにニーズがあるからでしょう。

紙媒体からオンラインにシフトする時代にあって
さまざまなメディアも課金モデルを採用していく。

フリーミアム(無料化)の波が押し寄せても、
苦心して手に入れた情報をタダであげるなんてのは
そんなのやってられるか・経営できないよ
と批判の叫びが聞こえてきそうです。

「情報は無料がいいのか有料がいいのか」
それはあなたが決めればいい。

1つ言えるのは有料にすると読者は減る。
が、優良顧客は残りやすい。
タダに惹かれる客の人間性レベルは低い傾向にあるので
(無料のものに感謝しない人)
私はできるなら有料に切り替えるべきだと思う。

何にも増して重要なのは
「読みたいと思わせる筆者なのか・記事なのか」
それは言うまでもないだろう。

さて広告の未来がどうなるのかは置くとして
宣伝広告の効果について考えてみる。

検索によるPPC広告は上位表示(SEO)ですべて決まる。
上の方から選ばれるという。
私は今後それは通用しなくなると思う。
なぜなら似たような商品やサービスを
どうせ買うのなら自分が知っている人から買いたい。
もしくは信頼できる人が紹介しているものを買う。

藤村正宏さんの本に書いてあるが、
「新規客」は無くなるだろうと。
見ず知らずの人がいきなり自分の商品を買わない。
SNSで自分のことを知ってから買う決断をする。
こちらはその人のことをよく知らないのに
その人は自分のことを知ってくれている。
これは新規客の概念から外れる。

つまり広告効果で一番気にすべきところは
上位表示でも人気ランキングでもない。

個性ある発信情報とその醸し出す世界観です。

広告費をかける前に
日々の情報発信により独自の世界観を作り上げ、
それを共有したいと思う仲間を引き寄せること。

今日の一位は明日のビリ。
一番争いはしんどいし、
順位だけの魅力では固定客を作りにくい。
(一番だってすごいことだが)

3つのFには広告は不要だ。

12月 252016
 

以前記事で紹介したことがありますが
amatenというギフト券を
ネット仲介売買している会社がある。

手数料を上げたようだ。
(欲出しやがったな)

売買成立手数料:0.99%
振り込み手数料:499円

「ギフト券仲介業にチャンス!!」

私ならすべての手数料を無料にする。
それにより膨大な集客を見込める。
集客ができたら広告主が後を絶たないので
広告費で荒稼ぎできる。

このSNS時代でも
「私の新商品を宣伝したいのですが…」
という企業は多い。

【ギフト券を買う=購入意欲が高い】

私もアマゾンギフト券を買っています。
なぜならアマゾンでの買い物が多いから。

PPC広告よりも費用対効果が良さそうです。

しかも手数料無料になったら
売り手に困らなくなる。
現在Amazon以外の楽天ポイントやDMMは
まだ売り手が少なくて
DMMを買おうと思っている私としては寂しい。

今後ギフト券が無くなることは考えづらい。
むしろ拡大する。
(ビットコインよりも有望だと思う)
なぜなら企業にとって前払いというのはとても助かるから。

もう一度言う。

「ギフト券仲介業にチャンスあり!!」

ところでフリマ業界の王子メルカリが上場するようだ。
ここは個人対個人のCtoCビジネスで、
日本だけに留まったら売上げ規模の拡大は期待できない。
だからアメリカ市場に挑戦している。

手数料が10%でもよく売れていて、
業界2番以下はその差をなかなか縮められずにいる。

以前メルカリに勝つ方法で
フリマアプリのFacebook化を提唱したことがある。
売買相手同士の顔が見えると言うのも
少し抵抗があってまだ時期尚早かもしれない。

そこで考え直してみた。

「ラクマは楽天ポイントを安く売れ」

ラクマでは楽天ポイントが使える。
私も利用した。
そうすることで楽天市場で買い物をする人を
ラクマに引き寄せる効果が出てくる。
これはバカにできない。

メルカリでもポイント制があるが、
安く売ることはしないだろう。
なぜなら手数料10%との相殺があるから。

それに対抗策しての手数料無料戦略ほど
王者メルカリに脅威を与えるものはない。

手数料無料ではやっていけないから
「広告費を払えば上位表示されるサービスはどうだろうか?」

ヤフオクではすでに行われていることですが、
これは大いに収益に期待が持てる。

自分の商品を上位に持っていきたい人は
実に多いだろうから、
広告収入は手数料無料をカバーできるでしょう。

念のために言うが私はラクマの回し者ではない。
メルカリにもがんばってもらいたい。
なぜなら山田一族だから(笑)

「アメリカに進出するメルカリはどうなるのだろう?」

アメリカのCtoC事情は知らないので
あまり偉そうには言えないが、
「アメリカ人はそんなバカじゃねぇぞ」
ですね。

悔しいけどネットサービスのほとんどはアメリカ発祥。

eBay、Google、Yahoo、Facebook、YouTube、Twitter、Airbnb、UBER、その他

勝算はあるのかな?

勝つためにはアメリカ法人を任せられる人物が必須。
いるのかな?

私ならお隣さんの韓国に進出したい。
反日感情を持つ韓国人が多いのも知っているが、
日本が好きな若い人も多い。
物流網は整っているし、決済サービスも安心だし。
人口は5000万人で申し分ない。

今韓国の女性大統領の不祥事で国内が混乱している。
(叩けばホコリの1つや2つ誰でも出てくるものさ)
何とか経済面で応援できたらとも思う。

話をまとめると
紙媒体・テレビ媒体の広告費が
ネット広告へと流れ込んできている。
それをつかみに行けってことでした。
終わります。

11月 192016
 

2016年10月の各4回の金曜日に
吉野家の牛丼1杯がタダになるという
メール通知が来て、
試しに行ったら本当だった。

吉野家牛丼タダ

レジ会計の直前に画面に数字を打ち込むと
クーポンが発行されて(5分間有効)
タダにしてもらえる。

これはうまいなと思った。
2点ある。

1、ソフトバンクiPhoneを持つと
「お得なことがあるんだ、今後も継続利用しよう」
という顧客維持の効果

2、数字を打たせることによって
「私はソフトバンクを使っているんだ」という再認識
(これが他社への乗り換えのマインド阻止なる)

吉野屋にとってもメリットがある。
「ついで注文買い」を誘発させる。
私もトン汁を頼んでしまった。

私は無料にすれば何でもOKとは言わない。
なぜならありがたみが薄れるから。

だが今回のソフトバンク無料戦略は
通信料や端末代でお金を払ってくれている顧客への
日頃の感謝の意味が込められている。

「感謝のないところにお金は寄ってこない」

私からソフトバンクへのアドバイスです。

メール広告はとても有効です。
企業に広告募集はどうでしょうか?
ただし広告を打ち過ぎると嫌われますが。

それと料金体系をシンプルにする。
現状のプランがややこしくなっていて
説明されても理解が難しい。
特に年配者に「分からんからもういいや」と逃げられてしまう。
私なら通信料や端末代で儲けません。
(すでに値下げ合戦が始まっている)
広告で儲けます。

ビジネスをしている人すべてにアドバイス

「スマホを利用したらもっと稼げるぞ!!」

なぜなら皆持っているから。
使わない手はないでしょ。

アイスタダ
11月は31のアイスクリームが1つ無料。
混雑してました。
ドーナツタダ
12月はミスド250円分が無料。
ドーナツ不足必至。
1時間は待たされるでしょうね。

6月 132016
 

メルカリの新サービス「アッテ」を知った。

https://www.mercariatte.com/jp/

このスマホアプリでは
自分の住んでいる近くの人と
いろんなやり取りができるというサービスです。

※なんと手数料が無料です!!

カテゴリーを列記すると

・あげます、売ります
・ください、買います
・貸して、教えて、助けて
・貸します、教えます、助けます
・仲間募集、イベント
・求人
・賃貸、ルームシェア

※出会い系だと批判はあるのですが、
怖がってばかりでは前へ進めません。

私が注目してほしいのは
「求人」です。
現在求人広告を出すとなると
1万円は必要です。
(詳細は知りません)

ですがこの「アッテ」はタダで広告ができる。
お金を出せる会社ならまだいいのですが、
零細企業は節約しなければいけません。

フリマのメルカリはすでに利用者がとてつもなく多いので
このアッテも今後急速に増えていくでしょう。

「試しに求人を出してみたらどうでしょうか?」

タダだから失敗しようがないですよ。
やらない手はない。

それにしてもフリーミアム(無料化)はすさまじいですね。
オールド企業は大変な時代です。

3月 222015
 

Facebookにてある青年が自ら発信した投稿に
何の返答も「いいね」もないので、
情報のもらい逃げは情報泥棒だと言ったが、
それは仕方がない。どうしようもない。
ネット上において著作権はあってないようなものだから。

私のこのブログの読者がどれくらいいるのか分かりませんが、
何の反応もない。
メルマガを発行している人の中にでも
質問や疑問などを送ってきてくれる人が無くて
本当に読んでくれているのか寂しいと言った人もいる。

読者(お客)というのはそういうものなんだと考える。

そして情報コンテンツは無料化の方向へどんどん流れている。
それも止められない。
よって自分の発した情報は最初からタダだと思った方がいい。
でなければ会員向けだけとか、メルマガ読者だけにするとか。

情報と言っても
自分の体験したことは口で言っても文字にしても、
相手が同じ体験をしていなければ理解されない。

ここに無料化とは逆行する解答がある。

つまり経験こそが情報の差別化を生み出すのだと。
生きることそのものが有益であると。

3月 152015
 

無料でセミナーを開くと
どうしても真剣さの足りない客が来る。
申し込んでおいてドタキャンする人も多い。
中には冷やかし半分で
「ほんとに聞きに来ているの?」
という態度のなっていない人が来るとも聞いている。

会場を用意するのもお金がかかる。
資料整理にも準備がいる。
そのための貴重な時間も使っている。
オプトインなどの広告費もバカにならない。

そんなにまでして何で変な客を相手にしなきゃいけないの?

もちろん真剣な人もいる。
だったら1000円くらい払えるはずだ。

無料にするな。
1000円でもお金を取れ。

今後はリアルに会うということが重要視されてくる。
ネットだけで完結させるのは難しくなっている。
だからその時は500円でもお金を払わせる。
払ってくれた参加者にはドリンクでも与えればいい。

とにかく無料によるセミナー集客はやってはいけない。
そこまでしてセミナーを開く必要はない。

3月 122015
 

株の世界では
これから成長していく分野にある会社の株を買うことを
『成長株買い』と言う。
(グロース投資とも言う)

これは現時点での株式の世界でも有効ですし、
ビジネスの世界でも十分通用します。

誰の記事だったか忘れましたが、
独立して間もない時に
税理士に払うようなお金を稼いでいなくて、
知り合いから紹介された税理士が
(交友関係は全くない人)
何とすべて無料で会計などをしてくれたと言う。

無料でしてくれる税理士さんなんて
世界のどこへ行ってもおらへんよ。日本人くらいかな。

なぜって無料はボランティアのことであって、
ビジネスならば金銭的対価を要求するのが当然であるから。
税理士だって生活があるわけですし。

ですがね、実はね、
これって最高のビジネスなんですよ。

なぜなら税理士(ライバル)なんて全国にウヨウヨいるし、
自分の事務所を広告するのもお金がかかるし、
だったら今は小さいが将来デカくなるであろう
個人経営の会計や税務の仕事を無料でやってあげれば、
その会社が存続する限り、独占契約できる。
(存続している=利益は出ている)
そのうちの10社に1社でも大企業に発展すれば
無料でした分くらいは簡単にペイできる。
(この税理士さんは頭がいいね)

目の前のお金でしか動けない人間は
将来の巨万をつかむことは到底不可能だな。

確かに恩を仇で返す輩は多い。
無料なのをいいことに罵詈雑言や悪態をつく。
いつかバチが当たるわ。
なぜなら神の恩恵も無料であるから。

「感謝なき者は大きな落とし穴が待っている」

まあタイトルに戻るとすると、
どんな大企業と言えども
個人経営・零細企業だった頃がある。

これから就活に励む学生さんは
賃金の多寡で選ぶなんてせずに、
その企業が成長するのか否かを思案して選ばれるといいと思う。
私なら独立路線で考えますが。

12月 272014
 

物販で稼いでいる川下竜彦という青年がいいこと書いてます。
(メインは輸入だと思います)

http://ameblo.jp/negi77/

彼のセミナー動画を見たことがあります。
年齢は1988年だから26歳でしょうか。
体格がデカくて風貌がかなりオヤジ級でした。

それはさておき以下のメルマガ記事を紹介させて頂きました。

『実践を伴えば勉強の質は上がる』

こんにちは
川下竜彦です。

初心者から
月収100万円以上を稼ぐ人も
皆よくお金を使って
勉強しているなと思います。

「〇〇セミナー参加しました」
「〇〇塾と〇〇塾に入っています」
このようなことをよく聞きます。

月収100万円を超える方も

「今月は3回東京にセミナー受けに行きました。
なんだかんだ50万円位掛かりました」

実は、このような会話は結構あります。

もちろん、お金を払って
勉強することは良い事ですね。

僕も勉強代はバラバラですが
多い時はトータルで50万円位
掛かっていることもザラにあります。

知識への投資は素晴らしいのですが
実践=勉強と考えている人が
多いなと感じます。

これは全然間違っていて
実践 8 : 2 勉強
これくらいの割合が理想だと思います。

僕は最近でこそ8:2になりましたが
以前までは9.5 : 0.5
これくらいの比重でした。

ここからは僕の意見として
聞いて貰いたいのですが

すぐに必要なこと、
過去に経験したこと
自分がとても興味があること

この3つの内のどれかに
当てはまらないと
勉強の質はとても悪くなると思っています。

例えば、

すぐに必要なこと
・初心者が節税や経営の勉強
・100万円プレイヤーが節税や経営の勉強

過去に経験したこと
・初心者が上級者に商品リサーチを教えてもらう
・中級者が上級者に商品リサーチを教えてもらう

自分がとても興味があること
・輸入ビジネス者が飲食経営の勉強
・飲食店店長が飲食経営の勉強

この3つ全て前者よりも
後者の方が質の高い勉強になるでしょう。

つまり何が言いたいのかというと
自分が興味があることを除いて
実践という下地が有る方が
勉強の質は上がるということです。

なのですぐに必要なことや
過去に経験したことで勉強したいことが
無いのであれば

無闇に新たな可能性を探すよりも
実践をした方が効率的なのです。

特にプレイヤー件マネージャーを
兼任している間は
とにかく他人の2倍以上のスピードで
実践することが大切です。

(以上)

実践に勝る勉強はない。
いくら頭で考えても実感が湧きません。
無料の記事を読んでもピンと来ないから、
私もお金を払って教材を買ったり、
それを実践しています。
実践すると無料の記事でも
関連したものなら目を皿にして読むんですよね。

「痛みを伴わないとしょせん他人事」

無料で出回るノウハウで結果が出せる人もいますが、
おそらく過去に痛い目を見たのでしょう。

つまり金持ちになりたければ
痛い思いをたくさんしなくてはダメだということ。
トントン拍子で成功した奴は
転落する時の落差がえげつない。

コツコツ損して
コツコツ経験値を積む。

今の私はそんな最中です。

川下さんのメルマガフォームはここから。
http://www.ktatsu0507.com/fr/1234/7195q2

8月 172014
 

情報商材販売のインフォトップでの
クレジット支払いは、分割に対応しています。
最大10回まで。

http://faq.infotop.jp/customer/1435?css=style

インフォカートでは24回まで可能。

https://esupport.infocart.jp/index.php?_m=knowledgebase&_a=viewarticle&kbarticleid=419

分割手数料は詳しくは分かりませんが、
1回にかかる手数料は「最低6%程から」のようです。
(回数によって異なる)

三菱UFJのこちらで参考にできます。
https://www2.mufgcard.com/inet/dy/simrevodiv/divide/reinputdivide.html

——-

「なぜインフォトップは10回までなのか?」

情報業界最大手のインフォトップでも
クレジット会社にはまだまだ信用されていないからだと思う。
インフォカートはアメリカの会社だから
実績を提示して信用を得たのでしょう。
(※これは僕の憶測です)

今現在世間では
情報業界を怪しいところだと思っている。

「嘘くさい、詐欺、弱者をだます、カネの亡者ども…」

よく考えれば
医者だって弁護士だって教師だって皆
情報(知識)を売って生計を立てている。

「なぜ情報商材系ビジネスはそんなダークになってしまったのか?」

最初に始めた奴が悪すぎたから。
それを今更どうこう言っても仕方ないが、
これからはこの業界を
クリーンなイメージに変えなければならない。

その方法は『フリー戦略』しかないと思う。
クレームが起こらないから。

後記:インフォトップでも24回分割払いができます。
私の勘違いでした。すいませんでした。
(ですがクレジット会社での使用規制があるみたいです)