5月 142017
 

松田聖子さんと神田正輝さんとの娘である
神田沙也加さんがハワイにて結婚した。
そして都内のレストランで100名くらいの披露宴。
両親とは違って今時風の地味婚ですね。

「一生に一度(であるはず)の結婚式」

その盛大さを追求しなくなったのは
将来離婚してしまうかもしれないという
約束反故の責任回避の意識が働くからなのか。

日本での結婚は
役所に婚姻届を出せば
それだけで夫婦になる。
結婚式など挙げなくても。

私は結婚式というのは無くならないと考えている。
なぜなら女性のウエディングドレス願望は消えないから。
生涯1度だけ許されるお姫様扱い。
こんな快感をみすみす捨てるわけがない。
何としてでもきれいな自分を周囲に見せつけたい。

そう考えるのが女性というものだと
物分かりのいい男性がいるとしたら、
いっそ盛大な結婚式を挙げてやってほしい。
年収分くらいの出費をはたいてもバチは当たらない。
そのくらいのお金なら二人の協力で何とかなる。
新婚旅行は離婚さえしなければ、
いつでも何度でも行ける。
夫婦旅行と同じだから。

ところでお金を稼いで使わないバカがいる。
作られた料理を食わないアホと同じだ。

貯金通帳の残高が増えるのが楽しい?
冷蔵庫に食材を入れっぱなしにしたら
腐っていくだけなのが分からないのだろうか。

スピリチュアリズム的に言うと
お金は神様からの預かりもの。

それは美貌で生まれついたとか、
駆け足が速いだとか、
外国語ができたりだとかという才能と同じで、
神から授かった力です。

それを世のため人のために使わないのは
(自分自身も人の内に含む)
はっきり言って神への反逆罪に等しい。
しばらくしたら全部取り上げられるだろう。
それはそういうものだ。

「お金は使うもの」

皆、稼ぐことは難しいことを知っているが、
使う方もそれ以上に難しいことを知るべきだ。
それも学び。

あ忘れず言っておきたいが、
金持ちになってもケチな人は
本当の金持ちではないから。
なぜならそれ相応の対価を払わないのは
資本主義に反する行為。
本物の金持ちは資本主義がどういうものかを熟知している。
それゆえに次から次にお金が手に入るのだ。

7月 212016
 

細川社長のところの女性社員が独立したようです。

http://www.toshi14.com/

その彼女の経歴をメルマガにて知りました。

・親の事業失敗(3連チャン)
・借金まみれの貧乏な家庭
・友達が寄ってこないからいつも独りきり
・ひきこもり3年間(中1から)
・中卒でトリマー見習い
・腕を痛めて夢をあきらめる
・夜勤でひたすら携帯電話フキフキの単純労働
・細川社長の弟子になる
・現在月収100万円以上

派遣だと思うが単純労働の時の彼女の頭の中を
メルマガからちょっと抜粋してみる。

1日10時間、
ただひたすら無言で携帯電話をふいていると、

もう頭がおかしくなりそうでした。

でもわたしにはこれしかできないと思っていたので
ただふくだけの【ロボット】になりました。

考えることといえば

『どうやって頭を空っぽにするか?』
『どうやって寝ながら拭くか?』
『どうすれば時間が早くすぎるか?』

そんなことばかりです。

毎日毎日、とてもつまらなくて

『私の人生、このまま終わるんだろうな-』

と思いながら…

(下略)

この後に派遣切りの不安から
細川さんのメルマガにたどり着き、
即弟子入り希望して今に至る。

私も単純労働はした。
同じ作業を立ちっぱなしで数十時間すると
本当に頭が変になる。
自分をロボット化できたらどんなに楽か。ができない。
内なる声が持ち上がってくる…

「自分を捨てるな」
「感情をマヒさせるな」
「ロボット人間に幸福はないぞ」

なぜなら人の幸福とは、
感情という測定器を使いながら
理性の極致である魂(神)を知り、
魂を純なる美にまで練磨させ、
魂を完結へと導く感動体験すべてにある。
ロボットには感動も感謝もない。

※人間そのもののような高度なアンドロイドが未来に誕生するが、
魂とそれとの議論はここでは控える。混乱させるので。

私のメンター昌清さんがこう諭す。(江原さんではない)

「かまわぬ。求めればええ。己の欲するを欲望のままに」
「1を2に、2を3に。切りがないとはいえ、それも学び。しかしじゃ…」
「幸福追求の意志すら捨てるなどと、もはや人霊とは言えぬな。悲しいことじゃ」

感動を捨てた拝金ロボットよりも
カネのためなら詐欺でも恐喝でも何でもやる。
そちらの方が気合いがある。

人を殺してでも飢えたりなどしないと誓ったスカーレット。
飢餓への恐怖は食では克服できないのに。
なぜならすべてを潤し満たすのは感謝だけだから。

とはいえ気合いと意志力。
認めてあげなければならない美点だろう。

「意志の力は神の揺るがぬ想いに似る」

ひきこもりニートはいい人たちなのだ。

追記:上の女性の名前は、鈴木あみさんです。
借金から逃げていない両親ですから
(普通は離婚するものなの)
気合いがある。根性がある。たくましい。

10~20年前だったら
100円ショップ経営なら成功できたと思う。
今はもう遅いけど。

2月 142016
 

福岡に住む森英次さんは
中国輸入・中国輸出をしている。
よく中国へ行くのですが、
佐賀国際空港では
何とチケット999円で上海へ行けるので、
よく利用しているそうです。
どうして佐賀空港が安いのかというと
利用者が少ないからですが、
佐賀県民が税金でその維持コストを負担しているそうです。

佐賀を探そう➡Wiki

彼曰く「空港は多すぎだ」と。
近くに福岡空港があり
上海行きは定期的に発着している。
(至近距離でかぶってるよ)

「佐賀県民はなぜ空港を作るのに賛成したの?」

理由は時代に取り残されたくないからだと思う。
地方の焦燥感から出たのだろう。
まあ作ってしまったのは仕方ない。
これからどうするかだ。

私が佐賀県知事なら
東京・大阪から人口を奪う政策を開始する。
つまり移住を促す。
もしくは中国人に来日してもらう。
彼らのお金を佐賀に落としてもらう。

そうするためには『魅力』を磨くしかない。

ローマ研究家・作家の塩野七生さんが
ギリシャのアテネとスパルタでは
どうしてアテネが首都に選ばれたのかを
こう答えている。本で読んだ。
アテネの方が魅力的な都市だったからと。
スパルタはスパルタ教育で
アテネはすべての人に門戸が開かれていたそうだ。

「魅力とは何だろうか?」

1つは制限をかけないことにあると思う。
(支配しようとしないことでもある)

2つ目はその人、その場所にしかないもの。
(希少性・物珍しさ)

3つ目は失敗しても再チャレンジできること。
(寛大性、寛容性)

スピリチュアリストは
「それって神様のことじゃんか」
と言うかもしれませんね。

まあ簡単に言えば
『天国』を作ればいいということですね。

私は佐賀天国運動を応援します。

追記:上海は世界の金融大都市になるよ。

8月 082015
 

ミュージシャンの相川七瀬さんの過去世で

「声の出せない女の子だった。
歌い始めはちょっと勇気がいるはずです」

と占星術師の女性が言っているのを
テレビで聞いたのを覚えている。
その経験が声を出すような仕事に就いている原因だとも。
(ネットで検索すると出てくる)

「アタシ、もっとおしゃべりしたいの」
「もっと多くの人に、もっと遠くまで声を出してみたいの」

それを知って相川さんの歌を聴くと、
シャンペンを開けたような
溢れ出てくるような声に聞こえてしまう。
(大阪出身も因果かもしれない)
飽きるまで歌えばいいさ。

それを私がなぜ今も記憶しているのかは
その方面にとても関心があったからです。

前世なんて本当なのか?…
だとしたら死んでも無にならないな、俺たち。
いいよな…

まあそれは置く。

ところで現在の私は少し助言できるのではないか。

上の占星術の方は女性ではなく「女の子」と言った。
だとすると相川さんのその時の過去世は
若くして亡くなったとみなしても怒られないだろう。
(原因は分からない)
(私には過去世は見通せないからだ)

どうしてそれが言えるのかというと
声の出せない女性がどうやって結婚相手を見つけられるのか。
またそんな女性を慕ってくれる男性がいるとも思えない。
いたとしても彼女の方が避ける。
カップルの間を接近させるのは
コミュニケーションしかないから。
ということは彼女はその時
結婚も出産も経験していないということになる。
初潮を迎えれば女性なら誰でも
いつかは子供を、と意識するはず。

彼女は声を出したい。(=おしゃべりしたい)
結婚して子供も欲しい。

他の多くの女性と変わらんやんけ。
チャンチャン。

と終わりにしたら
ここが神学ブログではなくなる。
(スピリチュアルは江原さんの専売特許だから、
私は神学、霊魂学と言っておいたほうがいいかな)

確かに過去世というものはある。
魂は不滅であり、この物質界は修練の場であり、
我らすべては魂を純化させるために
幾度も生まれ変わるのだから。
それを繰り返すことによって
『人類は魂として一つ』であることに気づき、
そのように生き、最終的に涅槃に至る。

そう、一つであるならば
我らの過去世の歴史もすべて
ただ、一つで織りなされていることになる。

つまり個々の過去世など意味はない。
そんな取るに足らぬ因縁に束縛されず、
今あるがままの自身に立ち返り、
過去世を神世にすべく生きなければならないはずだ。

どうやれば成就できるのだ?

「歴史を受け止めろ」

それも1つだ。

補足:上の占星術師は森めぐみという方です。
職業を占星術師ではなく、
未来透視家としているようですね。
(未来は、あなたが求めた先にあるものです)

http://ameblo.jp/happy-rules/

更新が少ないので
セミナーなどの活動は積極的に行なっていないのかも。
ひっそりと独り静かに1to1の対面セラピーか。
それが一番効果があると思う。

12月 172014
 

江原啓之氏は現在個人カウンセリングを休止している。
理由は現世利益的な悩みで
ワガママな要求ばかりの相談者に疲れたから。
ですが今江原さんに求められているものは
個人カウンセリングだと思う。
占い師が今だに持てはやされているのがそのいい証拠です。

過去記事で私は
江原さんが有料セミナーをすることに反対したのですが、
訂正します。すいません。

「高額なお金を取って個人カウンセリングをすべきです」

なぜなら高い金額を払ってでも相談を受けたい。
それは自身や身内の幸せに
真剣に向き合っている証拠とも言えるので、
(このご時世でお金を稼ぐことは至難の業)
その真剣な人たちに対して
江原さんの能力を使うべきだと思う。
それに江原さんは「愛あるホスピス」の実現を願っている。
それにはお金がかかる。
カウンセリングで稼いだお金で実現すべきです。

日本人への霊的真理の普及は
江原さんの書籍で十分間に合っている。
本なんて安いから貧乏人でも買って読めるはずだ。
しかも分かり易しく書かれてある本だから伝わる。

大金を稼ぐ経験も霊性を高めるいい学びになります。
それに大金を使うこともそれ以上に学びが得られる。
両方経験すべきです。
(私もそのためにビジネスをしている)

お金は悪くない。
お金を稼ぐことも悪くない。(数十億円クラスまで稼ぐ)

私たちは資本主義の恩恵を受けている社会に住んでいる。
お金を否定してはいけない。
お金は汚くない。
汚くするのは人間の悪意。

テレビ出演していた数年前に
もしかしたら大金を得られた経験をお持ちかもしれません。
でも今は持っていない。
あったらセミナーで5000~10000円なんて取らずに
悠々自適に布教しているはずですから。

とにかく江原さんに求められているものは
個人カウンセリングです。
歌や舞台はその稼いだお金でされればいい。

私は考えが変わった。
善良な人がお金を稼いでお金を使う。
それが経済社会に好影響をもたらす。
悪意を減少させる効果もある。

『お金はそれに相応しい人が持つ』

江原さんがたくさん持って下さい。

11月 282014
 

佐々木浩一氏のメルマガからの抜粋です。
http://ameblo.jp/sasaking-koichi/

さて、今日はお金がテーマです。
儲ける前に絶対にしておかないといけないこと。
これをしないと、絶対にお金は増えない、
そういう話です。

静岡県在住の女性から頂きました。

ーーーーーーー
佐々木さん、おはようございます!
いつもためになるメルマガ配信
ありがとうございます。

先日の自作自演がテーマの時に質問者さんに

お財布の中にお金を増やすには、
とにかく働いて、できるだけお金を使わない。

という回答をされていましたが
その内容について質問させて下さい。

お金を使わないというマインドは
「私にはお金がない」という前提を
作ってしまいお金に執着して
しまうようにも感じたのです。

例えば自分にとって心地よいモノゴトを
選択する時に妥協せずに選ぶと
お金がかかる場合があります。

でももしお金に執着してしまっていれば
自分の心が求めているモノゴトは
横に置いておいて金額だけみて
選んでいくようになってしまうのでは…?
と思ったのです。

それでは自分の求めているイメージも
薄れていき寂しいような気もしたのです。

よく自分の求める暮らしがあるなら
水準を合わせていくことが先
ということを聞いたことがあります。

お金に関しても執着を
手放すためにも出すことが先!!とか…

やはりお金がない時は極力使わず
貯めるということにフォーカスを
するということですか?

すみません…
うまくまとまりませんでしたが
お目に止まりましたら回答いただけると幸いです。

佐々木さん、お忙しい日々を
どうか心身ともに健やかにお過ごし下さいませ(^^)

これからもメルマガ楽しみにしています!
ーーーーーーーーー

お心遣いにとても感謝いたします。

さて、世間で言われている
金持ちになる本に書かれていることが
色々あって迷いますよね。

お金を増やしたいのなら、
入ってくるものより
出て行くものが小さければいいんです。
(キャッシュフローポジティブ)

これは、曲げられない事実です。

これをどうやって覆す気でしょうか?

お金が貯まれば、
安心感が生まれます。
そして想像力を使えるようになります。

その後、あなたがおっしゃるように
人生をより豊かにするための
お金の使い方を試せるようになります。

でも、基本はどこまで行っても、
入ってくるものより
出て行くものが小さいこと。

=======
お金を使わないというマインドは
「私にはお金がない」という前提を
作ってしまいお金に執着してしまう
=======

のではなく、

=======
自分の求める暮らしがあるなら
水準を合わせていくことが先
ということを聞いたことがあります。

お金に関しても執着を
手放すためにも出すことが先!!
======

ということを考えていることの方が、
僕には執着が強いように見えるのですよ。

お金がないときに
お金がある人と同じ水準にするのは
不可能なのになぜそれをしようとするのか?

これこそが、お金に執着している
ことだと思いませんか?

さあ、まとめますね。

重要なのは順序だということです。
土台から先に作るのは当然です。
お金の土台はどこか?

・キャッシュフローポジティブ
・最低半年分の生活費の貯金
・借金無し

これが土台です。
この土台の上に好きなもの積み上げてください。

以上です。

では、今日も元気に笑顔で!
ありがとうございました。

佐々木

(ここまで)

[以下私の回答になります]

やっぱり佐々木さんはカネ第一主義なようです。
自分起点の人生を送ってもらいたいなんて嘘ですね。

土台とはお金の有無ではない。

「自分はどんな人間になりたいの?」(理想の自分)
「自分の人生をどう生きていきたいの?」(ライフスタイル)

つまり夢や希望と言えますね。
これがまず土台にあらなければ
自分の居場所も方向性も狂ってしまう。
それが分からない日本人が多いから、
お金に転換して勝ち組・負け組と差別が生まれてしまう。

質問者の女性はこれをまず定めて頂きたいと思う。

私はお金を使わない生き方は賛成できない。
なぜならお金を手に入れただけでは不完全で、
使ってこそ初めてお金は完成するからです。
使うためにお金を稼ぐのです。
使うことがなければお金は最低限あればいいでしょう。

もし質問者が収入を増やしたいとお考えならば、
お金は知識と経験を得るために使ってほしい。
最初は小さな金額からでもいい。

例えば高級フランス料理を食べてみるとか、
ワンランク上のホテルに泊まってみるとか、
独身ならば有料パーティーに参加してみるとか、
子持ちならば動物園へエサをやりに行くとか。

知識や経験が増えると想像力が生まれます。
お金がただあるだけでは「失う恐れ」を生むだけです。

※失うことへの恐れが世界にはびこる拝金主義の原因

収入を増やすためには確実にその想像力が必要です。
ものを売る時、自分が買ったことのないものなんて売れません。
そのサービスが良いのか悪いのか、
自分が受けたことがなければ力がこもらない。
心底からいいですよと自信を持って紹介できない。

とにかく自分の理想とするものへ近づくために
お金を使ってほしい。
お金が少なければ少ないなりに、
その中から選択して(選択肢は少なくなるが)
小さなステップを歩んでほしい。

お金は理想を実現するための道具です。
道具に翻弄される人生では悲しいだけじゃないですか。
すべての日本人に理想をかなえて頂きたいものです。

ちなみにスピリチュアルにおける人生の理想は
経験と感動を積むことです。
お金ではなく。