5月 172018
 

無料で開設できる2つのネットショップ
「BASE」と「STORES」が
倉庫サービスをすでに開始している。

BASE:https://apps.thebase.in/detail/21

STORES:https://stores.jp/depot

特にSTORESの方は
ダッシュボードから簡単に依頼できて
大変楽ちんです。

※倉庫ビジネスも競争が始まっているぞ!!

アマゾンのFBAサービスも
売れたら自動的に発送や入金管理をしてくれますが、
ライバルセラーがひしめき合って
値引き競争やライバルの嫌がらせなどに
日々悪戦苦闘で休まることはありません。
最悪の場合には何もこちらは悪くないのに
アカウントを停止させられることもあると聞きます。

その点独自で制作するネットショップは
悠々と運営ができます。
ただしSEO(検索上位表示)対策のために
PPC広告などで集客を欠かさずやっていかないと
全然売れないショップで退場する羽目になります。

販売するということは大変なことです。

それにしたってこの環境の変化は
「資金の少ない個人でも勝負(商売)できる時代」
だとはっきり教えてくれます。

スマホのフリーマーケットでモノを売る
「メルカリ」や「ラクマ」

知識・ノウハウや特技を教える
「ココナラ」や「WoWme!」や「teacha」

能力のある個人がその力を試せる場所は揃っている。
(インターネットがすべてを変えた!!)

1つの会社に依存する窮屈な生き方に耐える必要はなくなった。
女性でも会社を起こしたり、自立できる道ができた。
家事育児の合間であっても小遣いくらいは稼げる。

そこで唯一重要なことは
「あなたにはお金と交換できるような能力があるかどうか」
それが問題なのです。

※ここで言う能力とは、
世の中にいるたった1人の誰かが
あなたのソレを必要としていればいい
それだけもので十分なことです。

私は安い時給や月給を否定していません。
もし収入を上げたいならば
ビジネスの能力を磨きなさいよ、
能力なき者が低収入に文句を言うなよ、
それを言いたいのです。
能力を活かせる場所は探せばいくらでもあるのだから。
(この日本において)

この記事を読んでいるあなたは
文章を読む習慣ができていると思う。
何か学べることを求めてこのブログを読んでいると思う。

読めるという能力も立派な能力ですし、
学びたいという気持ちを持っているだけでも能力です。

昨日の自分から今日の自分へと
知らなかった→知った
分からなかった→分かった
があればあなたの能力は1つ上がった。

そんな毎日を過ごせ。

5月 042018
 

私は自分で読んだ本をアマゾンFBAで売っていますが、
なぜだか手数料が高いなと思って調べたら
「FBAの料金」が値上げされていました。

【FBA配送代行手数料】(2018年5月1日から)

メディアの小型サイズ:226円
メディアの標準サイズ:360円

(文庫本や新書、DVDは小型に分類される)

サイズによる100円以上の差。
以前はその差はほぼなかったのだが
今回の値上げで
「中古本せどりはほぼ終わったな」と言える。

同じメディアでもDVDやブルーレイは
小型サイズに分類されるので、
中古本をメインで売っている人は
・FBA発送を辞めて自社発送に切り替えるか
・中古本を扱うのを辞めてDVDにするか
それくらいしかない。

アマゾンは本の販売からスタートした会社だから
メディア商品の品揃えに対して、
世界一のプライドを持つ会社だと私は信じていた。
それが今回の値上げで
ロングテールの中古本を売る人が激減し、
彼らはヤフオクやメルカリで売るようになるだろう。

「アマゾンよ、FBA手数料を元に戻せ!!」
(業界のプライドがあるならば)

電子書籍を売る方が圧倒的に儲かるのは分かる。
でも紙媒体の書籍を好む人がまだまだいる。
アメリカのことは知らないが、日本においては。

と、叫んだところで私らにはどうしようもない。

FBA手数料が値上がりしたのは理由があるのだろう。
やはり人件費かな。

・忙しすぎて従業員バイトが集まらない。
・せっかく来てもすぐに辞めていく。

時給を良くしても労働人口が減っているので
FBA手数料を上げてもあまり解決にはならない。

外国人労働者を積極採用するしかない。
人材派遣会社に依頼するのもいい。
もしくは自ら人材斡旋会社を作ってしまうか。

日本だけでなく世界においても
ネットで買い物する人はどんどん増えていく。
それに伴って作業する従業員も必要となる。

人口統計を強く主張していた
ピーター・ドラッカーを知っている経営者が
今楽に経営をしていることと思う。

だから私は読書しているのだ。

12月 102017
 

メルカリというフリマアプリでは
モノを売った売上金で
別に売られているモノを買うことができる。

先ほどメルカリに残っている売上金で
ビジネス系の本を買おうとしたら
売上金払いができずに、
どうしてなのかネットで調べたら
メルカリは銀行業務の免許がないので
それは違反になるから禁止したとあった。

★売上金で購入する方法は

スマホの「設定」→「ポイント」→「売上金でポイントを購入」

※なぜかPCではこの方法はできません。今のところですが。

それと注意すべき点があります。
それは売上金の現金振込の申請期限が
1年以内から90日以内となったこと。

もしあなたがメルカリで1万円以上あるならば
(1万円以下は手数料210円かかる)
即、振込み申請をして下さい。

90日過ぎればポイントでしか使えなくなるから、
メルカリで買うことがめったにない人は
振込み申請のクセを付けて下さい。

それにしてもネットで言われるように
確かにメルカリはお金を預けておく銀行ではない。
売上金を預かり放しでは金融法に抵触する。

「いっそメルカリは楽天のように銀行業に参入しますか?」

世界一のオークションサイトであるeBayも
PayPalを子会社化した。
メルカリはイギリスにも進出しているから
イギリスのネットバンク「Skrill」を買収してはどうか?
海外への資金隠しや
ブックメーカー(スポーツ賭博)に利用されるから
日本では認可されないかもしれないが。

そうだとしたらやはり日本の銀行と協業するのが賢明か。
大分県の豊和銀行はどうだろう。
http://www.howabank.co.jp/
ネットバンキングもしているし、
規模的にちょうどいいのではないか。
株価は100円割れで、今崖っぷち。
救世主を待っている。

話がそれるが
今後銀行は統廃合が加速するだろう。
なぜなら銀行の数が多すぎだから。
(都銀から地銀まで優に100以上ある)
(信託銀行やその他も合わせるとどのくらい?)
ネットバンクもあることだし
全国に30行くらいで十分です。

本当にお金に困っている人に貸さない銀行なんて
そりゃ儲からないわな。

お金という血液を循環させる銀行の役割が
今後必要とされなくなることは考えにくい。

とするならばメルカリは銀行業に挑戦してみよう。
「メルカリ銀行」いいんじゃないかい?

9月 072017
 

フリマアプリNo.1のメルカリが
自転車シェアリング事業に参入するそうです。

何で今更メルカリがお門違いのビジネスをするの?

すでに大手が開始しているのに。

NTTドコモ
セブンイレブン
COGOO(ベンチャー企業かな?)
COGICOGIという企業は撤退した。残念です。
(それともメルカリに買収された?)

現在メルカリはアメリカとイギリスで
日本と同様のフリマサービスを展開中。
私はアメリカ版を拝見したことがあるが、
利用者が多くてこれは伸びると思った。
脱帽です。参りました。

日本ではメディア品専門のカウル
ブランド品専門のメルカリメゾンズ
アイテムカテゴリーを特化したフリマアプリをリリース。
これらはメルカリ事業と関連して相乗効果を発揮する。

でもどうして自転車シェアリングなんかするのだろうか?
理解不能です。
(まさか中国のマネじゃないだろうと思うが)

自転車を買わなければならない。
駐輪場を確保しなければならない。
既存のライバルと差別化したものでないといけない。

勝ち目はあるの?

私ならブランド品のシェアをする。
ラクサスという会社のように。
傷がついたりしてダメになったら売ればいいので。

というよりも“ライブコマース”を伸ばす。
動画ストリーミング配信により
販売者が生で視聴者にプレゼンし売る。
(実演販売ができる)

販売にエンタメ性を持たせる
「メルカリチャンネル」は絶対にイケる。
なぜならジャパネットタカタという成功事例があるから。
経営資源を集中させて強化していくのが
今のメルカリにおいてはベストチョイスです。

資金のあるうちに専用スタジオ作りますか?

話によると米国アマゾンが
ライブコマースから撤退したそうです。
どうしてかは分かりませんが、
他の企業、チャンス!!

もし我々のような一個人でも
スマホで商品のライブ販売ができるとしたら
テレビCMはジ・エンドですね。

「人は知らない人からはモノを買わない」

ライブコマース有名人が出てくるかもしれない。

というわけで結論を言うと
メルカリよ、自転車シェアリングは止めておけ。

(以下記事抜粋)

メルカリがシェアサイクル事業参入へ、
2018年初頭に「メルチャリ」サービス開始を目指す
9/7(木) 【fashionsnap.com

メルカリが9月7日、
オンデマンドシェアサイクル事業参入の
検討を開始すると発表した。
サービス名称は「メルチャリ」
今後は検討を重ね、
早ければ2018年初頭に事業を開始するという。

シェアサイクル市場は中国を中心に急速に拡大中。
「モバイク(Mobike)」
「オッフォ(ofo)」
の2社が中国から上陸するなど、
日本でも広がりを見せている。
メルカリでは子会社のソウゾウが運営を担当し、
リアルでのシェアリングエコノミーの
促進を目指すといい、
フリマアプリ「メルカリ」とも
連携していく可能性があるという。
事業を開始した場合は、
都市部からスタートする予定。

(以上)

12月 252016
 

以前記事で紹介したことがありますが
amatenというギフト券を
ネット仲介売買している会社がある。

手数料を上げたようだ。
(欲出しやがったな)

売買成立手数料:0.99%
振り込み手数料:499円

「ギフト券仲介業にチャンス!!」

私ならすべての手数料を無料にする。
それにより膨大な集客を見込める。
集客ができたら広告主が後を絶たないので
広告費で荒稼ぎできる。

このSNS時代でも
「私の新商品を宣伝したいのですが…」
という企業は多い。

【ギフト券を買う=購入意欲が高い】

私もアマゾンギフト券を買っています。
なぜならアマゾンでの買い物が多いから。

PPC広告よりも費用対効果が良さそうです。

しかも手数料無料になったら
売り手に困らなくなる。
現在Amazon以外の楽天ポイントやDMMは
まだ売り手が少なくて
DMMを買おうと思っている私としては寂しい。

今後ギフト券が無くなることは考えづらい。
むしろ拡大する。
(ビットコインよりも有望だと思う)
なぜなら企業にとって前払いというのはとても助かるから。

もう一度言う。

「ギフト券仲介業にチャンスあり!!」

ところでフリマ業界の王子メルカリが上場するようだ。
ここは個人対個人のCtoCビジネスで、
日本だけに留まったら売上げ規模の拡大は期待できない。
だからアメリカ市場に挑戦している。

手数料が10%でもよく売れていて、
業界2番以下はその差をなかなか縮められずにいる。

以前メルカリに勝つ方法で
フリマアプリのFacebook化を提唱したことがある。
売買相手同士の顔が見えると言うのも
少し抵抗があってまだ時期尚早かもしれない。

そこで考え直してみた。

「ラクマは楽天ポイントを安く売れ」

ラクマでは楽天ポイントが使える。
私も利用した。
そうすることで楽天市場で買い物をする人を
ラクマに引き寄せる効果が出てくる。
これはバカにできない。

メルカリでもポイント制があるが、
安く売ることはしないだろう。
なぜなら手数料10%との相殺があるから。

それに対抗策しての手数料無料戦略ほど
王者メルカリに脅威を与えるものはない。

手数料無料ではやっていけないから
「広告費を払えば上位表示されるサービスはどうだろうか?」

ヤフオクではすでに行われていることですが、
これは大いに収益に期待が持てる。

自分の商品を上位に持っていきたい人は
実に多いだろうから、
広告収入は手数料無料をカバーできるでしょう。

念のために言うが私はラクマの回し者ではない。
メルカリにもがんばってもらいたい。
なぜなら山田一族だから(笑)

「アメリカに進出するメルカリはどうなるのだろう?」

アメリカのCtoC事情は知らないので
あまり偉そうには言えないが、
「アメリカ人はそんなバカじゃねぇぞ」
ですね。

悔しいけどネットサービスのほとんどはアメリカ発祥。

eBay、Google、Yahoo、Facebook、YouTube、Twitter、Airbnb、UBER、その他

勝算はあるのかな?

勝つためにはアメリカ法人を任せられる人物が必須。
いるのかな?

私ならお隣さんの韓国に進出したい。
反日感情を持つ韓国人が多いのも知っているが、
日本が好きな若い人も多い。
物流網は整っているし、決済サービスも安心だし。
人口は5000万人で申し分ない。

今韓国の女性大統領の不祥事で国内が混乱している。
(叩けばホコリの1つや2つ誰でも出てくるものさ)
何とか経済面で応援できたらとも思う。

話をまとめると
紙媒体・テレビ媒体の広告費が
ネット広告へと流れ込んできている。
それをつかみに行けってことでした。
終わります。

12月 242016
 

この産業用?ロボットを見て下さい。
現在1億2千万円。

これを本当に買った企業があるらしい。
PR目的だろうが。
性能は価格に比して劣るようだ。

「これが売れるのなら、自動車でも船でも売れるんじゃね?」

もしこの記事を読んだ人が
自動車販売代理店に従事しているならば、
いつでも辞められるように
今から準備しておいて下さい。
(というか私ならすぐ辞表を書きます)

「通信販売恐るべし」

もしあなたが運転を好きならば
(タクシー免許を取って)
UBERに登録してみるのもいいでしょう。

UBERとは自動車配車サービスのことです。

もし販売が好きならば
アマゾンで自分のオリジナル商品を売るのもいいでしょう。
(単純転売商品は価格競争になるから遠慮した方がよい)

いっそのこと自動車修理の道に進んでみますか?
修理作業をネットで売ることはできないからです。

「怒涛のネットエイジが押し寄せる」

今の10代20代はネットで購入することを
違和感なく変とも何とも思っていない。
40歳の私もとっくに慣れてしまった。

「インターネットによりビジネス業界が一変する」

世界のトヨタも“必ず”通販で売るようになる。

販売代理店よ、親会社に依存するな!!

8月 152016
 

コストコはアメリカのグローバル企業で
日本にはすでに25倉庫もある。
今も拡大の最中のようで
それは儲かっているということでしょう。

HP:http://www.costco.co.jp/p/

創業は1976年で私と同じ生誕年です。
今年で40周年か。
日本の大型小売店がどんどん合併や閉鎖していく中
よくがんばっているよね。

私は「なぜコストコが存続できているのか?」を考えてみた。

1、有料会員制だから
2、倉庫=店舗だから
3、商品をパレットごと陳列しているから
4、内装に手を出していないから
5、まとめ買いによって単価を高くできるから
6、郊外立地だから
7、その他

コストコの企業経営は「経費削減」をモットーとし
その浮いた経費分を低価格に反映させている。

なぜそれほどまでに低価格にこだわるかというと
有料にて会員になってくれる顧客に
少しでも得してもらいたいから。
だからこそ無駄をカットしていくスタイルを取る。
倉庫がすなわち店舗になれば
中間マージンを排除できるわけだ。

私は安売りには限界があると確信している。
ダイエーもそうだったが、
安く売れば売るほど自分の首をしめていき
ついには固定費をまかなえないほどになるから。

コストコはどうだろうか?

有料会員にするところが効いている。
そうすることで顧客の囲い込みができ、
顧客管理も同時にできる。
https://www.costco.co.jp/p/registerlimitedemail
会員だけのメルマガにて広告し
広告費も安く抑えていることでしょう。

ちなみにアルバイトの最低時給が1200円です。
(他の小売店では800円から)
人件費はケチらないようですね。

それでも私はコストコには頭打ちがあると思っている。
なぜならアマゾンのようなEコマースがあるから。
小売りのライバルとして恐ろしく強い相手。
(私はアマゾンが大好きです)
コストコは彼らに勝てないと思う。

だったらコストコもネットで販売すればいいじゃないか。

そうなると顧客住所までの配送コストがかかる。
大量売りが基本だから店舗での販売に限られる。

「ではコストコはどうしたらEコマースの脅威を退けられるか?」

入場料を上げ続けている
ディズニーランドがいいヒントになる。

『ビジネスの遊園地化』

そういえばマクドナルドの藤田田さんが
これからの日本は「富国楽民」と言っていた。

コストコに行くと
「楽しい」「おもしろい」「ワクワクする」
そんな店舗を作れば生き残れると思う。

ネットショッピングは気軽で簡単、便利です。
しかもアマゾンは届くのが早い。
でも楽しくないんですよね。
やっぱり人間なら楽しみが欲しい。

コストコさん、
映画館や温泉施設を併設してみたらどうでしょうか?

それほどお金をかけずに済ませたいなら
コインゲームを置きますか?

コストコに限らず
どんなビジネスをしている会社も
上のキーワードだけは頭に入れておいて下さい。
でないとダメになるよ。


アメリカだけに商品はビッグサイズです。

8月 062016
 

楽オク(楽天オークション)が10月で終了します。
同社は「ラクマ」というフリマアプリが拡大していることから
楽オクはこの際思い切って撤退し、
経営資源をそちらに集中させるつもりでしょう。

いい判断だと思う。

私はフリマアプリ=メルカリとばかりに
他はほとんど見ていませんでしたが、
先ほど確認したところ
「メルカリとほとんど変わらないやん」
とちょっとガッカリでした。

手数料無料でしたので試しに出品しましたが、
メルカリの牙城を崩せるか疑問です。

なぜなら手数料無料が終われば
会員数の多いメルカリに顧客が戻ってしまうからです。

私は何度も言っている。
ビジネスで勝つためには『差別化』しかないと。
(マイケル・E・ポーターの意見でもある)

「ラクマがメルカリに勝つ方法で何か策はあるのか?」

私ならリアルフリマのように
お互いの顔が見える取引システムに変える。

Facebookでは実名・顔出しが原則で、
そうであっても現在利用者は定着している。
(私も利用している)

つまりフリマのFacebook化をすればいい。

双方でケンカが起こるかもしれない。
仲良しになってしまうかもしれない。

今日SNS時代にあって誰もが
瞬時に遠くの人と交流が持てるメリットを享受できている。
これはすごいことです。
過去にこんなことはなかった。

アメリカではFacebookなどで結婚した夫婦もいるし、
日本でもそんなカップルがいることと思う。
もちろん負の側面もあることは否めません。

ですがこのネット世界は後戻りできないのです。
科学技術が嫌だからと言って頑固に否定しても
その科学をこの世から消去できないのです。

あなたはこのSNS時代をどう生きる?

私は徹底的にそれを利用せよと言いたい。

話を戻すが
ラクマは今のままではメルカリに勝てない。
(LINEモールのように廃止になるかも)
だから何か差別化戦略を講じるべきです。

私なら実名・顔出しを義務付ける。
それと楽天ブログと組み合わせる。
(Facebookでもいい)

【CtoCフリマ-双方向コミュニケーション-】

ラクマよ、フリマアプリ界を変えろ!!

追記:
ヤフオクとモバオク両社の動向が気になります。

「みんなPCやガラケーは使わずに
スマホを使って買い物をする」

これを知って下さい。

8月 042016
 

(お金があるという前提で)
リアルビジネスをどうしてもやれと言われたら
私なら倉庫業をします。
(自分でも利用して貸すこともして)

なぜなら今後誰もがネットショッピングで購入するから。
(リアル店舗に行かずにスマホで)
その兆候はすでに出てきている。
現にリアル店舗が次々と閉鎖している。

今後その跡地がどう変貌していくのか、
悲観的でもあり楽しみともなっています。

(過去にした予想はこんなの)

・マンションなどの住宅
・駐車場
・貸しルーム、貸し倉庫
・ミニ映画館
・ミニ教室
・高齢者向けヘルシー飲食店
・温泉施設

それはさておき。

倉庫業にも差別化が必要です。
船原さんの倉庫会社は思うに苦戦中のようで、
少し前にビジネス路線の変更を書いたことがある。
http://love.nakynaky.com/?p=11655
それから考え直してみた。

船原さんの会社は広州にも倉庫を持つ。
ということは中国全土で倉庫業を展開できることは
十分に可能なことだと言える。
(桑田さんと橘さんが1から構築した)

中国でもネットショッピングは進んでいる。
なぜならタオバオというeモールサイトがあるから。
(運営会社は阿里巴巴で流通額は世界一です)
その他にもネット販売サイトがあることでしょう。

とすると倉庫業は中国でも必要になってくる。
決して時代遅れではないビジネスだ。

場所はどこがいいか。
四川省の成都がいい。
なぜなら日本の会社でどこもそこに倉庫を置いていないから。
(このサイトを参照)

四川省の人口は8000万人で(地図で調べてね)
省都の成都は人口1400万人で申し分ない。
現地のイトーヨーカ堂が賑わっているとも聞いている。

成都のことはこの男に聞け!!
金伸行さん:Facebook

船原さんは中国で物流網を構築する。

現時点の3箇所の物流倉庫:茨城、アメリカ(オレゴン)、広東省広州
それに成都を足す。

中国では今、異常に関税が高くて
中国へ輸出することが困難になっている。
ですがそれは解消に向かう。
なぜなら中国には外貨があふれかえっているから。
中国企業は稼いだ外貨を銀行にて
自国通貨である中国元に変える。
中央銀行は中国元の紙幣が足りなくなるので増刷する。

「外貨と自国通貨の洪水」

これはインフレ(物価高)を引き起こす。
中国政府はインフレだけは避けたい。
(デフレの方がまだマシ)
なぜならインフレは不動産価格を高騰させ、
庶民の生活物価も押し上げる。
そうなると金持ちはいいが、所得の低い農民は飢える。
その時中国各地で暴動を起こされるだろうから。
(クーデターは怖い怖い)
世界の世論は中国政府の怠慢を非難する。

だから政府は必死に外貨を減らそうと
外国投資を奨励する。
それと同時に金持ちから税金をむしり取って
公共事業でそのお金を行き渡らせる。

モノとカネとヒトの流れが
中国全土を駆け回る。
(景気がいいというやつですな)

-オレゴン-茨城-広州-成都-

この流通網にて大きなビジネスチャンスが待っている。
(重慶という都市は何と人口3000万人。ここも挑戦?)

船原さんの会社には優秀な橘さんと桑田さんがいる。
どうでしょうか?

何々。中国人もバカではない。
カネのためならパクリでも違法でも何でもする。
そんな奴らがウヨウヨいる中国へ
ノコノコ行っても返り打ちに合うのが関の山だ。
撤退する外国企業も多い。
何か策でもあるのか?

あるにはある。
最強の経営だと私が信じている方法が。
だけど実現がマジで難しく正気ではない。
なぜならそれをしている会社は世界に1つもないから。
(あのグーグルもしていません)
しかも今後においてもそれをする会社は現れない。
絶対に現れない。
なぜなら理想論だから。

しかしながら私から言わせれば
中国で勝つにはそれしかないと信じる。

恥ずかしながら書きます。
少しお待ちを。

余談:私が船原さんならネット物販事業は縮小させる。
なぜなら今後はメーカーが直接ネット販売してくるから。
(製造小売りですね。アパレルで言うところSPA企業)
だからメーカーにでもならない限り、利益を出せなくなる。

私は今(単純)転売をしていますが、
資金を作れたらメーカーになるか別の事業をするつもりです。

※ラクになっていかないビジネスは辞めていこう。

8月 042016
 

私は岐阜に住んでいて
FBA納品先は岐阜の多治見倉庫です。
(アパレルだけは埼玉の川越倉庫)

今日は8月4日ですが、
8月1日夕方にゆうパックで配送したものが
今日4日の朝に受領されて在庫反映された。
調べてみたら8月2日に到着している。
(郵便配達員の落ち度ではない)

8月3日は何をしていたの?

おそらく私の妄想ですが、
岐阜多治見倉庫の従業員の数が足りていない。
この夏の暑さでバテて欠勤したのか、
そもそもアマゾン倉庫での仕事がきつくて
すぐに辞めてしまう人が多いのか。
(理由は24時間稼働だからだろう)

私もアマゾン倉庫内を動画で見たことがあります。
ローラーブレードを履いて移動しているものを。
日本ではどうなのか知りませんが、
商品数が膨大で訳が分からなくなる。

以前は商品をカテゴリーごとに決まった倉庫に送っていました。
・神奈川=メディア品
・大阪=大型商品
などと。
またそのように戻るかもしれませんね。

とにかくアマゾンも人材難で大変です。
それを解消する方法は
東南アジアからの出稼ぎ労働者の雇用です。
(派遣業が儲かりそうですね)

もはや日本だけの力では成り立っていかない
グローバル経済になってしまっているのです。