7月 012017
 

あなたは理解できないかもしれないが、
人は誰でも皆、生まれいずる前に
「今回は○○を学ぶぞ!!」という課題を
それぞれが自身の魂に刻みつけて生まれる。
それを宿命と言う。

宿命を変えることはできない。
宿命は自身の魂の合意の上で決定されるので、
それにケチをつけても仕方がない。

背負わなければならない
向き合わなければならない
人生の課題

仏教がこの世を簡潔に説明してくれている。
『四苦八苦』だと。

(Wikiから抜粋)

四苦八苦とは、仏教における苦の分類。
苦とは、「苦しみ」のことではなく
「思うようにならない」ことを意味する。

根本的な苦を生・老・病・死の四苦とし、
根本的な四つの思うがままにならないことに加え、

・愛別離苦(あいべつりく)愛する者と別離すること
・怨憎会苦(おんぞうえく)怨み憎んでいる者に会うこと
・求不得苦(ぐふとくく)求める物が得られないこと
・五蘊盛苦(ごうんじょうく)五蘊(人間の肉体と精神)が思うがままにならないこと

の四つの苦(思うようにならないこと)を
合わせて八苦と呼ぶ。

私は思う通りにならない世界(娑婆)を
それはそれで楽しい世界だとみなしている。
なぜならすべて欲望通りになってみろ、
世界は混沌に包まれる。

あなたは秩序の中で生きたいですか?
欲望まみれの混沌に生きたいですか?

それに私はあなたに、この世界は
意志の力でどうとでも変えられることを知ってほしい。
なぜなら今あるこの世界をそうしたのは
他ならぬ我々の意志だから。

未来がどうなるか誰も正確に予測できない。
1982年に公開された『ブレードランナー』という映画は
2019年の世界を描いている。

見たら分かってもらえるが、
スマホみたいな道具が出てこない。
今日当然のように皆が所有しているのに
未来作家でもそれを予測できなかった。

確かに未来は分からない。
が、意志する力であなたのより良いとする未来、
その方向へと向かうことは今からでもできる。
時間と共に旅する冒険の始まりです。

スマホができたのだから
きっと未来は面白い。

意志ある冒険は楽しい。

7月 112015
 

中国の義烏(イーウー)という中国最大の卸市場で
輸入代行などのビジネスをする佐藤大介社長が言っている。

「今中国は就職難で、優秀な人材を雇いやすい」と。

(彼の会社)
http://www.china-import-text.com/company/

私はそれは今(2015年)だけのことで、
来年2016年からは「売り手市場」になると予想している。
(特に優秀な人材は引っ張りだこ)
なぜなら中国国内の人件費上昇は
消費力の増大を意味しているからです。

「収入が増えれば消費も増える」

当然の論理です。

需要と供給のバランスが悪化し、
中国の製造業はパンパンになる。
過当競争があるので価格に転嫁しにくい。
よって人件費の上昇分を工場のオートメ化で対応する。
しかも日本人以上に中国人はオフィスワークにこだわるので、
中小企業の肉体労働は雇用確保に頭を悩ます。
日本で若者を「金の卵」と言われた時代が
中国でも起ころうとしているのです。

それでも13億人を抱える消費は衰えない。
グングン伸びる。

【世界を激変させるほどの恐ろしい消費が
地球すらも食い殺そうとしている】

私は資源の枯渇が心配でたまらない。
もしかすると資源戦争が勃発するのではないかと
本気で悩んでいる。

数年前に中国人によるマグロの買い占めが起こって
価格が高騰したことを覚えているでしょう。
それがすべての食料品や消耗品に広がる。

何が言いたいのか。

「日本人よ、資源を確保せよ!!」

カネにものを言わせて力づくで
日本の資源を買い漁る中国人が出てくる。
(もうすでに出ているか)

私は中国に対して日本のように豊かになるなとは言わない。
だが軍事力を誇る中国が小さな島国を武力で制圧し、
日本の有限なる資源を略奪する可能性がゼロではない限り、
日本男児である私が提案するのは、
「資源の増産と節約」を訴えたいのだ。
それは日中間だけでなく世界規模で。

あなたは『ソイレント・グリーン』という映画を知っているでしょうか?

人間を食糧にする(共食い)という内容です。
厳密に言うとそんなことをすれば
狂牛病のように脳がスカスカになって死に絶えますが。

食糧難はもうすぐそこまで来ている。
国際的問題として各国が議論し、
解決策を模索されることを願う。

今から日本ができること。

「生産者を援護せよ!!」

“バイオ分野”

日本人の英知を世界が待望している。

ところで
実は私はもう一つ危惧していることがある。
それは人口が増えると『優生学』が台頭してくるという予感だ。
これについては長くなるのでいずれまた。

3月 042015
 

現在DVDなどのメディアを転売(せどり)してますが、
(特に洋画)
それが嫌になってしまった。
なぜかって言うと
DVD(映画)が芸術作品としてでなく、
商品としてしか見れなくなったから。
これっていくらくらい儲かるのだろう?って。
(何てケチでスケベ心なのだろう)

僕は映画をそれほど熱心に好きというわけではない。
ですがたまには観る。
そして観るからには芸術作品として堪能したい。
だって人間の喜怒哀楽(恐も含む)の感動が詰め込まれたものだから。

完全なる人間理解を求めたい僕としては
映画はその一助となってくれているもので、
DVDせどりは金銭目的以外の何物でもないことから
止める方向にシフトしていこうと思う。
ダウンロードの脅威もあることだし。

さてここでもう一度仕事とは何かを考えてみた。

私は好きなこと・情熱を持てることを仕事にしようと言ったことがある。
まず私が今考える定義を言ってみる。

好きなこと(楽しいこと):お金を払ってでもしたいこと
情熱が持てること:1円も得られなくてもすること、すべきこと
仕事:やりがいのある、楽しい、ワクワクするような課題
労働:生活費のためにしなければならない作業(服役に近い苦役)

仕事の定義だけは悩んだが、
そこに金銭の有無は関係ないこととした。
なぜなら子育ては親の仕事であるし、
病人は治すのが仕事であるし、
子供は健全なる社会人になるのが仕事だから。

私のDVDせどりは労働であり、情熱の持てることではなかった。
やってみて始めて知ることができた。
もっと自身の内なる声を探求しようと思う。

まあ私のことは追々このブログで語るようにするが、
問題は「労働を仕事にするにはどうすればいいのか?」だ。

現在人のほぼすべてはお金のために働いている。
(誰が何と言おうとカネの奴隷だ。私も)
だからお金を増やすことには熱心だが、
減ることには恐怖心と猜疑心で満ち満ちている。
この世界は無常だというのに。

私は思い切って提案したい。
お金を基準にするのは止めようと。
そうすれば労働従事者は仕事の方へと目を向けるようになるし、
労働環境は人をモノではなく仲間という目線でとらえるようになる。
ですがこれは難問難題ですね。
人は自身のことをより深く知ろうとしないから。

さて大事なことを言い忘れてはいけないので言う。
仕事と労働には決定的な違いがある。
それは自主的か強制的か、能動的か受動的か、だ。

楽しいことなら自ら進んでするに違いないはず。
そうならば仕事とは誰に言われるまでもなく
自分から率先して行なうはずのもので、
身体を強制して向かわせるものはすべて労働か作業だろう。

ここであなたの毎日のスケジュールはどちらに属しているのか、
ちょっと立ち止まって考えてみてほしい。
できればその比率を楽しい方向へと引き上げられるように努力してほしい。
あきらめずに1歩ずつ。
きっとそこへたどり着ける。

「ところで人が率先して行ないたいものは何だろうか?」
「楽しいの正体は果たして何なのだろうか?」

人が楽しむためには必ず他人が必要だと思う。

歌が好きだからといって独りカラオケは虚しい。
ゲームが面白いからといって部屋に閉じ籠ってばかりも寂しい。
高級レストランに独り座って黙々と食べるのもみじめ。
調理が得意だからといって自分用だけのものを作るのもハリがない。
ゴルフがうまいからといって飛距離を飛ばしてもスゴイと言われない。

独りはつらいよ。

自己と他者の間にある何か、それに人は楽しさを感じる。
それを得ようと夢中にさせるもの。
何か分かるかな?

『つながり』

これこそが楽しいの源泉だと私は確信している。

上記のことをまとめて
仕事とは何かという定義を改めてしてみよう。

◎仕事とは、他者とつながれる喜びを分かち合うこと。

人は皆、他人なしではどうにも生きていけない動物なのだ。
自分以外の人間にすがりたい。
つながることで生きる力を注いでもらえる。
「私は生きる許しをもらえているんだ」

つながりとは『感謝の交換』とも言えなくもない。

逆に労働とは、狭量な檻に自己を閉じ込めてしまう牢獄。
番人はお金という強迫観念。
説得できない。

私は日本人すべてにこの真実に気づいてもらいたい。

7月 082014
 

松たか子さんが歌うディズニーアニメの挿入歌です。
このアニメで歌う松さんの声を聴いていると
天性の歌声とは思えない。(悪口ではない)
何だか演劇における発声訓練の賜物のような気がする。
小さな頃からものすごく練習したと思う。
(歌ではなく発声の方を)

この歌は歌謡曲として聞くのではなく、
登場人物の感情の叫びを
役者、松さんが表現したものと捉えた方がいい。

つまり松たか子さんはシンガーでなく役者だということです。

※個人的意見です。悪しからずご了承お願いします。
(クレームは受け付けません)

4月 192014
 

アマゾンレビューが非常にいいという理由で
『道』という映画を見た。

旅芸人のザンパノに小銭で買われた
ヒロインのジェルソミーナは少し頭がトロい。
ですが悪知恵の働かない純粋で従順な女性です。
彼女は料理も芸もできない。
人のために役に立てない自分が情けなくて
綱渡りの男にどうしたらいいのか打ち明ける。
彼は「小石だって何かの役に立っているさ。
ザンパノは君のことを必要としているよ。
ただ口に出して言えない無骨な男さ」

と言って励ます。
彼女はザンパノの伴侶になることを決意する。

『カイジ』の電流鉄骨渡りの章において
「人そのものが希望だったんだ」と主人公カイジは悟りますが、
苦役を伴にできる人がただそこにいるだけで
人は生きる希望が持てる。

ジェルソミーナの存在はザンパノには無くてはならない存在だった。
が彼女がいる時はそれが分からない。
失って初めてそれに気づく。
どれほど自分の人生を明るく楽しいものにしてくれたのかを。
ジェルソミーナは希望をもたらすザンパノの天使だった。
それを自分の意思で彼女を見捨てたという無知と引き換えに、
生涯孤独という懺悔を背負うことになる。

彼女は多くの役に立てた。
幸せになるための『気づき』を彼に教えたのだから。

「役に立ちたい!!」

その純粋な心が人を天使にするのです。

天使がたくさんいる世界になること。
そこは天国になる。

4月 152014
 

主人公の少年の父は
ナチスドイツのユダヤ人強制収容所の所長です。
彼はユダヤ人を殺害して死体を焼くことをしていました。
少年の美しい母は、
夫がまさかそんな人道に背く卑劣なことをしているなんて
全く夢にも思っていなかったようです。
ストーリーの半ば過ぎ頃にその事実を知らされますが、
それ以来夫婦の溝は埋まることはできていません。

「これは命令だから。国を強くするためにやらなければならないんだ」
と主張する夫に対して

「あんなことをするなんて野蛮よ、どうしてあなたは…」
「私の夫がモンスターだったなんて…何でそうなのよ…」

泣きはらした顔で食卓に座る妻を見つめる子供2人。
両親の喧嘩を見るほど子供にとって辛いことはない。

妻は収容所近くの家から引越しすることですべてをごまかそうとする。

なぜ男は妻や恋人を悲しめるようなことをするのだろうか?

永遠の女性ではないからです。
「俺はこの女性のために、この命すべてを懸ける!!」
そんな女ではないからです。

男なら誰でも『女神』を心に抱いている。
母親以上の『母神』をいつも探している。

『美しい天女が男を勇者に変える』

いつしか男はその願いがかなわないことを悟ると
体裁を繕うために“メス”を受け入れ、勇気と挑戦を無くす。
性欲・金銭欲・名声欲に負けて、獣と化す。

なぜ女は男を奮い立たせ、困難に立ち向かう強い勇者に変えることができなのか?

不都合なものを受け入れられず拒絶するからです。
自分の幸せに悪影響を与えかねない事実隠ぺいに躍起になり、
女の受容力は発揮されないままになるのです。

女であれば誰でも自分の幸福を約束してくれる『王子様』を夢見ている。
自分だけを愛してくれる優しい白馬の王子様。
きっと自分の元へと現れてくれると信じてひたすら待っている。
女の出産適齢期は20代後半だ。
待つことに耐えられなくなった時、
女はエサをばら撒いて“オス”を寄せ付ける。
こうして女は“メス”に成り果てる。
「仕方がない」というあきらめの言葉と共に。
だからこそ女は【美しい人生訓】を子へ教えることができない。

どうすれば殺戮の歴史に終止符を打つことができるか?

答えは簡単だが、実践が困難極まる。

である。
男を果敢な勇者にし、女を偉大な教師にするもの。
それは愛である。

愛の実践だけが悲しみの歴史を阻止できる唯一のものである。

これさえ理解されれば必ず…
でもどうやって?
私の方がその答えを知りたい。

4月 122014
 

『夜と霧』をレンタルして見ました。

夥しい痩せ細った死体を無造作に
ブルドーザーで大きな穴へと引きずり落としていく映像は、
紛れもない事実であったことを私たちに知らせてくれる。

「なぜ人はこの世界を平和にできないのか?」

己の欲望に克てないから。
他者の内部に自己を見出すことができないから。

残虐性というのは過去世において
我々の魂が恐竜などの動物に入り込んだ時に刻まれたものです。
時に人が残虐非道な行ないをしてしまうのは、
欲するままに快楽を貪った動物時代の名残です。

あなたは今や人である。
人に生まれ変われたということは
欲望を乗り越えた先にある“高み”にまで
努力と忍耐によって登り到達することができることを意味する。

カルマとは乗り越えなければならない課題。
この先も人類史を歩まなければならない我々にとって
カルマの克服は避けては通れません。
でないと永遠に悲しい歴史を繰り返す。

わずか30分のドキュメンタリー映像です。
必ず見て下さい。

3月 172014
 

ポール・バーホーベン監督はこの作品に
「たとえ肉体は滅びても、魂は生き残れるか?」
というメッセージを込めているそうだ。

「マーフィーが奪われなかった唯一のものが魂なのだから」

目覚めたロボコップが最初に妻子の夢を見ることに疑問を感じたウエラーが、
監督に質問したところ、返ってきた答えがこれ。
現在はTVドラマの演出も手掛けるウエラーは大いに感銘を受けたという。

(DVD&ブルーレイでーた2014年3月号から)

ここで「魂とは記憶のことなのか?」という問いが当然出てくる。

魂とは記憶ではない。
『求美性』だ。
読んで字のごとく「美しさを絶えず求める性質」です。
その存在を補助する役割を負うのが記憶です。

・ポジティブな記憶
・ネガティブな記憶

どちらも魂を美へと驀進させるために必要不可欠なものです。

『記憶とは美への経験値』

その経験値を積めば積むほど、人は限りなく美に近づく。

分かるだろうか?

要するに「記憶よりも経験の方に価値がある」ということだ。

このことから導き出される答えは
記憶(メモリー)は魂のことではない。

誤解が多いようであるから
くれぐれも注意してほしい。

1月 052014
 

1500個だけの生産。価格はいずれ上がりそうです。動向はチェックします。

映画の『プレデター』はシリーズ化されて、中でも初代が今もなお根強い人気を持っている。
(僕も3回くらい見ましたが、面白かったですよ。まだの人は是非に!!)

この映画の主人公シュワちゃんの吹き替え声優である玄田哲章さんが、
どうしたわけかネット上で録音中に心臓発作で亡くなったとある。
デマですね。今も現役バリバリですよ。

ネットというのは怖いところです。
僕もプライバシーなどには十分注意しますが、
ついつい熱くなってしまって…

上記のブルーレイに付属するフィギュアを紹介する動画です。
ファンには垂涎ものかもしれません。