6月 192016
 

以前の記事で
トヨタの代理店が閉鎖したことを書いた。

http://love.nakynaky.com/?p=10422

跡地に何が来るのかと思っていたら
中古車販売のガリバーでした。

ガリバーLIBERALA一宮

このことから言えることは

「新車は売れない。でも中古車は売れる」

日本人の財布のひもが固くなってきている。確実に。
自動車は一家に1台の必需品です。
(特に田舎)
だから中古でいいから安い車を希望する。

方や高級ブランドアパレルが売れている。
BUYMAというサイトで儲けている人が少なからずいるので
お金のあるところにはあるものです。

「高級路線ビジネス vs 中古・安売り商売」

この二極化は顕著です。

国が亡ぶ条件に「格差」があります。
共和制ローマも1度それで滅びかけた。

どうしたら回避できるのか?

日本の現状を考えると
消費が増えないから企業は儲からず、
法人税を払えないし、社員を雇えない。
代わりに安い派遣やアルバイトで間に合わせる。
彼らは所得が低いので消費は弱い。
高齢者はお金を使いたくても使えない。

消費を増やすためには?

住居スペースを倍増させる。
まだまだ日本の家は小さい。
アパート・マンション暮らしも多い。
住宅需要はあるのだから
住宅ローンにおける税金を無しにしたり、
固定資産税を安くしたり、
大きな家に住めるように国が援助する。

一番簡単なのは消費税を撤廃することですが。

「格差」というのは危険な信号です。
皆が同じであるわけがないとは言え、
誰でも最低限度の生活が保障される国に向かって
日本は舵取りを怠ってはいけない。

20XX年:日本という島国が滅亡しました。
原因:国民は議論だけで何も対策を打たなかったから。

こんなことが歴史の本に書かれるかもしれない。
嫌ですよね?

12月 312015
 

ヨドバシ.comでブルーレイを仕入れたのですが、
年末なのに早かった。
たった1枚なのにゆうパックで送ってきた。

http://www.yodobashi.com/

熱田浩司氏によれば

ヨドバシの実店舗はショーケースであり、物流倉庫であり、修理センターでもある。だからこそAmazonのように宅配業者を挟まないことで、迅速なサービスが実現したのだ。実際に中野区在住の記者がヨドバシ.comを使い商品を注文すれば、専門のバイクに乗った店員が僅か4時間で自宅に配達。梱包もしっかり小分けにされており、文句なしであった。

と評する。

私は、家電量販店はECサイトに駆逐されるだろう。
かわいそうだが淘汰も時間の問題だ。
と思い込んでいた。

がヨドバシだけは発想の切り替えで
リアル店舗の長所を再定義し、
自社のECサイトとの連携でメリットに変えた。

アマゾンの優位性の1つである
配達スピードでは日本一だったが、
このままだとヨドバシに追い抜かれるかもしれない。

アマゾンジャパン担当者よ、
もしそれが嫌ならば
物流倉庫を全国に配置し、
日本の物流網を早急に築け。

アマゾンの良さは配送スピードだけではない。
アマゾンブランド商品がある。
ヨドバシには独自ブランドがない。
(今のところ)
もっとブランドに磨きをかけて
絶大なる支持を得るまでに戦略を組め。

アマゾンの課題:2つの構築

「物流網とアマゾンブランド」

どちらも時間がかかる。
地道にコツコツでいい。
今から開始せよ。

ところでヨドバシは電子書籍も取り扱うようになっている。
メディア販売に定評のあるアマゾンには
これは脅威として放っておけない。
ボーとしてたらいつか喰い殺されるよ。
これも早急に対策を。

不公平は嫌いなので
ヨドバシにもアドバイスさせて頂く。

独自ブランドを1から作るのは時間がかかる。
ならば今瀕死にあるブランドを買い取る方法をおすすめする。
どこの? シャープです。
シャープはご存知の通り赤字で経営再建中。
それは株価が物語る。
今安値で推移しているから買え。
株式33%は欲しいけど10%でいいから。

シャープの技術は死んでいないし、
日本人はシャープだろうがいいものは買う。
高くても。

シャープのAquosを
ヨドバシのAquosに変える。

シャープはOEMメーカーにして
ヨドバシブランドで売る。

今なら実現できるよ。
2016年は楽しくなるよ。

2月 222015
 

現在私は4つの塾に入っています。

・土屋塾(総合系)
・ランボーアフィリエイトカレッジ(メルマガ系)
・下山株式スクール(株トレード)
・楽リッチ倶楽部(DVDせどり)

今魅力的な塾が次々と開催されていますが、
(コンサル指導、セミナーも含む)
資金の関係から断腸の思いで断念せねばならない。

私は塾・情報教材とはヒントやきっかけを与えてくれるもので、
結果をもらうところではないという考え方を持っているので、
塾に入れば入った数だけ知識と経験が得られ、
自身のスキル向上を獲得できると思っている。
だからなるべくお金を払って入った方がいい。

しかし大勢の人は塾に“結果”を求めている。
儲けたい、モテたい、健康になりたいなど。
得たい結果が出ないと塾や教材に文句を言う。
お金を払ったのだから文句の1つも言いたくなるだろう。
セールスレターでも煽ったのだから仕方ない。

顧客から文句を言われるのは
やはりコンテンツ(中身)やサポートに欠陥があると考えるべきで、
購入者をバカにするのは良くない。
バカからお金を頂いたわけだから。

塾主催者に言う。

「出し惜しみせず、自分のすべてを出し切れ!!」

後悔するからではなく、
たとえネット上にて誹謗中傷を浴びせかけられたとしても
100%やり切ったのだから
堂々と矢面に立てる気概を持てるから。
(そんなに言いたいなら言わせておけ)

私自身は塾や教材は持っていない。
ですがブログを書いている。

物販ブログ
ネットビジネスブログ

これにはほとんど包み隠さずに私の答えを書いている。
全力で。
それは正解ではなく私の答えに過ぎないのであるから、
おそらく誰も実行しないだろう。
無料で公開していても私は一向に困らない。
(実績を出したらコンサルの募集をします)

塾の中には大事なことを教えないところもあると聞く。
もしくはさらにお金を取るようなことも。

それでやり切ったと完全燃焼できるのか、
自身の心に問うてほしい。

「与えて、与えて、与えまくる」
「すべてをブチ込み、出し切る」

つまり裸になってダイブしろよってことだけど。

※裸とは、下心も野心も見栄も肩書きも持たないパワーのみの存在

これからは全裸で公然(ネット上)に立てる人が勝つと思う。

1月 312015
 

去年2014年の年末にヤフオクで詐欺に遭いました。

eBayでシャネルのバッグを12万円で落札して、
(今までで一番大きな仕入れでした。ドキドキハラハラした)
ヤフオクで15万円以上で売ろうとしたのですが、
質問欄にアメリカのサンチェスさんから英語で2000ドルで買うから
マレーシアに妹に送ってくれと質問が来たので、
試しに(興味本位で)メールしてお前の写真を見せろと言ったら
下の写真が来ました。
(一番下の写真は送金した証拠画面。ねつ造です)

Paypalで送金を頼んだのですが、
そんな銀行は知らない、持っていないと言う。
(その時点で怪しいと思わなきゃ!!)

単純に考えれば誰もが嘘くささを感じることですが、
今回は欲と子供の写真で懐疑思考が飛びました。
(子供を持ち出されると俺ダメ)

※サンチェスさんは自分と家族の写真をお金欲しさに売ったと思われます。
(確証はないですが)

悔しいですが、なぜか犯人への憎さはないです。
好き好んで詐欺する奴はいない。
利殖の才能を悪い方向へ向けてしまう育った環境がそうさせたのでしょう。

「罪を憎んで人を憎まず」

今回分かったことが3点あります。

1、オレオレ詐欺に遭った年配の方の気持ちが理解できたこと。
2、たった12万円で凹む俺の収入の低さ。
3、シャネルのバッグってこんなもんか。

「孫のために何とかしてあげたい!!」という
おじいちゃん・おばあちゃんの気持ちを心底理解できた。
以前は「日頃からコミュニケーション取っておけよ」
騙される方も悪いと半ば否定的な目で見なしていたのですが、
今回の件で完全に犯人が悪いという立場になった。
この日本で頑張ればそれなりにチャンスをつかめる国に住めて、
私たちは何と恵まれていることか。
それを悪知恵を働かせてこの野郎が…

でもお金は戻って来ないし、
何とか吹っ切ることができればいいのですが。
懸命に貯め込んだお金をだまし取られた年配の方じゃ
その境地は無理でしょうね。

今の私自身の収入は全然ダメだ。
もっと上げていかなければいけないと決意が持てたことは、
詐欺にひっかかるのもマイナス面ばかりではないと思った。

12万円なんて「また稼いだらええんや、ははん(余裕)」と思えるまで行きたいものです。

シャネルのバッグを手に取って
「この紐の弱そうな単なるバッグをこんな値段で買う女性って一体…」
なぜ女性はブランド品に弱いのか考えた。

ブランドを身に付けると「お姫様」気分に浸れるから。
つまり見栄ですね。
この心理を理解しないと商売はダメだと思う。
ファッション関係の方は勉強した方がいいでしょう。

 

ちなみに詐欺師の送り先であマレーシアの住所は
Name:Wan Nara wan Razak
Adress:Block A-23 A-18 PV20 Platunum Lake Conde, No5 Jalan Usahawan 2 off Jalan Genting Klang setapak Kuala Lumpur Malaysia
Phone:+60149350631

※直取引は絶対にしないで!!!

santi lopez
santi
lopez
first-citizen-bank

6月 092013
 

Wikiを読んでほしい。

この中に書かれてある「経済的意義」という欄に注目してみる。
(以下抜粋)
経済的に、ブランドの価値は超過収益力として表現される。
他社とまったく同一の機能・性能を持つ商品を販売する場合、
他社よりも高い値段を付けても売れるならそれはブランドの信用力に由来する価値である。
他社よりも高くできた値段の差額が超過収益力となる。

現在私は『小玉歩VS坂田智康~ネットビジネス頂上決戦~』という
小玉氏と坂田氏の共同企画に参加している。
(値段10万円。これも大きな出費で、借金した)

なぜ参加したのかは、
坂田氏がブランドについて語る音声トークを聞いたから。
「ブランドを理解できない奴は儲からない」ときっぱり。

私は価格というのは品質に比例するものばかりだと思い込んでいた。
が違う。
品質がいいから値段が高いのならば価格は落ちないはずだ。

今デフレ時代にある日本では品質だけでは生き残れない。
皆、均質な製品やサービスを提供しているから差別化が難しいので競争に負けてしまう。

「生き残るためには、ブランド構築(ブランディング)が必要」

ブランド品を持ったことがない私には
シャネルやグッチがなぜそんなに高いのか理解できない。それを喜んで買う人も。
(品質はノンブランドとほぼ一緒だろう)

だがブランドには品質や価格を超えた“あること”を補うパワーがあることに気付いた。
それはいずれ書きます。

私がブランドの定義を1つ上げるなら、

「ブランドには、顧客が値段設定できない価値がある」

それは顧客優位であるデフレとは逆のことを意味しています。

5月 272013
 

中古でいいから買って読め。

この本の筆者小玉氏が、まだ貧乏な時に、彼女の誕生日プレゼントを買うため、
ヤフオクなどの転売で稼いだ“なけなし”の10万円を握りしめてヴィトン正規店に財布を買いに行った。
(いくらくらいしたのかな?)
(このことは103ページに書かれてます)

ここで言えることは2つある。
・男が好きな女性にプレゼントしたいのはブランド品
・しかもそれは新品で正規品

ファッションブランド品は女性だけのものではないですね。
男性だって買うのです。

5月 272013
 

右側の女性は山田るり子という稼いでいる敏腕女性社長。
与沢翼会長の恋人でもある。
左側の中村ヒサヨという女性のことは知らない。

女性がブランド品が好きな理由の考察

1、他の女性と差をつけることによって
「あたしはあんたたちと違うのよ!! バカにしないでよね」という傲慢。

2、ブランド品を身に付けることによって
自分がお姫様のような気持ちにさせてくれる。
「私は世界で一番かわいい女性です。誰が何と言おうとね」

3、今は言えません。ゴメン。まだぼんやりとしてて、その探求のために精神疲労がつらいので。

※俺は男だから、女性心理の内部に潜入するの、ヘトヘトになるんだよ。キツイ。

ブランド市場が衰えることは今しばらくないと思う。

5月 232013
 

http://uskeizai.com/article/361532769.html#more

僕が摂取しているオリヒロのサプリって安いの。
考えてみれば怪しい。(上記のサイトで知らされてすぐ捨てた。怖いから)

「何でそんなに安いのか?」

中国製だから。
中国には工業汚染がひどい地域がある。
汚染物質は循環するもの。
最終的にはヒトの口へと取り込まれる。
(最近ではPM2.5というので問題になっている)
(日本の公害を思い出そう)

確かに中国の安い工業製品は身の回りにあふれて今では拒絶感はほとんどない。
でも食品は怖いよ。
『医食同源』の中国でも現金主義には勝てない。
欲望まみれの人間だもの。
拝金主義で他人の健康なんて知ったことか、だろうよ。

食も『ブランド』が必要。

食品生産者にとってはチャンスだけど、
『ブランド』というのが一体どんな意味を持つのか分からないだろうと思う。
(理解できる頭があれば、生産者なんてやっていないよね)

とにかく食べ物には気を付けた方がいい。
上記のサイトは必ず登録して観てほしい。
(無料オプトイン収入はない)

5月 222013
 

「なぜ『ブランド』が必要なのか?」

高い利益率を確保できるため。

値下げをし続ければ、いずれ利益圧縮で死ぬ。
(利益が出せない=減給orリストラ→倒産)

値引きでしかお客を引き寄せることができない企業はいくらまで価格を下げれば気が済むの?と思っている。
最後は発展途上国並みにするしかなくなるね。

昨今ではユニクロの柳井会長が「ブラック企業」として非難を受けている。

http://biz-journal.jp/2013/04/post_2001.html

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130521-00036259-diamond-bus_all&p=1

もし彼が利益のガリガリ亡者ならば、今のユニクロはない。
なぜなら優秀な社員に恵まれてこそ東証1部のグローバル企業になれたのだから。
(ただ優秀な経営者的人材には恵まれていないのは致命的だろうね)

「なぜユニクロは疲弊を承知で世界に進出しているのか?」

すべて『ブランド』を浸透させるため。
シャネルやヴィトンのように。
ブランド構築には時間がかかるのが常識だが、
ネットの普及がマスメディアとして見逃せなくなった今の状況が、
グローバル展開を容易にしている。

今しかない。
やるなら今だ。

柳井会長はそう焦っている。
品質と安さで勝負してきたユニクロが、
同じように品質と安さで勝負しているライバル会社に勝つには
『ブランド』しかない。
生き残れるカギとなるのはすべて『ブランド』にかかっている。
もしブランド構築に失敗したら企業そのものが無くなる。
そうなれば従業員はどうなる?
もう後戻りはできない。
行くしかない。
ブラックだとか独裁者とか言われても仕方がない。
俺は会社をつぶしてはいけないのだ。
ビジネスは結果がすべて。
従業員のみんな、もう少し我慢してくれ。
(働きながら経営者スキルも身に付けておいてくれ)

経営者は孤独です。
分かってやれる人は少ない。
経営者が少ないもの。特に日本では。

ワンマン経営では限界がある。
どうしても分身が必要。
稲盛会長もそうだったからこそ「アメーバ経営」を確立できた。
組織のリーダーは参考になると思います。

結論:ユニクロで働きたい人だけが働けばいい。
(結論じゃないかwww)

10月 272012
 

ブランディングとは、
顧客や消費者にとって価値のあるブランドを構築するための活動。
ブランドの特徴や競合する企業・製品との違いを明確に提示することで、
顧客や消費者の関心を高め、購買を促進することを目的とする。
消費者との信頼関係を深めることで、ブランドの訴求力が向上し、
競合他社に対して優位に立つことができる。
——–

自分というブランドの花を咲かせたいなら、
まず自分を愛することから始まります。
は栽培の左右を決める土壌になります。

「自分を愛する」という肥料をやり、
「他人を愛する」という水をまき続ければ、
必ず輝かしいブランドの花が咲きます。
おいしい果実も実ります。

僕、真実を言っていますよ。