7月 162016
 

K.RTR(クルテル)の社長、小西さんのネット塾です。

『KBA OREJUKU2.0』

このセールスレターを読んでほしい。

一番初めに見る文章(タイトルなど)
をヘッドコピー(ヘッドライン)と言いますが、
小西さんのものを書いてみる。

日本全国のビジネススクール史上
最高にイカれた内容をお約束します

サブヘッドは

仮に、日本にこれ以上内容のいい塾やスクールがあるなら教えてください。
その場でこちらをそれ以上の内容にブラッシュアップしますから。

これを読んだだけでは
何を提供したいのか分かりにくい。

「購入者のメリット(ベネフィット)は何か?」

セールスレターについては
この教材で詳しく教えてくれているので買ってほしい。

『ネットビジネス大百科』

そこに“QUESTフォーミュラ”というテンプレートを紹介している。
この公式に則ってレターを書けば
そんなに外すことはない。
詳しく知りたい人はネットで調べてみたらある。
でも買った方が早い。

余計なお世話かもしれないが私が小西さんなら
こんなヘッド・サブヘッドラインにする。

「アートで生きていきたいなら俺の塾に入れ!!」

「俺は現在デザインでメシが食えて仕事が楽しい」
「その方法を1から知りたいなら俺を信じて入れ」

ターゲット顧客を売れないアーティストに絞る。
自分がその道を実際に歩んできたので
誰よりも理解があるはずだし説得力がある。
彼らはビジネスのことは無知に近いので
潜在的市場は十分にある。
だから入塾してくれる人は必ず存在する。

書き直してみてはいかがですか?

追記:私もちょっと再考して
このブログのタイトルを変えました。

旧:人生とは魂の霊的修行である。
新:生きることは魂の修行です。

スピリチュアルブログであっても
ビジネスについては書く。
なぜなら今やビジネスは霊的でないと成り立たないから。

2月 222015
 

現在私は4つの塾に入っています。

・土屋塾(総合系)
・ランボーアフィリエイトカレッジ(メルマガ系)
・下山株式スクール(株トレード)
・楽リッチ倶楽部(DVDせどり)

今魅力的な塾が次々と開催されていますが、
(コンサル指導、セミナーも含む)
資金の関係から断腸の思いで断念せねばならない。

私は塾・情報教材とはヒントやきっかけを与えてくれるもので、
結果をもらうところではないという考え方を持っているので、
塾に入れば入った数だけ知識と経験が得られ、
自身のスキル向上を獲得できると思っている。
だからなるべくお金を払って入った方がいい。

しかし大勢の人は塾に“結果”を求めている。
儲けたい、モテたい、健康になりたいなど。
得たい結果が出ないと塾や教材に文句を言う。
お金を払ったのだから文句の1つも言いたくなるだろう。
セールスレターでも煽ったのだから仕方ない。

顧客から文句を言われるのは
やはりコンテンツ(中身)やサポートに欠陥があると考えるべきで、
購入者をバカにするのは良くない。
バカからお金を頂いたわけだから。

塾主催者に言う。

「出し惜しみせず、自分のすべてを出し切れ!!」

後悔するからではなく、
たとえネット上にて誹謗中傷を浴びせかけられたとしても
100%やり切ったのだから
堂々と矢面に立てる気概を持てるから。
(そんなに言いたいなら言わせておけ)

私自身は塾や教材は持っていない。
ですがブログを書いている。

物販ブログ
ネットビジネスブログ

これにはほとんど包み隠さずに私の答えを書いている。
全力で。
それは正解ではなく私の答えに過ぎないのであるから、
おそらく誰も実行しないだろう。
無料で公開していても私は一向に困らない。
(実績を出したらコンサルの募集をします)

塾の中には大事なことを教えないところもあると聞く。
もしくはさらにお金を取るようなことも。

それでやり切ったと完全燃焼できるのか、
自身の心に問うてほしい。

「与えて、与えて、与えまくる」
「すべてをブチ込み、出し切る」

つまり裸になってダイブしろよってことだけど。

※裸とは、下心も野心も見栄も肩書きも持たないパワーのみの存在

これからは全裸で公然(ネット上)に立てる人が勝つと思う。

10月 062014
 

最終的には土屋塾の催促になっている動画ですが、
入らなくてもどちらでもいいです。
ですが今すぐ何か副業を始めて下さい。
儲からなくてもいいのでアフィリエイトを始めて下さい。
初めは自分の思いを情報として発信して下さい。
そして1人でもいいのでファンを作って下さい。
Blog、Facebook、Twitter、Youtubeを利用して
あなたの思いを日本全国へと発信するのです。
決してその他大勢に埋没しないで下さい。
あなたはこの世で一人しかいないかけがえのない存在ですから。
世界のどこかであなたを必要としている人はいます。
必ず。

9月 212014
 

「どんな塾を選んだらいいのか?」

という最大のポイントは

『その塾に入っている塾生がどんな人たちなのか』です。

塾のコンテンツは他の塾とそれほど違いはありません。
なぜならいいものをどんどん取り入れていくと
どの塾も似てくるからです。
つまりどの塾でも大体同じコンテンツを提供している。

でも塾生という仲間が塾ごとに違う。
(中には2つも3つも塾に入っている方はいます)

私が入塾した八木転売塾の青木涼一さんは
「横のつながり」と言っていました。

仲間が応援してくれるとこちらも頑張れます。
だからそんな塾を選びたいですよね。

※独りでは挫折する。よほど強い意志がない限り。

9月 172014
 

小さなものを含めて
ネット塾がたくさん開催されていますが、
その塾の良し悪しは
「その塾に入って塾生がどのように変化したのか?」だと思う。

それは塾長のレベルによって左右されます。

つまり

『塾生の質=塾長のレベル』

ということになります。

塾長が塾生を自信を持って紹介し自慢する。
それが塾の一番の宣伝なのです。
塾生の数ではなく。

9月 082014
 

土屋博嗣氏のことはよく知りませんでした。
現在は与沢翼氏と共に
ネオヒルズの代表として位置しているようです。

下の動画を見ると(セールスページ内にあります)

「彼は悪い男ではない」と感じる。

なぜならこれだけの価値ある動画を
http://hiruzu-tutiya.info/blog/201212/←タダ
無料でどんどん出しているから。
(改心したんだね)

何と彼はインフォトップやmixiができる前から
ネットビジネスに取り組んでいる。

私は彼の知識を全部インプットしてやろうと思ってます。

『IBCA』(新土屋塾)←クリック

反省から再起へ

情報バブルで天狗になってしまった土屋さんの元から
次々と社員が辞めて残り一人になってしまった時、
会社の業績が急落したのも相まって
「これではいけない」と気づいた。
(若気の至りは仕方ないよな)
そこで取ったのが『フリー戦略』
それでV字回復で復活できた。


(17分頃から)
欲望の大半をやり尽くした彼が
今一番楽しいと思えることは
「同じ価値観を持つ他者との交流」
だそうです。
(やっぱり最後はに行き着きますね)

30万円という高額塾です。
クレジット12分割で入りました。
(24回分割できませんでした。何で?)

『IBCA』(新土屋塾)←クリック

今大量の動画を1つずつ見ています。
差支えない範囲で、ですが
このブログでシェアしていきます。

※私から購入して頂ければ、今私が持つすべての情報をアドバイスします。

8月 312014
 

ピーター・ドラッカーの本に書いてあったのですが。
どれだったか覚えてないです。すいません。
(自己実現の本だったかな)

ケインズと並び称される20世紀の経済学の泰斗
ヨーゼフ・シュンペーターの若き頃のしたいこと。

「欧州一番の美女と4頭立ての馬車に乗って世界1周」

死ぬ3日前にドラッカー父子が同じ質問をしたら
(ドラッカーの父がシュンペーターの友人)

「1人でも多くの優秀な経済学者を育てたい」

これは何を意味しているかというと

『自分のことよりも他人を喜ばせたい』

ということですね。

今ネット塾がたくさん開催されていますが、
余命を数える時が来たら
どんな自分の夢を思い描くのでしょうか。
一度じっくり考えてみてほしい。

それにこれを観てほしい。

6月 252014
 

私が入塾している
八木塾と青木塾が詐欺扱いされているようです。
このブログで叫ばれているみたい。
http://tokimirai.com/blog/%E5%85%AB%E6%9C%A8%E9%9D%92%E6%9C%A8%E8%A9%90%E6%AC%BA/

詳しいことは分かりませんが、
稼ぎたい塾生と
稼がせたい講師の間で
大きな溝があるようです。

塾生は「楽に早くたくさんお金がほしい」ということで
講師は「どうすれば自分の稼ぎ方が塾生に伝わるか」
求めているものが違っている。

『お金vs情報(知識)』

だから衝突が起こるわけです。

塾生としては「稼がせる」という名目を信じて
塾代のお金を払ったんだから、
そのお金以上にお金が得られないと損だという考えです。

講師は知識と稼ぎたいというマインドがあれば
お金なんて勝手に付いてくると思っている。
自分もお金が無かったのだから。

★問題点
塾生は「他者依存」
講師は「他者理解」

まず他人に依存しているようでは
お金を稼ぐことはできません。
たとえできても自分の確固たる信条がないからすぐ消える。

そして自分と他人は違うのです。
ましてや金持ちと貧乏人は考え方が違う。
その間に架け渡す橋はほぼ無い。
だから理解し合えない。
もしお互いに理解しようと思う心があれば
衝突は起きない。絶対に。

私が2人に対して思っていることは
彼らは詐欺しようなんて1ミリも考えていないよというもので、
みんなで稼いでバーベキューでも楽しもうという
ノリみたいです。

残念ですが全国の講師の皆さん、
すべての人を金持ちにすることはできません。
(人類全員が豊かにはなれますが)

貧乏人は貧乏人でいいのです。
その方が幸せなのです。

私も貧乏の部類に入るのかな。
まあそれならそれもいいですが、
ビジネスは続けますよ。
お金がチャリンと入ると面白い。
金儲けは楽しくなくちゃね。
それにたくさんのことに挑戦し経験をしてみたい。

ここで分かったことがあります。
「俺は絶対に塾はやらない」
「見ず知らずの人間にノウハウは教えない」

まあ今のところは
コツコツ稼ぐことに邁進します。
思考錯誤の繰り返しで。