6月 032016
 

家族で海や山へ出かけて楽しむ
夏の時期になりました。

もし小さなお子様がいらっしゃるならば
必ず笛を持たせて下さい。
小さいので邪魔になりにくいはずです。

なぜなら未知の不慣れな場所に行くと
子供がはしゃいで迷子になりやすく、
遭難に遭う可能性があります。
その時笛を吹けば近くの大人が感づいて
救援に来てくれやすくなる。

それに登下校の際にも役に立つ。
変質者に襲われそうになったら
笛を吹けばたいてい加害者は逃げ出す。
私はテレビ番組で見たことがあるが、
空き巣泥棒は音に敏感で、
犬の吠えるワンワンや警告のブザー音が鳴ると
犯行に及ぶ前に立ち去る確率が高まると。

その前に人気のないところには行かないように注意。

(以下参照記事)

北海道男児不明、山中でどう生き延びるか 専門家が語る2つのポイント
BuzzFeed Japan 6月3日(金)

BuzzFeed Newsは、ボーイスカウト日本連盟社会連携広報部の木本史郎さんに、子供が一人、山中ではぐれた際、助かるためのポイントはどこにあるのかを聞いた。

「今回の行方不明で気になるのは、大自然のなかで子供を1人にしたこと。こういう状況は作らないことが第一ですが、山登りなどで子供が1人、はぐれるケースは想定できます。はぐれた場合、注意すべきは2つ。万が一に備えて、家族で共有してください」

第1のポイント「動き回らない」ことだ。

「大人とはぐれた場合、そこから動かないことです。親を探さないことです。親は、もしはぐれた場合は『大人が絶対に探すからそこから動かないで』と伝える」
「子供が親を探さない利点は2つあります。むやみに動くと、親子でお互いを探す状況になり、距離が離れてしまうこと。もう一つは体力を消耗しないですむことです。動き回ると喉はかわき、おなかもすく。水分も食料も必要になります。探してもらうのを待ちましょう」

第2のポイントは「音を出す」。 

「大きな声で『助けて』と叫ぶというのもいいのですが、声を出すと意外と体力を消耗します。もっといい方法は笛を持っていくことですが、なければ石や木で音をだすこと」
「3回ずつ、音を出す。これは救難信号の基本であり、人の注意を引き寄せます。1回なら偶然かな、と思われますが3回なら意図を持っている。動物や、自然の音ではなく、人が出していると思ってもらえます。救難信号も3回ずつ音を出します。それと同じように、石や木で3回出すことです」

木本さんはこう話す。

「子供だから、遠くまでいけないだろうというのは大人の思い込みです。山中など高低差のあるところでは、子供は身軽で、意外と遠くまで動ける。自分たちが思っていたより、遠くまで離れていたということはある。約束事を作るのが大事です」


3月 142015
 

AMERICAN EXPRESS (AMEX) は
海外のクレジット会社です。

昨日3月の支払い済み分を何気に見ていたら、
「カメラのキタムラ 写真スタジオマリオ」から
1月24日と25日に7000円と6002円の請求があって
絶対に利用したことのない店舗と金額だったので驚いた。
(私は独身で妻も子供もいません)
それだから今日(土曜日の昼)にカード裏面にある番号に
電話で問い合わせをしてみた。

そしたら調査するのは海外の会社なので
調査結果が出るのは2、3か月後になる。
その時書面にて連絡しますと言う。

日本の会社でしたらすぐのところなのに、
海外ではそんなにかかるとは知りませんでした。

それにしても何で私のカードが不正利用されたのか、
全く見当がつきません。
スタジオマリオにおいて私のカードを利用した人は
確実に日本人です。
どうやって私のカード番号などをゲットしたのか、
偽画面サイトに誘導して番号を打たせたのか、
私には心当たりが全くないです。

ネット利用できる銀行も
偽サイトには注意して下さいと警告している。

今回の件でクレジットカードの利用を止めようとは思わないが、
今後のカード会社のセキュリティの強化を望みます。

追加:クレジットを持ちたい方はここからお願いします。
http://ad.naokilovesyou.com/?cat=2

後記:この時キタムラでスマホ用品を買いました。
スタジオマリオとキタムラとは併設店舗で
(同じ系列会社かな)
レジが同じだったようです。
つまり私の勘違いでした。
大変失礼しました。

10月 192013
 

Microsoft Partnerと偽って
ダウンロードをさせてこようとする警告メッセージには
気をつけて!!
(下記のブログを参考にしました)
http://milksizegene.blog.fc2.com/blog-entry-104.html←感謝です。

私が先ほど何かをアップロードしたら
このブログ内に変な広告が勝手に出るプログラムが侵入した。
しかもMicrosoftのPartnerと名乗り、
ダウンロードさせようとする警告表示も出てきた。
(変だぞと思ってしませんでした)
上のセキュリティーブログを読んで解決できたが、
怖かった。

Nortonのセキュリティーシステムに入っていましたが、
このザマです。
巧妙なプログラムで侵入してくるソフトを作り出せるその頭脳には感動ものです。
なぜFacebookとかYoutubeなどの素晴らしいビジネスをするために
その才能を使わないのかもったいないです。

「美しいことをして儲けなさい」

そうするとお金がザクザク入ってくるのが不思議ではなくなりますよ。

追記:知恵袋から抜粋です。
迷惑な広告をだしている不正なプログラムの削除はIObit Uninstallerで簡単削除が可能です。

http://jp.iobit.com/free/iou.html

完全にフリーでDLでき、ウイルスはありません。インストールの必要もなし。

※使い方
①iobit-uninstaller.exeを右クリックで管理者として実行、
インストールしているプログラムの一覧が表示されます。
②Moreから言語を日本語に切替(英語が分かればやらなくもOK)、
一括アンインストールのチェックボックスに☑入れる
③削除したいプログラムのチェックボックスに☑、
緑色のアンインストールをクリック
④プログラムの削除が終わったら、パワースキャンをクリック、
レジストリの表示がでたら、すべて選択をクリックし、
Deleteをクリックして「はい」を押す。
削除が完了しましたで「はい」で終了。

5月 132013
 

今日ルイジアナ州ニューオリンズで
母の日のパレード中に銃乱射事件があったそうだ。
19人が撃たれて負傷した。(内子供が2人)

下の映像はオハイオ州での事件。
銃を乱射する若者と応戦する警官。

アメリカでの銃による犯罪は、
日本に伝えられる数よりはるかに多いことだろう。
毎日たくさんの方が傷つき死んでいっていると思うと、
「銃の所有」には強い規制をかけた方がいい。
でもできない。

なぜ銃規制が簡単にできないのか?

多民族国家だから。
異なる言語や文化を持つ者がグジャグジャに混ざり合っている国で、
自己防衛本能を解除するなんて不可能です。

「人から人へ架け渡す橋はない」ゲーテ

そんなアメリカをアメリカ人はどうやって束ねていこうとしているのか?

・英語 →英語が話せないアメリカ人はいっぱいいる
・キリスト教 →形骸化している
・お金 →仕事の待遇には差別がある

これでは永遠に平和は来ない。
パクス・アメリカーナはアメリカ人では成し遂げることはできないと思う。

5月 052013
 

池田ゆう子クリニックの院長の娘が誘拐されたことをご存じでしょうか?
院長は離婚した女性で20代の娘が一人いるそうです。
彼女は女性の胸に脂肪を入れ込んで見事なバストを形成できる
超1流の形成外科医です。
(ちなみに僕らが顔などの整形と言っているのは「形成」のことです)
テレビで見た方もいるでしょう。
1回の手術で100万200万円(具体的数字は忘れた)はするが、
その技術がすごいのでお客は後を絶たない。
(女性は偽のおっぱいでも男に好かれたいという欲望はそれほどのものなのです)

http://www.ikeda-yuko.com/clinic.html

彼女の娘が誘拐されたことがあった。
無事帰還できたが。
それからというのもテレビなどの露出は控えているようです。

金持ちが目立つと叩かれる。
それが女性ならば尚更男に嫉妬されてどんな嫌がらせを受けるか分からない。
怖い怖い。

警察は事が起きてからでしか動かない。
しかも給料も低い。(それでも公務員なので安定している。人気倍率も高いらしい)
だから金持ちに対する態度は一般人と変わらず嫉妬に満たされている。
(公務員で金持ちになった人を僕は知りません。金が欲しけりゃそんな仕事を辞めろ)

お金持ちはとにかく危険。
ボディーガードを雇え!!
身を守れ!!

幸運にも日本では銃は違法です。
ですが銃は密輸されて持っている人は持っているそうです。

とにかく金持ちへのジェラシーは理屈ではありません。
アメリカのセレブを見たら分かるでしょ。
十分気を付けて下さい。

4月 272013
 

この3つは無料ですから
ダウンロードしておいた方がいい。
http://www.microsoft.com/ja-jp/security/default.aspx

http://www.forest.impress.co.jp/library/software/glaryutils/

http://www.google.co.jp/chrome/intl/ja/landing_ie.html

金曜日朝、いきなり「黒とオレンジの盾のアイコン」がやってきて
ウィルスを駆除してやるから99.??ドル払えという案内が来た。
Software anchvirusという名前だったような)
インターネットはつながらないし、
マイリカバリをしようとしても開かない。
パソコンを開くたびにウィルス自動駆除(嘘)が始まって
しょうがないのでパソコンを初期化した。

「パソコンのセキュリティー対策は大事です!!」

パソコンがなければお金儲けができないようになってしまいましたので
ネットビジネスをされている方は気を付けてください。

3月 072013
 

ナイフで刺された少年は死んだ。

スペインのメル友であるシーザーは警備員をしている。
彼が言うには

「多民族を抱える欧米では、暴行・ナイフ・ドラッグ・ピストルなどはどこで見かけても不思議でない」

スペインではロシア人、ウクライナ人、モロッコ人、アルジェリア人、ブルガリア人、ドミニカ人が騒動をよく起こすそうだ。

スペインの警察:http://www.policia.es/

日本はどうなるのか?

欧米文化に迎合している日本でも同じになるだろう。

だが国際化の波は止められない。
今より更なるセキュリティーが必要だ。
警察は事が起きてからしか動かない、情けない存在。
(税金泥棒に等しいかも)
セコム、ALSOKなどの警備会社がもっと身近になり、より頼りにされてくるだろう。
残念だがこれが現実なのです。

「男たちよ、愛する人や家族を守れ!!」