12月 132014
 

ビジネス系の無料オファーが今でも行われている。
相変わらず似たり寄ったりのオプトインページで
必死で自分の実績をアピールしている。

バカか?

読者は「またか」と呆れていることに気づかない。

何で?

自分のことしか考えていないから。
つまりお客を喜ばせようなんて
露ほどにも思ってないから。

思考が全部「自分が儲けること」のみ。

せっかくお金を払ってページを作って
アフィリエイターを動かしているなら、
読者リストを集めようよ。

偉そうに言っているがお前ならどうする?

私ならば
「私はこれで稼いでいます」という
10~15分で分かる動画を制作し、
「あなたの時間を下さい」とお願いする。
(ページを開いてくれるだけ感謝です)
この動画を見て少しでもピンときたら
メルアド登録をお願いします、とする。
(文章はきちんと読んでくれないの)

ここで重要なのが動画の内容です。
「いかにして視聴者にメリットを伝えられるか」
これにすべてをぶつける。

結局ビジネス系のオファーに興味ある人は
「お金を稼ぎたい」わけだから、
100円でも稼がせればいい。

『実際に稼いでもらうこと』

※ただし「してくれ君・他者依存君」は救いようもない人間なので、
条件を提示し、自分のビジネスに適正な人を抽出する。

まずページ閲覧者にメリットを与える。
登録してくれたらさらにメリットを与える。

“Give, Give and Give”

これがすべて。
(ちなみにこれは土屋塾での大事な教えの一つ)

「与えなさい」

拒否されるくらい与える。

昨今無料オファーは本当に厳しくなった。
無料でもオプトが取れない。
今後は影響力を持つ紹介者にお願いして
紹介してもらうしかないように思う。

やはり最後にものを言うのは「信用・信頼」ですね。

12月 092014
 

和佐大輔さんからの無料オファーです。
彼は仲間作りのために
持ちうるすべてのノウハウを惜しみなく与えてくれてます。
どれか1つでも登録すれば
以下がすべて聞けます。

『和佐大輔物語・絶望編』

『和佐大輔物語・希望編』

【4つの無料プレゼント】

『会員制ビジネスで毎月安定した数百万円の収益を稼ぐ方法』

『売れるコピーライティングの極意』

『17歳で1億円稼いだ男の本当の秘密』

『高額商品をネットだけで大量に販売する方法』

ここに登録すると
会員制通信講座『Illmatic通信』の入会案内が来ます。
月額2000円くらいです。
(私は入ってみました)
おそらくこれはフロントエンド商品で
後からバックエンド商品として
高額の個別コンサルの案内が来ると予想しています。
さてどう出るのか楽しみです。

入会したら4つのプレゼントがもらえて
その中に
「もしも、和佐大輔がゼロからスタートするなら」
という動画音声があります。

そこで彼は言う。
とにかく見込み客(リスト)を集めろと。
それから信頼関係を作り、
商品を販売する。
具体的なやり方は
ブログとヤフオクを使うというものです。
これだけでも1万円以上の価値でした!!

ちなみにこちらは『大人の大学』募集での音声です。

http://ideapub.co.jp/otona/yobikou/

まさしくその通りだと思います。

8月 212014
 

無料オプトインとは
メールアドレスを登録してもらうと
500~800円の報酬がもらえるもので、
稼ぎやすいビジネスだと言える。
ですがASPに依頼した広告主にとっては
メルアド(リスト)1件につき
ASPへの手数料を含む
1000円くらいを支払わなければならない。

※ASPとはアフィリエイトセンターと呼ばれ、
広告仲介業者のことです。
A8ネットやインフォトップが大手ですが、
個人でも運営できるものです。

http://www.affiliate-system.net/
(ASPに頼むくらいなら、ご自分で持とうよ)

有名な話ですが、
ペットフードの会社がテレビCMを止めて
ペット好きが集まるイベントや会場に出向いて
自社製品をPRするという販売戦略を取るようになった。
なぜならテレビでペットに興味のない人に宣伝しても
全くペットフードなんて売れない。
当然です。
ですが実際にペットを飼っている人なら
ペットフードが売れる可能性が高い。
費用対効果を考えると
テレビCMよりも地道な営業戦略の方が効率的だ。

無料オプトインも同じことが言える。
自分(広告主)の商品・サービスを欲しがっている人は
・どんな人なのか
・どこにいるのか
それを考えてピンポイントで広告を打つ。

【具体的な広告法】

・多くのメルマガ読者を持つ人に号外広告を頼む。
・ブログを運営する人に広告を貼ってもらう。
・FacebookやTwitterでフォロワーを持つ人に
いいねやリツイートを押してもらう。
(クリーンなイメージな人を選んだ方がいい)

こうすることで
迷惑メールBOX行きになりにくい
という利点もある。
(自分のメールが迷惑メール扱いなんて嫌じゃないですか)

一人で多くのフリーメールでオプトする人もいます。
アフィリエイターと組んで…
そんな不正も無くせますよ。

とにかく見込み客の濃いリストを獲得するのに
もう少し知恵も客層も絞るようにと
お節介ですがアドバイスさせて頂きました。

5月 252014
 

今絶不調の与沢翼会長が言っていた。
「無料オプトインではクレームが1つもなかった」

※無料オプトインとは、
無料のものを紹介してメールアドレスを登録させると
500~800円程度の報酬が得られる
アフィリエイト(紹介業)の1つ。
そのメールアドレスは“リスト”と呼ばれている。

彼はこのビジネスでアパレル会社倒産でのどん底から
見事に復活を遂げることができた。
(これは今でも有効なビジネスモデル)
何万ものオプトイン報酬を手に入れた彼が言っている。
「クレームが1つもない」と。

『クレームがない=顧客満足度がマイナスではない』

現在のオプトインの現状は厳しい。
なぜなら売り込みのメールばかり送ってきて
受け手が迷惑しているから。
(中には登録解除しても送られてくる)
非常に残念なことではある。

ならば売り込みではなく、
楽しい、面白い、役に立つメール(メルマガ)を送ればいいのに。

無料でクレームがなくても、迷惑扱いされたらリストは逃げる。

逃げられないようにするために
自分の最強のノウハウやコンテンツを無料にて配布する。
出し惜しみせずに。

クレームがないのは当然として、
あとはどれだけリストを感動させられるか。

アフィリエイト業界は今まさに変革期にあるのです。

1月 022014
 

※無料オプトインアフィリエイトとは、
誰かがメールアドレスを登録してもらうと(登録料は無料)
1件当たり500~1000円のお金がASPからもらえるというものです。

2013年の前半は
無料オプトイン収入目当てのアフィリエイターが数多くいた。
しかし今ではどんどん見かけなくなった。
(私が得られている情報が少ないからそう思えるのかもしれませんが)

これはどういうことかと言うと、
無料で得られる情報には価値が低くなってきたか、
もしくは高額商品の勧誘(バックエンドオファー)が待っているので、
嫌気がさして登録する人が少なくなったかのどちらかでしょう。

無料オプトが通用しないそんな状況である今現在、
メールアドレス(リスト)が欲しいインフォプレナー(情報企業家)はどうすればいいのか?

口コミ(バイラル)を起こすしかない。
私は常々言っている。
口コミのないビジネスは絶対長続きはしないと。

ではどうしたらバイラルが起こるか?

その商品を買ってくれた顧客、テストしてくれたモニターに
『感動』を与えることができればどんどん広まる。
なぜなら個人でもブログやSNSを活用している時代だから。
(SNS:ソーシャル・ネットワーク・サービスの略。Facebook、Youtube、Twitterなどが代表的)

無料オプトインビジネスはもはや過去のものとなった。
その手法を使ってもリストが得られないし、
オプト収入も得られません。
あきらめて下さい。
もう終わったのだと。

追記:無料オプトに特化したASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)も儲かりません。早急に商売替えを。

12月 202013
 

与沢翼会長が今まで塾を2度開催した。
1期の内容は知らないが、1000人くらいの塾生が集まったか。
2期は無料オプトインの塾で、2000人くらいが集まったか。

「その3000人の内どれだけの人が最低でも塾費用分を稼げたか?」

300人(10%)以下だろう。

90%の人は今どんな気持ちで3期を見ているのだろうか?
もうアイツの顔なんて見たくないと思って
メルマガは迷惑メール行きかもしれないね。

3期になって劇的に変わるとは思えない。
なぜなら「人間はちょっとのことでは変われない」からです。
(変わるとしたら悪い方向へ行くのが容易でしょう)

ここで例を挙げる。
2つの塾があるとする。

A:月収500万円稼ぐ人の塾。入塾料20万円。塾生1000人。

結果
1人が月収100万円。5人50万円。14人30万円。30人20万円。50人10万円。400人3万円。
20万円以上稼げた人が50人。全体の5%。

B:月収10万円稼ぐ人の塾。入塾料1万円。塾生10人応募。

結果
10人とも全員月収3万円以上。

A塾では3万円以上稼げた人は500人いる。
B塾では全国でたったの10人しかいない。でも勝率は100%。

『あなたならどちらの塾に入りたいですか?』

考えれば分かるだろう。
塾とは知名度や規模ではないということを。

12月 022013
 

宣伝しないと(お金をかけないと)集められない広告主は、
「魅力」がないのです。

なぜ魅力がないかというと
お客さんに喜びを提供できなかったからです。
もし提供できていたとしたら
口コミが起こるはずですよ。
「この人はいいよ」って。
しかもリピートしてくれる。

『口コミやリピートがないビジネスはお先真っ暗』

もし本物のビジネスをしたかったら1つしかない。

『目の前にいるお客さんは自分なのだ』という自覚で接する。

皆さん自分自身のためにお金を使っていますよね?
(自分へのご褒美でしょうか)
お客さんが自分ならば自分にお金を使ってくれるはずです。

くどいですが、
ビジネスはハートです。

それが本物のビジネスを構築できる唯一の理念なのです。

12月 022013
 

※オプトインとはメールアドレスを登録することです。
※オプトインアフィリエイトとはメルアドを1件登録してもらうと、
500~800円もらえるという紹介ビジネスの一種です。
(私も少し挑戦しましたが、難しい)

なぜメールアドレス(リスト)を登録すると報酬がもらえるかというと、
ネット企業家はリストをたくさんほしいからです。
リストに対してメルマガ発行をし、
いろんな商品案内や広告ができるので儲かるからです。

このビジネスの臭さが分かるでしょうか?

「リスト=金づる」という認識でそれほど間違っていません。

無料だからといって全く無価値ではありませんが、
最後の最後は「いいお客さん(カモ)」にさせられる、ということです。

本当に自分がイイと思えるものならば紹介してもいいでしょう。
ですがヘンチクリンなオファーなら断った方がいい。
でないと信用が問われますよ。

『ビジネスの一番大切なもの=信用と信頼』

現在いいオプト案件が本当に少ないので、
私はこのビジネスはダメだと思っているので止めました。

オファー主に対して、「本物のリスト」とは何かを次言います。
参考にしてはどうでしょうか?

5月 192013
 

http://123direct.info/tracking/subaf/663217

こちらのリンクは『泉幹さんの空売り塾』無料オファーだ。
これで2度目の募集になるはずです。
前回で私は4万円弱の収入を“邪道”の方法で手に入れた。
それはヤフー株式掲示板(他人のサイト)で紹介するという方法です。

私も株式をやっていた人間の一人。
泉さんのファンを集めるためにも今回も邪道を行く。
報酬はないだろう。
それでもいい。

「みんな、どんな方法でもいい。稼げ!!」

無料オプトインの是非について。

「無料で情報が得られるなら、文句はないだろ!?」

たとえヤフーの掲示板でもいいんじゃ。
ファイスブック、ツイッターがOKなら、ヤフーもマネしろ!!

無料オプトで300円でもいいから稼げ!!!

5月 032013
 


<小島幹登社長の動画:7分30秒頃>

顧客のリスト(メルアド)を手に入れるために
広告主はアフィリエイトセンター(ASP)に依頼して
ASPに登録しているアフィリエイター達は広告主のその情報をばらまく。
そしてオプトイン(メルアド登録)してもらう。
その時ASPはアフィリエイター達に1件300~500円支払う。
ASPは利益を上乗せした1リスト800円で広告主に売る。

10000人のリストを手に入れたとして
その中には1回メルマガを見ただけで配信解除してしまう人もいるから、
実際に広告主に本当に興味のある人は20~30%だと思う。
つまり70%の人のリスト代は無駄になっている。
1リスト800円だとして7000人の560万円を損したことになる。

※多くのメルマガ読者を抱えている情報発信者でさえ、
購読者(ファン)維持のためにいい情報を流せるよう日々猛烈に勉強している。
リスト維持は至難の業と知る。「お客は浮気者である」

3000人のリストを800万円で買ったということは
1リスト2666円。
3000人に向かって商品を売らないと借金800万円をペイできない。

これが怖くなって支払いから逃げる人がいる言う。

僭越ですが私からの意見です。

自分の商材に自信があれば結構だが、
借金のリスクを考慮するとオプトイン広告は有効かな?
リスト維持も大変だぞ。

『口コミ』

これに勝る集客はないと思う。
もし自分の親兄弟・姉妹・友人・尊敬できる人・信用できる人が
「あれいいよ」と言われたら気になるでしょ?

“口コミが生まれない、リピーターができない”

こんなビジネスは長続きしない。
止めることをおすすめします。