1月 212018
 

電気自動車はモーターで動く。
それは掃除機などの家電と同じです。
それに部品が少ないから安くできる。
(ヤマダ電機は100万円以下にすると宣言している)

そんなに安く済むなら
学生や主婦でも買えそうです。
自己用車を持てない低所得者層にも
どんどん普及していくとなると

・充電設備つきの駐車場の確保
・故障した車の修理
・ゴミ抑制のためのリサイクル

こうした課題が出てきます。

1、充電設備のあるのとないのとで駐車場に差が出ます。
今からその設備投資金を貯めておくべきです。

2、自動車整備工場はどうなるのか。淘汰が進むでしょう。
整備士の方は電気工事の資格に挑戦するといいです。

3、家電リサイクル法というのがある。
テレビや冷蔵庫を廃棄するのにお金がかかるのなら
それよりデカい自動車はもっとかかります。
電気自動車メーカーはそのあたりも考慮した設計をお願いしたい。

日本に今あるガソリン車はどんどんいらなくなる。
日本人は流行に弱いので
まだ使えるガソリン車であっても
周囲の人が電気自動車に乗っているのを知ると
「私も電気に乗らないとバカにされちゃう」
「ガソリン車じゃカッコ悪いよ」
とさっさと売りさばいて買い換えるだろう。
そうなるのを予想できるなら
今新車に買い換えるのは愚だ。
電気自動車が出るまで待て。

置き場に困ったガソリン車は
東南アジアやアフリカに持って行け。

ガソリン車にもメリットがあり、
それは電気の供給が不安定な発展途上国でも
ガソリンを入れれば走るので
中古車をそのままでも活躍できる。

日本でタダ同然で買い取って
途上国で売りまくる。

頭のいい中古車販売会社はすでに動いているはずです。
まだの会社も今からでも遅くない。
現地に飛んでルートを確保しよう。

たかが原動力が電気に変わっただけで
自動車業界は「下克上の戦国時代」に突入する。
その気のある家電メーカーが自動車を作れるのだから
現在日本には完成車メーカーが10社あるが、
そのほとんどが深刻な事態に陥るでしょう。

OEMメーカーに頼んで自己ブランド車が街を走る。
キティちゃんカーやチョロQカーも出てくる。
その兆候は痛車(いたしゃ)と呼ばれる車からも
容易に分かってくれるはずです。

世界のトヨタが凋落する。
そのパイを狙う新参者の鼻息が
すぐそばで聞こえてきそうだ。

トヨタはフィルムに固執したコダックになるだろう。
なぜならこの期に及んでも
まだガソリン車を製造しているから。

6月 192016
 

以前の記事で
トヨタの代理店が閉鎖したことを書いた。

http://love.nakynaky.com/?p=10422

跡地に何が来るのかと思っていたら
中古車販売のガリバーでした。

ガリバーLIBERALA一宮

このことから言えることは

「新車は売れない。でも中古車は売れる」

日本人の財布のひもが固くなってきている。確実に。
自動車は一家に1台の必需品です。
(特に田舎)
だから中古でいいから安い車を希望する。

方や高級ブランドアパレルが売れている。
BUYMAというサイトで儲けている人が少なからずいるので
お金のあるところにはあるものです。

「高級路線ビジネス vs 中古・安売り商売」

この二極化は顕著です。

国が亡ぶ条件に「格差」があります。
共和制ローマも1度それで滅びかけた。

どうしたら回避できるのか?

日本の現状を考えると
消費が増えないから企業は儲からず、
法人税を払えないし、社員を雇えない。
代わりに安い派遣やアルバイトで間に合わせる。
彼らは所得が低いので消費は弱い。
高齢者はお金を使いたくても使えない。

消費を増やすためには?

住居スペースを倍増させる。
まだまだ日本の家は小さい。
アパート・マンション暮らしも多い。
住宅需要はあるのだから
住宅ローンにおける税金を無しにしたり、
固定資産税を安くしたり、
大きな家に住めるように国が援助する。

一番簡単なのは消費税を撤廃することですが。

「格差」というのは危険な信号です。
皆が同じであるわけがないとは言え、
誰でも最低限度の生活が保障される国に向かって
日本は舵取りを怠ってはいけない。

20XX年:日本という島国が滅亡しました。
原因:国民は議論だけで何も対策を打たなかったから。

こんなことが歴史の本に書かれるかもしれない。
嫌ですよね?

4月 032016
 

ブックオフが赤字になった。
原因は中古家電のリサイクルにつまづいたから。
先発組ハードオフなどに勝算が持てる理由を
(何とハードオフはブックオフとは別の会社)
市場規模が大きく成長率が高いと言う。

ハードオフのは今年の決算で純利益過去最高をマークした。
ヤマダ電機はアウトレットや中古店舗を増やしたり、
家電修理の工場を滋賀に作るそうだ。

「現在リサイクル市場は儲かっている」

消費税増税もあり
無駄な出費を抑えたい人が多くなったのだろう。

マネーの虎の堀之内社長の破たんさせた「生活創庫」
今や㈱リハンズという別会社に譲渡されているが、
しっかり運営されているところを見ると
儲かっているのでしょう。

「なぜ生活創庫はダメになったのだろうか?」

リーマンショック後の景気低迷や
競争激化による利益率低下が挙げられるが、
私は経営者の理念が弱かったのが原因だと思う。

中古市場は今後の成長産業だ。
使い捨て文化は日本をダメにする。
俺がリサイクルで国を救ってみせる!!

そんな気概を持てないビジネスに取り組んだから
ちょっと低迷すると辞めたくなり、
利益のほしい経営者として不採算店舗を閉鎖した。

つまり彼はリサイクルへの情熱が足りなかった。

これは人材についても言える。
派遣やアルバイトという使い捨てを利用する会社は
我々の住む社会への愛が足りない。
社会性を考えないそんな会社が永く持つわけがない。
いずれ墜落するのではないかな。
知らんが。

私はこれをいい機会にリサイクルについて考えてみた。

そういえば血液も循環しているし、
水(H2O)も循環している。
魂も輪廻という循環をたどる。

もしや神の現象規律には
リサイクルという法則があるのではないか。

それならばリサイクルは愛ある行動であり、
愛はリサイクルとも呼べるのではないか。

物理学の基礎:「エネルギー保存の法則」

⇒エネルギーは形を変えてはいるが
増減せずにそのまま存在しているという法則

ん!? これは神のことじゃないか。
(詳細はこのブログを読み返せ)

はうあ!?
もしや…

神が宇宙を創造した時、
循環現象を物理的宇宙に制定したのなら、
宇宙は膨張しているのではなく
宇宙はリサイクルされているのだ!!

惑星が消滅してはまた生まれ、
ブラックホールとホワイトホールは互いにキスしている。
神の平安の内において。

私はこの「リサイクル宇宙論」を堂々と提唱します。
(数式は理系の方が導き出して下さい)

結論:中古ビジネスは愛の実践です。

(以下記事)

ブックオフが赤字、「中古家電」でつまづき
中古本市場が縮小する中、活路は見つかるか
[東洋経済オンライン]

中古本販売チェーンという新業態を日本で確立した、ブックオフコーポレーション。一世を風靡した同社が、2016年3月期に営業利益で1.5億円の赤字に陥ることになった。営業赤字となるのは、2004年の上場以来、初めてのことだ。

同社は、主力商材である中古本の市場が縮小を続ける中、「本」のブックオフから「何でもリユース」のブックオフへと転換する移行期にある。期初計画では、中古家電買い取りのためのパートやアルバイトなど人員増強、業態転換の認知度向上のためのテレビCMといった先行投資を計画。営業利益は2015年3月期の11.2億円から今期は5億円に減少すると見込んでいた。が、収益の悪化度合いは、想定を超えるほどだった。

■家電の買い取りが停滞
売り上げは健闘している。主力の中古本やソフトメディアは、商品別の需給バランスを反映した値付けの導入や、「ヤフオク!」への出品効果が発現。期初計画の750億円を20億円上回る770億円となる見込みだ。

一方、費用面では人員確保を前倒しで進めたため、期初計画に比べ人員増強費が増えたほか、オンライン出品に伴う費用、新規事業の総合買い取り「ハグオール」の先行投資負担が発生。売り上げ増でもカバーしきれなかった。

問題は、「何でもリユース」への業態転換のカギとなる中古家電の買い取りが、計画どおり進んでいないことだ。

中古家電市場には、ハードオフコーポレーション、トレジャー・ファクトリーなど、先発組が存在する。にもかかわらず、同社が中古家電に狙いを定めたのは、市場規模が大きく成長率が高いことに加え、後発でも「中古本という集客力がある商材を持つ強みが生きる」(松下展千社長)と判断したためだ。

2015年に策定した中期計画では、2017年3月期には買い取った中古家電の販売によって増収を達成し、販売管理費の増加を吸収。営業利益30億円へV字回復を果たす、という展望を描いていた。

■宣伝を強化しても効果は限定的
そのため今期は人員増強とともに、中古家電の陳列棚を整備。併せて、商品の型番を入力すると査定金額が出力される、中古家電査定システムの導入を進めてきた。12月には直営店全店に陳列棚と査定システムの導入を終え、今年1月にはテレビCMも放映したが、2月の買い取り金額は1.2億円にとどまる。

店舗の再編・集約という課題もある。ハードオフなど先発組が郊外を中心に中古家電の陳列に適した大型店を展開しているのに対し、同社の直営店の大半は中古家電を販売するのに十分なスペースがない「ブックオフ」店だ。中古本やソフトメディア、アパレル、スポーツ用品、ブランド品、楽器、生活雑貨までを扱う「ブックオフ&スーパーバザー」の出店を進めているが、まだ直営店全店の1割弱にすぎない。

今後は、ブックオフ店を中古家電の販売も可能なように移転・増床するか、移転が困難な場合は中古家電の買い取り機能だけに特化させるなど、スクラップ・アンド・ビルドを進めていく。何でもリユースへの変身の道は平坦ではないようだ。

(「週刊東洋経済」2016年4月2日号「核心リポート05」を転載)

(以上)

2月 112014
 

アイフォンの4sを使っていますが、
バッテリー持ちが悪いです。
交換が必要になりますね。

ここの修理キットが安いみたいです。意外でした。4sキット2980円。

http://www.i-fix.biz/


下の動画は親切解説です。

http://www.ires.jp/

7月 022013
 

15000円で買ったのですが、今は古い機種のため高値がついてますね。

今日プリンターの電源を入れてみたら故障してました。
電源は付いたのですが、エラーが出て、アフターサービスに電話したところ
本体内部の故障で修理が必要だと言われ、
保証書があればタダだったのですが、
それは引越しの際に紛失しました。
だからタダではなく11000円+送料がかかることになり、
ヤフオクでジャンクで1円出品しました。
(ヤフオクならジャンクでも売れます。1円なら)
(追記:即売れました)

「修理ビジネスはまだ有望だと思います」

FBAの際に使うのでまた買わないといけません。
ヤフオクで安いのを探そうと思います。

8月 222012
 

傷があると光が屈折してしまいデータを読み取れないのですね。

「ディスク研磨機」をご存じですか?
(よければ検索してみて下さい)

↓アマゾンで売っていますが、3つとも評判が(1部のレビューで)よくないみたいです。
  

これは僕の解決策です。
浅い傷なら食器用洗剤を1滴たらして指でこすってみてください。
(指がダメなら、目の細かい布ややわらかい歯ブラシでも挑戦)
歯磨き粉もそうですが、あれは研磨剤なのです。
もしかしたら…
(ディスクが濡れたまま挿入しないでね。本体が壊れますので)

残念ですが深い傷ならダメでしょう。
新しいものを買って下さい。