12月 242016
 

この産業用?ロボットを見て下さい。
現在1億2千万円。

これを本当に買った企業があるらしい。
PR目的だろうが。
性能は価格に比して劣るようだ。

「これが売れるのなら、自動車でも船でも売れるんじゃね?」

もしこの記事を読んだ人が
自動車販売代理店に従事しているならば、
いつでも辞められるように
今から準備しておいて下さい。
(というか私ならすぐ辞表を書きます)

「通信販売恐るべし」

もしあなたが運転を好きならば
(タクシー免許を取って)
UBERに登録してみるのもいいでしょう。

UBERとは自動車配車サービスのことです。

もし販売が好きならば
アマゾンで自分のオリジナル商品を売るのもいいでしょう。
(単純転売商品は価格競争になるから遠慮した方がよい)

いっそのこと自動車修理の道に進んでみますか?
修理作業をネットで売ることはできないからです。

「怒涛のネットエイジが押し寄せる」

今の10代20代はネットで購入することを
違和感なく変とも何とも思っていない。
40歳の私もとっくに慣れてしまった。

「インターネットによりビジネス業界が一変する」

世界のトヨタも“必ず”通販で売るようになる。

販売代理店よ、親会社に依存するな!!

7月 212016
 

細川社長のところの女性社員が独立したようです。

http://www.toshi14.com/

その彼女の経歴をメルマガにて知りました。

・親の事業失敗(3連チャン)
・借金まみれの貧乏な家庭
・友達が寄ってこないからいつも独りきり
・ひきこもり3年間(中1から)
・中卒でトリマー見習い
・腕を痛めて夢をあきらめる
・夜勤でひたすら携帯電話フキフキの単純労働
・細川社長の弟子になる
・現在月収100万円以上

派遣だと思うが単純労働の時の彼女の頭の中を
メルマガからちょっと抜粋してみる。

1日10時間、
ただひたすら無言で携帯電話をふいていると、

もう頭がおかしくなりそうでした。

でもわたしにはこれしかできないと思っていたので
ただふくだけの【ロボット】になりました。

考えることといえば

『どうやって頭を空っぽにするか?』
『どうやって寝ながら拭くか?』
『どうすれば時間が早くすぎるか?』

そんなことばかりです。

毎日毎日、とてもつまらなくて

『私の人生、このまま終わるんだろうな-』

と思いながら…

(下略)

この後に派遣切りの不安から
細川さんのメルマガにたどり着き、
即弟子入り希望して今に至る。

私も単純労働はした。
同じ作業を立ちっぱなしで数十時間すると
本当に頭が変になる。
自分をロボット化できたらどんなに楽か。ができない。
内なる声が持ち上がってくる…

「自分を捨てるな」
「感情をマヒさせるな」
「ロボット人間に幸福はないぞ」

なぜなら人の幸福とは、
感情という測定器を使いながら
理性の極致である魂(神)を知り、
魂を純なる美にまで練磨させ、
魂を完結へと導く感動体験すべてにある。
ロボットには感動も感謝もない。

※人間そのもののような高度なアンドロイドが未来に誕生するが、
魂とそれとの議論はここでは控える。混乱させるので。

私のメンター昌清さんがこう諭す。(江原さんではない)

「かまわぬ。求めればええ。己の欲するを欲望のままに」
「1を2に、2を3に。切りがないとはいえ、それも学び。しかしじゃ…」
「幸福追求の意志すら捨てるなどと、もはや人霊とは言えぬな。悲しいことじゃ」

感動を捨てた拝金ロボットよりも
カネのためなら詐欺でも恐喝でも何でもやる。
そちらの方が気合いがある。

人を殺してでも飢えたりなどしないと誓ったスカーレット。
飢餓への恐怖は食では克服できないのに。
なぜならすべてを潤し満たすのは感謝だけだから。

とはいえ気合いと意志力。
認めてあげなければならない美点だろう。

「意志の力は神の揺るがぬ想いに似る」

ひきこもりニートはいい人たちなのだ。

追記:上の女性の名前は、鈴木あみさんです。
借金から逃げていない両親ですから
(普通は離婚するものなの)
気合いがある。根性がある。たくましい。

10~20年前だったら
100円ショップ経営なら成功できたと思う。
今はもう遅いけど。

6月 202015
 

以下のニュースは世界でも知られています。
注目度が高いことが伺われます。

(ヤフーニュースより)

ソフトバンクロボティクスは6月20日、
同日10時に発売したパーソナルロボット
「Pepper(ペッパー)」
の6月販売分1000台の受け付けを終了したと発表した。
発売から1分で申込予定数に達したという。

次回販売時期は、7月中に同社ウェブサイトで伝える予定としている。

Pepperの本体価格は税抜19万8000円。
Pepperと会話を楽しんだり、
さまざまな機能を追加できるロボアプリをインストールするには、
基本プラン(税抜1万4800円×36カ月=税抜53万2800円)を契約する必要がある。
また、故障時などにサポートを受けられる
保険パック(税抜9800円×36カ月=税抜35万2800円)もある。

購入したのはほとんどソフトバンクショップでしょう。
ゲームやアプリの企業も勉強のために買われたかもしれません。
さすがに一般家庭での購入はないと思いますが、
転売目的で買った奴はいるでしょう。
商魂たくましいです。

ちなみに開発したのはアルデバランという会社。
別ロボットにNAOというのがある。

3月 072015
 

下の写真はNAOというロボットです。
これがスペインのマドリッドのお店で
6500ユーロ(約85万円)で売られているそうだ。
製作したのはアルデバランというフランスの会社で、
以前の記事でも紹介したことがあるが、
ソフトバンクが80%出資していて、
今下記のページを見たら
ソフトバンクグループとある。
(本来ソフトバンクはIT企業ではなく社名にもあるように銀行です)

https://www.aldebaran.com/ja/xiao-xing-robotutonaotoha

PEPPERという感情を認識するロボットが
すでに販売(20万円弱)されていて完売のようです。
利益は全くなく完全に赤字ですね。
一般家庭にパソコンやペットのように普及させるのが目的で、
この価格が決定されたようです。
(ADSLを思い出す)

http://www.softbank.jp/robot/news/info/20150227a/

こちらの動画で孫社長本人が説明しています。

孫社長は長期ビジョンでビジネスを行なう方のようですね。
ヤフー、モバイル、アリババ、ロボットと
先手を打って投資をしている。
(博打に近いと思う)

未来を読む力:人口統計などのデータから未来を予想する
未来を創る力:自身がこうありたいという願望が未来を形作る

我々の未来はどうとでも変えられる。
なぜならこの世界は念力(意志)の世界だから。

起業家は経済を牽引し、今は小さいがダイナミックな力を秘めている。
僕らの願いを代弁し、悲喜劇を演じる役者。
カネまみれの欲望の海をがむしゃらに泳ぐ冒険家。

どんな未来を僕らの前に連れてきてくれるのだろうか?

起業家はお金でなく、夢を語るべきである。

NAO in Madrid教育プログラムが組み込まれているようです。

5月 122013
 

先ほどタイトルのことをスペイン人から聞いた。
ちょっとびっくり。

NAOについては以前この記事で紹介したので参照に。
http://love.nakynaky.com/?p=5632

通信会社のソフトバンクが人型ロボットを作るベンチャー会社の大株主になった。

「借金まみれのソフトバンクがなぜそんな会社に出資したのだろうか?」

ソニーのような世界的ブランドを作りたいのかもしれない。
海外人はソフトバンクのことを知らないから、
世界に打って出るためにはインパクトがほしいのだろう。

採算は考えずにブランド構築のためだけに100億円の投資。
安いと言えば安いかもしれない。

孫会長は50代半ば。
まだまだ現役。イケイケだな。
リタイヤのリの字も知らない実業家。
政界進出だけは止めてね。

5月 012013
 

Wikiに説明がある。
これによるとアイボ(犬型ロボット)も生産中止。
フランスがNAOを作って、日本が生産を止める。
事情があるんだろうが、
「儲かっていない会社は夢も元気もなくなっていく」ということだろうな。
残念ですね。


4月 272013
 

スペインのメル友がこれ日本で安く売っていないか聞いてきた。
(なかった)
ソニー製かと思いきや、フランスのアルデバランという会社だった。

http://www.aldebaran-robotics.com/ja/Home/welcome.html?language=ja-JP

1体100万円以上する。
eBayで中古でも高値がついている。
人気だ。
ソニーのアイボという犬ロボットが受けたのは記憶に新しいが、
何でソニーは人型アイボを作らなかったのだろう?
(ホンダは商用のものを作っているが)

日本企業は守りに入っているね。
大企業病というやつ。
正直な話、このままだと日本経済も日本人も世界から取り残される。
元気出さないと。
俺もお金を儲けて元気になりたいよ。


ちなみに俺の名前がNAOKIだからややこしいんだよ。
NAOMIとかNAOKOさんとか迷惑そう。
でもかわいいね、このロボット。