2月 252018
 

『League of Legends』(愛称:ロル)とは
世界で最も有名なPCゲームの1つです。
2009年にサービスが開始されて
総プレイヤー人口は優に7000万人を超える。

(こんなゲームです)

日本生まれのスマホゲーム『パズドラ』
ダウンロード数が6000万くらいで、
それは総プレイヤー数ではないことを考えると
いかにものすごいかが理解できる。
(ガンホーもがんばってますよ)

それにPCゲームをする場合
それ専用のパソコン(ゲーミングPC)が必要です。
普通のパソコンよりも高価ですので
PCのゲーマーは、にわかファンではないですね。

その証拠に毎年開催されているゲーム大会の
優勝賞金が1億2000万円もあるらしい。
課金ゲームとしての収益があるから出せるのでしょう。
ゲーム産業はまだまだ儲かります。

毎年eスポーツ(ゲームというスポーツ)は
アメリカやアジアにて競技人口が増え続けている結果、
eスポーツ業界に莫大な資金が流れ込んでいる。
(特に中国での売上げが顕著)
お金がかかってくると世間の評価も変わるので、
このジャンルの認知度の広がりや
その確立にはそう時間はかからないことと思う。
今後日本での盛り上がりも期待したいですね。

あなたが今10代20代ならば
プロのゲーマーを目指してもまだまだ間に合います。
大金を稼ぐことも十分可能。
成長産業に身を置いていれば
その成長と共に自身の収入も伸びる。
これはビジネスの法則です。

ちなみに大会では韓国のチームが毎年トップです。
その理由をなぜなのかを考えたのですが、
おそらく韓国では徴兵制が敷かれ
若い男子たちは

「今どき腕力や兵力が愛国心の表現じゃない!!」
「ゲームをやってもお金を稼げる時代なんだ!!」

という徴兵への嫌悪感と、徴兵という現実からの逃避、
彼らが示すことのできるせめてもの反抗と平和運動。
その複合的な熱意がゲームの方に注がれている。

この資本主義世界において
徴兵で若い男子を取られると
韓国の経済活動は劣勢の不利となる。
徴兵は辞めて志願兵制度に切り替えるべきだ。
これは私の抗議弁です。

スポーツ関係者や観戦者にここで気づいてもらいたい。

「あらゆるスポーツは平和という基盤の上で成り立つ」ということを。

では平和を成り立たせるのは何なのだろうか?

国民1人1人の「本音で生きるんだ」という決意が
世界平和の小さな1粒の礎になっている。
自分の心に嘘ついてまで
絶対に嫌なことや悲しいことはしない。
その生き方が平和社会に貢献しているのだ。
だからゲームですら平和へのツールになっている。

ところで我々の人生もゲームそのものだ。
「理解できない→理解できた」にするために
輪廻を繰り返しながらレベルアップを図る。

解脱という優勝トロフィーは
飽くなき平和への熱意がなければ決して手にできない。

この平和に嘘はないか?

12月 282017
 

昨今ビットコインの異常な値上がりを見せているが、
私がそれ以上に懸念しているのが石油価格です。

中国、東南アジア、インド、アフリカの
(総人口は何億ですか?)
経済的発展による消費の波が、
怒濤の如く世界の石油市場に押し寄せて
奪い合いの戦争が起きるかもしれない。

石油というものは
我々の生活の中であらゆるところに使われていて、
それ無しではもはや現代人は生きていけないまでに。

石油がないを例えると江戸時代の暮らしのようになる。
ガソリン、プラスティック、ビニールがない生活。
電気ですら石油で作られている。
火力発電は原油、天然ガス、石炭で動かしているから。

あなたは電気がない生活を想像できますか?

よって需要増による石油価格の上昇(デマンド・インフレ)が
製品価格を引き上げる(コスト・インフレ)。

あらゆるものが値上がりします。
収入が増えないのに商品価格の上昇が起きれば
貧困層は今よりもっと苦しくなる。

それに製造業も小売業も皆ピンチです。
安くしても売れにくい現状なのに、
コスト高で価格転嫁を行なえば
売上げはガタ落ちで収益の悪化は必至です。
大量のリストラで失業者があふれる。
そうなれば国の財政もピンチで
税収の見込みは全く立たなくなります。

インフレは国の借金を目減りできるが、
借金以上に深刻なのが日本の資源戦争の参加。
戦争は巨額な資金を必要とするし、
平和憲法を破って兵器を持って戦争布告すれば
ミサイルの標的にされる。
ただでさえ人口減少なのに。

借金なら意志一つで返せる。
戦後の焼け野原でもここまで来れたのですから
1000兆円なんてどうということはない。

『原油高=日本ピンチ』

原油高は確実に来ます。(2030年までに)
それからもたらされる影響がどんなものか?
今日からでもかまわないので皆で真摯に考え、
その対応策を練り上げて実行していってほしい。

・省エネ、リサイクルの推進
・代替品の模索
・預貯金で資源株や不動産を購入
・清貧思想のすすめ

私は戦争だけは何としてでも避けたい。
この国の人は勢いのある方へと一気に動く国民性がある。
戦争ムードがお祭りムードのようになるその手前で
何としてでも食い止める。

戦争思考ではなく
貢献の思想を。

10月 292017
 

(文章が少し長いです)

陸上のウサイン・ボルト氏が
テレビか何かのインタビューで
「速く走る秘訣は何ですか?」という質問に
「速く走ろうとは思わないこと」と答えたそうです。
(私は実際を観ていません)
スポーツでは勝つぞと気負ったら
かえっていい結果が出ないということでしょう。

ビジネスでも似ている。
お金を儲けようと考えて始めたビジネスは
全然儲からない。それどころか痛手を喰らう。
逆に何とはなしにやっていたことが
(金銭欲なく始めた趣味的なことが)
その後大きなビジネスとなって
お金が儲かってしまうことは
世の企業の歴史を調べたら判明していく。
そんな人たちであっても
欲を出したばかりに没落してしまうことがある。

「なぜ勝とう・儲けようと思ったらダメになるのか?」

まず勝とうと思うのは
勝ちたいという欲であって
それは同時に負けたくないという願望でもある。

「勝ちたい=負けたくない」

人は快楽を求め、苦痛を回避したい動物なので
負けることはどうしても避けたい。

この気持ちが強ければ強いほど
イメージも強くなる。

・勝者の栄光を浴びる自分
・負けたみじめな自分の姿

これは対立概念ではなく
潜在意識下で同時に成り立っている相対した概念です。
(勝ちがないなら負けもない)

簡単に言うとスポーツの試合中に
勝ちたいという気持ちが高ぶると
負けた自分のイメージを意識上に浮かび上がらせる。
なぜなら勝った自分と負けた自分は同居しているから。

つまり負けるようなプレーをしてしまうということです。
本人にその気がなくても
負けるイメージを認めているわけですから
そのイメージ通りの自分になるのです。

しかも困ったことに
負の感情やイメージは連鎖し拡張してしまう。

プレー中にミスをした。
そのミスが過去に起きたあらゆるミスの記憶を呼び覚ます。
スポーツとは関係のないミスの記憶もよみがえる。
おねしょして怒られたとか。

人は過去からは逃れられない。
どんな記憶をも完全に消去できない。

※イヤな記憶ほど残りやすいのは
良い記憶が少ない証拠です。
肯定的な楽しいことを存分に経験したら
人はイヤな人間になりません。

「どうすればスポーツで勝てるようになるのか?」
「ヒトに備わるこうしたメカニズムを克服して
勝利をもたらす方法はあるのか?」

私にはこれしか思いつけません。

すべてを認め、許し、感謝すること。

イヤな記憶がある。
それを足で踏み砕こうとしても
破壊するどころか、かえってふくれ上がってしまう。
だからその記憶をいったん認めてしまう。
そういうこともあったよね、と。
そしてそれを脇に置く。
その記憶にもいいところや
起きてしまったやむを得ない事情がある。
それを分析して許せるところを探してみる。
こんなことは誰にでもあるものさ、とか。
最後にその記憶がなかったら
今の自分はどうなっていたのかを想像してみる。
自分も他人にイヤなことをする人間になっていたのではないか。
感謝すべきところが少しでも見つかったら
勝ちたいという気持ちが鎮まってくる。

「スポーツで勝ちたいスポーツできて幸せ」

こう変化する。

次にビジネスではどうかを考えたい。
儲けたいという気持ちに2種類ある。

1、お金があったら○○が手に入る。
だからお金を儲けたい。お金がほしい。

2、お金がないと生きていけない。
生活費はどうすればいいの?
困った場合にお金がないと大変だ。
この世はお金で回っているから。

1について
あなたがお金を得たがるのは
欲しいものが買えるからです。
(この世の90%以上を買うことができます)
それを手に入れたとすると想像してみる。
別の懸念材料が出てくることが知らされる。

美女を買う:お金しか見ていない美女ならどうだ?
美食を買う:食べ過ぎるから成人病のリスク増大。
豪邸を買う:広い屋内に1~3人で住むのって寂しい。
健康を買う:不老不死・無病になる特効薬は無い。

あなたが本当に手に入れたいものは何だろうか?

2について
実はこの世は価値と価値との交換社会です。

・お金という価値
・モノという価値
・コトという価値

そのどれかの価値を提供したら
そのどれかの価値で提供を受ける。
お金という価値を認めているのが経済社会で、
お金という基準は分かりやすし、
受け渡しが楽にできて便利な価値です。

価値を提供できれば
この交換社会を生きていけると思いませんか?

あなたが提供できる価値は何でしょうか?

儲けようと考える時、
どうしても人の笑顔や感謝に注意が行かず、
財布のお金に目が行ってしまう。
お客さんってそれに気づくものなのです。
だからとっと逃げられてしまう。
仮に売買が成立できたとしても
感謝されなければリピートはない。
ネット時代ですから悪い評判が立つ。

お金に固執するとビジネスはうまくいかない。

その固執から解放させるためには
お金を使う(=捨てる)しかない。
それと同時に執着心も無くしていく。

そうしていくと経済社会に生きられるというのは
便利で快適で楽しいと思えてくる。
なぜならお金を払いさえすれば
自分が面倒なことをしてくれたり、
自分に喜びを与えてくれると知れるから。

次は自分が他人を喜ばす番です。

初めからお金が無い人はどうするかというと
労働力(肉体・頭脳)を使うことです。
それを「働く」と言います。
(傍をラクにする行為を働くと言う)

お金を得たければ働けばいい。
働いてお金を稼いで使う。
使った先に見えてくるものがある。
お金を使ったら相手先はこんなに喜ぶんだなと。

以上のことから導き出せる結論は

「試合の勝ち負けや金銭の有無という結果は
あなたや社会を幸せにしない」

それを人類すべてが理解した時、
世界平和の実現は目前に迫ることでしょう。

そういえば誰もが皆、裸で生まれてきたんだよね。
何も持たずに。

1月 232016
 

CoCo壱番屋の廃棄トンカツを
廃棄処理する会社ダイコーが、
そのカツはまだ食えるからということで
食品業者に安く販売したというニュースが話題です。

私が知った時に一番思ったことは
「ココイチは食品管理が下手だぞ」
「そんなに廃棄を出して大丈夫なのか」
「カツ=お金を捨てていることに
もっと危機感を持たないと」
でした。

なぜ私がこんな風に思ったかというと、
近い将来日本人の9割は貧乏に成り下がり
ジャンクフードしか食べれなくなるから。
(今すでにその兆候は出てます)

世界で成金中国人が食料品を買い占めて、
大金を出せない日本人はジャンクしか食えなくなる。
それに中国政府は13億人の胃袋のために
中国産食料品を自国に振り向ける。
つまり食料自給率40%の日本は
人口の半分が飢えるか、残飯を食うハメになる。

「みんな分かってるの?」

現実から目をそらさないで考えろよ。
中国もインドも東南アジアも
経済力をつけている。
しかも食料生産に適する安全な水も
日々どんどん減少している。
(奇病にも注意が必要です)

『世界的飢餓』

それを回避する方法はない。
(ありません)

私は戦争を危惧している。
第三次世界大戦だ。

廃棄カツがどうのこうの言っとる場合か!!
日本はまだマシだろ。
中国はダンボール肉マンだぞ。

人肉を食う時代もやって来るだろう。
そして狂牛病(脳みそスカスカ病)で人口抑制。

笑いごとじゃねェ。
人は食うために人を平気で殺す時代があることを思い出せ。

—奪い、犯し、殺しまくる—

あのビル・ゲイツはコンドーム事業に乗り出している。
人口を増やさない政策が各国で行われるという
彼の頭脳から出る予想はほぼ正しい。

「私たちは輝かしい未来にするために何ができるのか?」

まず感謝すること。
“頂く”という言葉があるように
命を捧げる動植物に感謝する心を持つ。
それ無くして未来展望は描けない。

「未来戦士よ、鍬を取れ」

栄冠を授与される勇者は食から誕生するだろう。

9月 162015
 

日本はアメリカに守られていると言われる。
もしアメリカが味方していなかったら、
日本はお隣りの韓国や北朝鮮、中国などに
何をされていたか分からない、だそうだ。

私が想像すると
もし隣国が日本を軍事的破壊行為をしたら
世界的世論がその隣国をバッシングするだろう。
経済的にも文化的にも。
日本人の尊い命が多く犠牲になるが、
その隣国にも餓死者や暴動が起こるのではないかな。
知らんが。

もしあんたが
今のアメリカが世界を救えるなどと
本気で思っているとしたら
大馬鹿野郎だ。
なぜなら失業率も離婚率も
自己破産比率も犯罪率も
先進国でワーストの順位だろう。
(日本はアメリカのマネすんな!!)

「自分の国も救えないアホが
よそ様の国を救えるなんて
何たわごと言ってんじゃボケ!!」

特にアングロサクソン系白人はどうしようもない。
金融危機で世界をあんなに不況にしたのに
誰も責任を取っていない。
低所得者層のアメリカ移民系も怒るわな。

「あんた、本気でアメリカ人が守ってくれると思ってんの?」

おめでた。
まあ私はアメリカン映画やドラマが好きだから
そこは楽しみ応援はしているが、
核などの軍事力はいらんがな。
(下半身の核は爆発させたいww)
(DMMはしょせんバーチャルなんだよ、グスン)

ところで
稼げない私が
「もっと稼ごうぜ」と言ったところで
「お前がまず稼げよ」と言われるのがオチだから、
何とかお金を儲けることに注力している。

「くそっ、今迷路の中なんだよ」

迷走中も調整中で
必ず乗り越えてみせるぜ!!
見てろよ。

7月 292015
 

戦争というのは
義理も恩義も人情も誠意もまったく無視される。
なぜなら人を殺す行為を是認する人間たちに
それを要求する方がバカだろ。
もしそれが彼の内に備わっているのだとしたら
戦争など起きない。
よって

「戦争においてルール破りは当たり前」

覚えておいた方がいい。

軍人は敵を騙し翻弄させ殺す。
死体を数だけ勲章が増える。
血に汚れた栄誉。

国を守るという大義の下で
人を殺める。
外国人ならいいのか?
なら日本から外国人を即刻追い出してしまえ。
鎖国せよ。
それで外国輸入に頼る日本で果たしてやっていけるか。
やっていけないだろ。

ならば
アメリカに付くのか
中国に付くのか
という選択は間違いで。

「日本がどれだけ世界の国の人のために貢献できるか?」

これを遮二無二遂行せねばならない。
なぜなら爆発する人口増加は確実に問題を引き起こす。
水と食糧だ。
戦争による人口削減は自然環境もダメにする。
不毛の大地と汚染水では
生きること自体が戦争だ。
(武力戦争でなく生存戦争)

もし軍人を目指すなら食料生産に従事して
お国に貢献です。
ガンでも戦車でもなく
鍬とトラクターだ。
百姓さんがカッコイイという時代がきますよ。

中国やインドには
できればコンドームをつけて人口抑制をお願いしたい。

※ビル・ゲイツはコンドーム開発に出資したと言う。
ボロ儲けできるぜ。
頭いいな。

恋愛もルール無用。
でも草食系ヘタレな私は大胆になれずに独身のままだ。
(ゴムもつけずに人口抑制に貢献している俺って…)

女性の方も積極的に行動をしていかないと
嫁に行けないよ。
罠を仕掛けて騙せばいい。
戦争と同じく後悔ばかりだから。

7月 112015
 

中国の義烏(イーウー)という中国最大の卸市場で
輸入代行などのビジネスをする佐藤大介社長が言っている。

「今中国は就職難で、優秀な人材を雇いやすい」と。

(彼の会社)
http://www.china-import-text.com/company/

私はそれは今(2015年)だけのことで、
来年2016年からは「売り手市場」になると予想している。
(特に優秀な人材は引っ張りだこ)
なぜなら中国国内の人件費上昇は
消費力の増大を意味しているからです。

「収入が増えれば消費も増える」

当然の論理です。

需要と供給のバランスが悪化し、
中国の製造業はパンパンになる。
過当競争があるので価格に転嫁しにくい。
よって人件費の上昇分を工場のオートメ化で対応する。
しかも日本人以上に中国人はオフィスワークにこだわるので、
中小企業の肉体労働は雇用確保に頭を悩ます。
日本で若者を「金の卵」と言われた時代が
中国でも起ころうとしているのです。

それでも13億人を抱える消費は衰えない。
グングン伸びる。

【世界を激変させるほどの恐ろしい消費が
地球すらも食い殺そうとしている】

私は資源の枯渇が心配でたまらない。
もしかすると資源戦争が勃発するのではないかと
本気で悩んでいる。

数年前に中国人によるマグロの買い占めが起こって
価格が高騰したことを覚えているでしょう。
それがすべての食料品や消耗品に広がる。

何が言いたいのか。

「日本人よ、資源を確保せよ!!」

カネにものを言わせて力づくで
日本の資源を買い漁る中国人が出てくる。
(もうすでに出ているか)

私は中国に対して日本のように豊かになるなとは言わない。
だが軍事力を誇る中国が小さな島国を武力で制圧し、
日本の有限なる資源を略奪する可能性がゼロではない限り、
日本男児である私が提案するのは、
「資源の増産と節約」を訴えたいのだ。
それは日中間だけでなく世界規模で。

あなたは『ソイレント・グリーン』という映画を知っているでしょうか?

人間を食糧にする(共食い)という内容です。
厳密に言うとそんなことをすれば
狂牛病のように脳がスカスカになって死に絶えますが。

食糧難はもうすぐそこまで来ている。
国際的問題として各国が議論し、
解決策を模索されることを願う。

今から日本ができること。

「生産者を援護せよ!!」

“バイオ分野”

日本人の英知を世界が待望している。

ところで
実は私はもう一つ危惧していることがある。
それは人口が増えると『優生学』が台頭してくるという予感だ。
これについては長くなるのでいずれまた。