10月 152014
 




私の勘違いで今月クレジットを使い過ぎた。
30万円を借りようと大手のプロミスに頼んだが、
審査に通らず
(私の派遣元が個人情報を明かしてくれず、
定収入の可否が分からずに不合格)
このニッセイでキャッシュを借りようとしたら
次の日メールでお断りの回答が来ました。
(こんなローカルな会社でも借りれない俺は何て底辺なんだろ)

というよりか、
「大手の消費者金融でダメだった奴らが
ニッセイのような中小会社に申し込むものなの!!」
「身元のしっかりした人は全員大手で借りるって、なぜ分からん?」
「あんたのようなところは一生2流会社でいいよ、バカ経営者が!!」



仕方がない。
他を探そう。

8月 172014
 

情報商材販売のインフォトップでの
クレジット支払いは、分割に対応しています。
最大10回まで。

http://faq.infotop.jp/customer/1435?css=style

インフォカートでは24回まで可能。

https://esupport.infocart.jp/index.php?_m=knowledgebase&_a=viewarticle&kbarticleid=419

分割手数料は詳しくは分かりませんが、
1回にかかる手数料は「最低6%程から」のようです。
(回数によって異なる)

三菱UFJのこちらで参考にできます。
https://www2.mufgcard.com/inet/dy/simrevodiv/divide/reinputdivide.html

——-

「なぜインフォトップは10回までなのか?」

情報業界最大手のインフォトップでも
クレジット会社にはまだまだ信用されていないからだと思う。
インフォカートはアメリカの会社だから
実績を提示して信用を得たのでしょう。
(※これは僕の憶測です)

今現在世間では
情報業界を怪しいところだと思っている。

「嘘くさい、詐欺、弱者をだます、カネの亡者ども…」

よく考えれば
医者だって弁護士だって教師だって皆
情報(知識)を売って生計を立てている。

「なぜ情報商材系ビジネスはそんなダークになってしまったのか?」

最初に始めた奴が悪すぎたから。
それを今更どうこう言っても仕方ないが、
これからはこの業界を
クリーンなイメージに変えなければならない。

その方法は『フリー戦略』しかないと思う。
クレームが起こらないから。

後記:インフォトップでも24回分割払いができます。
私の勘違いでした。すいませんでした。
(ですがクレジット会社での使用規制があるみたいです)

6月 272013
 

保険の営業は難しい。

営業マンは成果を出したくて、
親類家族にお願いして保険に入ってもらう。
だがその後が難しい。
新規のお客さんを獲得できない。

悩んで苦しんで最後は(ノイローゼ気味で)辞める。

だが保険会社はこうなることをすでに予想している。
営業マンの親類が加入した保険金で十分利益があるからだ。
つまり「営業マン=お客さん」ということです。
(車の営業も似たような構図かもしれません)

保険の営業をしている方は、今すぐ辞めて下さい!!
そんな会社の保険に加入している方も、今すぐ解約して下さい!!

僕なら営業マンにはなりません。

「あなたは見ず知らずの人から何かを買いますか? 買いたいですか?」

では現在、車や保険などのセールスをしている人は何をすればいいのか?

自分が誇りを持って(楽しんで)紹介できる商品やサービスを売ります。
(アルバイトでもいいじゃないか)

テニスが好きなら、テニスグッズを。
釣りが好きな人なら、釣りグッズを。
カジュアルファッションが好きなら、お気に入りのカジュアルを。

形のある商品よりも、形のないサービスの方が儲かっていくことと思いますので、
『モノより思い出』を意識しておいて下さい。

上記を例にあげるなら
テニス仲間を集めてサークルを運営し、会費を得る。
(会費を得るのが嫌ならば、アフィリエイト収入を目指す)
釣り仲間を集めてサークルを運営し、会費を得る。
(もしくは利用施設から集客代金としてキックバックを得る)
ファッションコーディネートをして、コーディネート代を得る。
(もしくはファッション店から商品価格の何十%を販売手数料を得る)

まず最初にすることは『仲間作り』です。
それには信頼関係(ラポール)が必要ですので
僕ならすべてタダでします。

儲かる商売は絶えず変わっているのです。

11月 162012
 

今後消費者金融が再浮上するだろう。

「株価は景気の先行指標」

アイフル(8515)とアコム(8572)の株価が上がってきている。

プロミスは三井住友に融合。
武富士は倒産。

この業界はリニューアル中。
今、企業が新規参入のチャンスです。
ただ貸倒れ・借り逃げのリスクがあるので怖いですね。

金貸し業が流行るとなると、
日本の景気はさらに悪くなると言えるでしょう。

企業家が経済の担い手です。
次の新ビジネスを模索して経済の活性化をさせるぞ!!