4月 222018
 

船原徹雄氏がウェブセミナーで言っていた。
下の商品で3億円を売り上げたそうです。
(日本総代理店契約を結んでいる)
(利益率は30%)

このハードウェアウォレットは
(コールドウォレットとも言う)
仮想通貨を保持保管するための機器です。

コインチェックのネム流出事件をきっかけに
ネット上で保持するのは危険だとして
一気に売れ出した。
(ネット上の保管のことをホットウォレットと言う)

通常の物販で30%の利益率はすごいことです。
(私はスーパーマーケットで働いていたが
利益率は5%くらいです)

転売せどりをして利益率30%は難しい。
上手い人でしたら20%台ですが、
売れていない在庫を考慮したら
たちまち10%台に低下するでしょう。

船原さんはヤフオク初期から転売をしている。
最初はeBay輸入をして儲けたみたいで、
そこからどんどん拡大していって
物販という業種のほとんどを経験した。
現在は各部門ごとにプロを雇って任せている。

そんな彼はウェブセミナーで漏らしていた。
物販は現金(キャッシュ)がなければ話にならないと。
上記のコールドウォレットだって
大きな資金を用意できなければ
現物を取り寄せられなくて、
3億円も売ることができなかったわけですから。

もしあなたが物販で億単位の売上げを狙うなら
価格差を狙った転売せどりはするな。
(これは単純転売と言う)
ライバルとの価格競争にさらされたり、
商品管理や資金管理に限界が出てくるから。

月に10万20万円程度なら単純転売でも構わないが、
大きくなりたいならば

1、他社ブランドの日本総代理店
2、自社ブランドの製作と販売

両方をするか、せめてどちらかを選べ。
(その時点で単純転売は卒業してしまうこと)

そこで重要となるのがキャッシュの有無です。
昨今の船原さんのメルマガでは
コンサルや塾などの情報を売るのに躍起になっている。
キャッシュに困っているのだろう。
というよりずっとキャッシュのことで
頭を悩ませていると言ってもいいでしょう。

製造者も現金の前払いで受け取りたい。
売掛金なんてできれば避けたい。
だから現金払いの小売業者を贔屓にする。
値引きしてやってもいいかなと思う。

結局ビジネスはキャッシュがあれば有利に立てる世界です。

キャッシュが欲しくてビジネスしているのに、
ビジネスを維持するためにキャッシュが消えていく。

これは「ビジネスの奴隷」だなと彼は嘆いていた。

ヒヨッコの私が言うのも何ですが。
船原さんはアメリカのオレゴンに配送センターを持つ。
それを売却してしまう。
それを終えたら日本の茨城にある配送センターも売る。
(上のウォレットの総代理店権利も売却してしまおう)

代わりにマレーシアに倉庫・配送センターを作る。
(彼はシンガポール在住)

これから拡大していくであろう
東南アジアの消費に対応シフトする。

簡潔に言うと日米欧の市場から
東南アジアの市場へとフォーカスすること。
(中国は競争が激しそうなので様子見で)

先日彼はベトナムへ行ったらしい。
何をしに行ったのか分かりませんが、
着眼点が鋭い人だと思います。
中国の10年後の国がベトナムだから。

キャッシュが売上げに比例して必要になる物販。
小売ビジネスと物流ビジネスとの両方で
拡大を目指すといいと思います。

【追記】
我々は社会のルール内で生活している。
それを破ればたちまち法から罰せられる。
法による強制力は我々を法律の奴隷にさせている。
誰もが何かの制限を受けている。
自身の肉体であっても制限になっている。
だから誰でも人間である以上、
神のような自由を手にすることはできない。
であるならばいかなる制限であろうと
物怖じしない雄々しさと
揺るぎない気高さや志を
胸に刻み込んで生きるべきではないか。
経営者はキャッシュに屈しない闘志を持つべきではないか。
人の隷属性を無効化できるのは
人生への果敢なる挑戦において他にないだろう。

12月 292017
 

UBERとは個人とタクシーとをつなぐスマホアプリです。
この種のアプリを「配車アプリ」と言う。
これの登場でもっと気軽にタクシーが利用され、
タクシー免許を持つ個人でも
特定の会社に属すことなく簡単にビジネスができます。

※無免許タクシー(白タク)はもちろん違法です。

ソフトバンクがそのUBERの株式の15%を
既存株主の持ち株売却から取得したそうです。
それ以前にも東南アジア版配車アプリ「Grab Taxi」や
インドのそれ「Aniテクノロジーズ(通称オラ)」や
中国の「滴滴出行」にも出資しているようです。

孫正義会長は移動手段の簡便化による
交通の革新を狙っているのでしょう。

ヒトが動けばカネも動く。
経済効果が期待できます。

休日でも家の中で過ごす人が多くなった昨今、
(繭化、コクーニング現象)
野外イベント系のビジネスにとっても
よいニュースですね。

私は運ばれるものの中で一番高価なのが命だと信じる。
あらゆるモノが0円に向かっていくデフレ状況において
人の命だけは0円にはならない。絶対に。
だからもし何を運ぶのが一番尊重されるのかと言えば
人間を運ぶことだと答える。
つまり宅配業よりもタクシーやバス、航空業の方が儲かる。
儲かっていないとすればやり方にどこか間違いがある。
業界の革命を切望します。

実のところ世にある仕事は命に関わるものばかりです。
飲食業の衛生不備による食中毒で死ぬ人もいるし、
欠陥ビルを作って軽度の地震で倒壊し死ぬことだってある。
私が今働いているビニール製品の製造会社で
2017年に指を切り落とした2人の女性がいる。
(命に別状無し)
電通では若い女性の命が自ら断たれた。
理解不足の上司と社内の無慈悲な暗黙文化によって。

人の生命は絶えず脅かされている。

生まれた瞬間から決定付けられた死。
亡きものとする運命の車輪が
我ら命の上を容赦なく想定外に転げ回っている。

2018年は「自分の死を引き受ける生き方」について
私と共にあなたにも考えてもらいたい。

「それでも俺は生きる。命を捧げてもこれがために」

その「これ」を見つけてもらいたい。

それがあればあなたは死に引きづられない。
死に強姦されず、やがて死を君臨するだろう。

死よ、驕るなかれ。

【追記】個人タクシー業を開始したい人は
必ず必ず防犯の仕切りボードを取り付けて下さい。
世の中の人は善人ばかりではありませんから。

http://www.myfavorite.bz/takeuchikougyou/pc/contents13.html
http://www.tohopress.co.jp/safety_guard.html

9月 082017
 

日本の配送業者の大手3社
日本郵政、ヤマト、佐川
は荷物が99%確実に届けられます。

ですが先進国であるはずのイギリスでは
荷物は雑に扱われ(中国人のように)
しかも“不在票”というサービスが無く、
受取人不在なら玄関先に適当に置いておく。
時には中のモノが盗まれるケースもあるとか。

どうしてこんなサービスなのかと言うと
荷物を指定された場所に“移動”させるのが
配送業者の仕事だ、という考えだからです。
受取人の元に届けるのではなくて。

もしあなたが海外輸出しているのでしたら
イギリスは顧客として除外した方がよさそうです。

どうしても送る場合は
段ボールには布テープとビニールテープで3重巻き。
クッションは多めに。

これを嘆くのもいいですが、
前向きに考えるとすれば
イギリスでの配送ビジネスにチャンスありですね。

それにしても日本の当たり前は
世界の当たり前ではない。

我々は日本に住めることに
もう少し感謝があってもいいのではないかな。

そう思ったら自分の仕事に誇りを持とう。

12月 242016
 

この産業用?ロボットを見て下さい。
現在1億2千万円。

これを本当に買った企業があるらしい。
PR目的だろうが。
性能は価格に比して劣るようだ。

「これが売れるのなら、自動車でも船でも売れるんじゃね?」

もしこの記事を読んだ人が
自動車販売代理店に従事しているならば、
いつでも辞められるように
今から準備しておいて下さい。
(というか私ならすぐ辞表を書きます)

「通信販売恐るべし」

もしあなたが運転を好きならば
(タクシー免許を取って)
UBERに登録してみるのもいいでしょう。

UBERとは自動車配車サービスのことです。

もし販売が好きならば
アマゾンで自分のオリジナル商品を売るのもいいでしょう。
(単純転売商品は価格競争になるから遠慮した方がよい)

いっそのこと自動車修理の道に進んでみますか?
修理作業をネットで売ることはできないからです。

「怒涛のネットエイジが押し寄せる」

今の10代20代はネットで購入することを
違和感なく変とも何とも思っていない。
40歳の私もとっくに慣れてしまった。

「インターネットによりビジネス業界が一変する」

世界のトヨタも“必ず”通販で売るようになる。

販売代理店よ、親会社に依存するな!!

10月 222015
 

http://terralogi.com/
(テラは大地という意味)

船原徹雄社長が経営している
配送代行会社です。
物流所在地は茨城県常総市にあります。
少し前に洪水で被害に遭われたようですが、
保険もあってか何とか立て直したそうです。

【サービス内容】

月額会員料:9800円
最大保管期限:60日
FBAシール、簡易検品、写真撮影など

※2015年10月現在
中国輸入、海外輸出は準備中とのことです。

(今年スタートしたばかりの会社ですから)

船原さんの会社は物流系ではなくて
物販系ビジネスで成長した人なので、
これらは早期に対応してくれるでしょう。
(自分の物流サービスを自分でも利用する)

個人で月収100万円ある人は
代行業者を利用した方がいいと思います。
梱包・発送だけでも時間がかかり、
その分リサーチや学習の時間、
自分のフリータイムを奪われます。
雑用はお金を払ってでも誰かにやらせて
自分は自分でしかできないことをする。
もしくは自分のステップアップのために
有限な時間を使う方が賢いでしょう。

【私から余計なお世話】

月額制よりも年額制の方がいいと思う。
もちろん前払いで。(約12万円ですか)
そうすれば顧客が安定して管理しやすく
月々の計算も楽だし、
未払い顧客の対応に頭を抱えずに済むからです。
年額一括で払えるくらいの月商すら持てないなら、
会員としては入会させるべきではない。
つまり敷居を高くして、
自社の物流事業を洗練させるのを優先すべきです。

「B to Bがいい」

私はきりん便という倒産した代行業者を知っています。
対応が遅くて内部は混乱していたように思えます。

まずは企業相手のビジネスで
収支の安定を図ったり、
システム全般の準備を整えるのが
先決だと勝手に思ってます。
一考にでも。

7月 312015
 

下の記事をヤフートップで読んだ。

(ドシャ降りの)雨の日に
引越しの荷物の運搬をした。
段ボールが濡れて中の衣服が濡れた。
そのクリーニング代をその従業員たちが弁償した。
そんな記事です。

私が解決策を言ってやる。
簡単だ。

アリさん引越社は
雨の日には営業せず休業すればよい。
家屋の大工さんのように。
そうすれば荷物は絶対に雨で濡れない。

もしくは雨の日になったら
従業員は出勤せずに家で待機すればいい。
そうすればクリーニングの弁償も糞もない。

他の引越業者はお客を増やすチャンスです。
「アリさん」がダメでも
クロネコがあるさ、ドラえもんがいるさ、カンガルーもいいな。

雨にも負けず、風にも負けず…

そんなアリさんでいてほしい。

(以下記事)

アリさん引越社を提訴=弁償金天引きで従業員ら―名古屋地裁

時事通信 7月31日(金)17時11分配信

「アリさんマーク」のテレビCMで知られる「引越社」(名古屋市中川区)の従業員らが、客の荷物が破損した際などの弁償金を給料から天引きされるなどしたのは不当だとして、同社やグループ会社に約7000万円の支払いを求める訴えを31日、名古屋地裁に起こした。

訴状によると、同社は引っ越し作業中に発生した荷物の破損や交通事故などの賠償に必要な金額を「弁済金」名目で従業員の給料から天引きしていた。

原告の元従業員鈴木拓也さん(28)は「衣服が入っていた段ボールが雨でぬれた際、クリーニング代約15万円を現場にいた6人で払わされた」と振り返り、「違法に取られたお金を返してほしい」と訴えた。

代理人弁護士によると、原告は20~30代の男性従業員ら12人。東京や大阪でも同様の訴訟を予定しており、原告は計約30人に上る見込み。

引越社は「訴状の内容を確認できていない。内容を精査し、対応を検討していく」とコメントした。

(以上)

1月 222015
 

今年3月31日をもってメール便が廃止される。

http://www.kuronekoyamato.co.jp/mail-haishi/index.html

コンビニでDVDを配送するのにとても重宝していたのですが、
これで安い方法はゆうメールしかなくなってしまう。
郵便局まで行くのが大変だ。

理由は「信書」がどうのこうの。
よく分からん。

今までメール便を何百回と利用していたが、
配送ミスはゼロ。
すごい。

『郵便法』なんて法律があることも知らなかったが、
とにかくDVDせどりをしている方は、
ゆうメールで行くしかなさそうです。
きついよ。

今日は頭が痛い。

9月 112014
 

靴の中敷きに穴が開いたので
この商品を買いました。

(配送料514円がお試しで無料でした)

朝の7時半に注文して夕方に届きました。
早い。

http://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=200042080

おそらくアマゾンは今後、
自社で配送システムを構築するはずです。
今はヤマト便と郵便を利用しているのかな。
(佐川急便は撤退した)
2社はアマゾン以外でも配送業務があるので、
どうしてもアマゾンの要求をすべて聞けない。
だからアマゾンは独自の配送システムを考えるはずです。

それにしても当日配送は
客側にはうれしいサービスですが、
配送ドライバーはキツイですよね。

「時間に追われる仕事は楽しくない」

私が運送ドライバーで働いている者なら、
個人タクシービジネスを始めます。
失敗してもガソリン代と時間だけがマイナスですから。
眠っている需要を掘り起こします。

6月 222014
 

表には出てこない青山秀一さんのセミナーを見た。
私はここの会員です。
物販のプレイヤーたちがノウハウをバンバン伝えてくれます。
http://fmclub.asia/lime/
月額4980円。安い。

中国輸入をしている人は
必ず中国の買い付け・国際配送をする業者が必要です。
彼らは中国人であり、
同じ中国人のショップに対して
必ず値引き交渉や中国国内送料の無料を要求します。
(中国では値引きは当然)
たくさん日本人が買うのでそれが可能になるのです。
日本人は付けられている値段のまま買うので
以下のものが代行業者の利益になる。

・日本人からの買付手数料
・値引きした差額
・国内送料分
・(月額利用契約料)
・為替差益

「中国人は商売が上手」

青山さんはそこに目を付けて
中国広東省広州市にて代行業務の会社を設立し、
来月7月に移住するようです。
(香港に本社を置くといいと思いますよ)
(香港は広州省の一部で地理的に近い)
(ちなみに広州は広東語であり、北京語とは発音が全く違う言語)

リサーチをしてくれる中国人は
儲かる方の代行業をやりたがるのです。
リサーチは1個200円とかですので嫌がる。
だからリサーチャーを見つけるのは至難です。
リサーチは日本人の主婦に頼むのもありだと思います。
1個1000円とかで。

それにしても青山さん(28歳)
中国の商習慣にうまく溶け込めるだろうか。
日本とは違うよ。
役人の横着横暴も聞いています。
難癖つけてワイロを要求してくる。
「これこれが法に違反しているぞ。カネを渡せば黙っていてやるぞ」

「中国ビジネスは中国人パートナー次第」

独身なら現地中国人女性と結婚するのもいい。
それくらいでないと成功できないと思う。

僕が10年位前に中国に関心を持った時、
北京で引越し業などをしている柳田さんのことを知りました。
大変参考になりますよ。

http://www.douten.asia/author/38