4月 222017
 

オンラインコミュニティを始めようと思ったら
以下の3つの方法があります。

1、DMMのオンラインサロン
https://lounge.dmm.com/

2、Synapse
https://synapse.am/
(2017年にDMMが子会社化してます)

3、オリジナルサイト

現在1と2の代行手数料が分かりません。
売上げの10~20%くらいだと思いますが。

ですが決済代行や入退会の手続きが面倒な方は
1か2を選ぶのがいい。
コンテンツ制作や交流に集中できるので。

1のDMMは2016年から始まったサービスで、
サロンに入会するとFacebookへの誘導が来ます。
Facebookに依存したサービスとなるので
Facebookが禁止してきたらアウトです。
その予防策を講じている最中だと思いますし
私はDMMを一番おすすめします。
なぜならすでにDMM会員に2300万人いるので
その人たちにアプローチできるから。
入会したい人も審査があるので
DMMの中から探した方がいいでしょう。安心。
ヘンなサロンに入って時間もお金も無駄にならない。

2のSynapseは
やがてはDMMシナプスに融合されるだろうから
1と2は同じものだとしていい。

今後は楽天やサイバーエージェントなどの
IT企業が続々参入してくるはずなので、
DMMがぶっちぎるためには
各業界の有名人や著名人を直にスカウトしていく。
早ければ早いほどいい。

大企業でなくてもチャンスはある。
結局個人のブランド力がすべてを決めているので
専門分野に特化すれば大手に負けないだろう。

ブランドのない一般人である我々個人は
オンラインサロンに参入できないことはない。
審査の必要のないオリジナルサイトを作り、
(ブログ、YouTubeチャンネル、Twitterなど)
FacebookやLINEに誘導すればよいのだから。
(メルマガは到達率が悪くなっている)
それで月額制課金のコンテンツ提供、交流サイトを持てる。
ただし集客が難しい。

サロンビジネスで成功するポイントは
「最初の1人を大事にすること」

満足度100%ならば
SNSで少しずつ広がっていく。
ブランドのない個人でも十分チャンスがあります。

それにしてもDMMは色んなことにチャレンジしてますね。
私は「多角化」とか「何でも屋」には否定的です。
なぜなら経営資源が分散されるので
ライバルとの競争やイメージ戦略に不利になるから。
もし色々とやりたいならば必ず
『分社化』して下さい。
そのためにはリーダー育成が急務です。

ちなみにリーダーとは教育者のことだと言ってもいい。
そこに肩書や知名度は関係ない。

リーダーは理想とするところに近づける“変化”を提供する。
それが教育だと思う。

8月 062016
 

楽オク(楽天オークション)が10月で終了します。
同社は「ラクマ」というフリマアプリが拡大していることから
楽オクはこの際思い切って撤退し、
経営資源をそちらに集中させるつもりでしょう。

いい判断だと思う。

私はフリマアプリ=メルカリとばかりに
他はほとんど見ていませんでしたが、
先ほど確認したところ
「メルカリとほとんど変わらないやん」
とちょっとガッカリでした。

手数料無料でしたので試しに出品しましたが、
メルカリの牙城を崩せるか疑問です。

なぜなら手数料無料が終われば
会員数の多いメルカリに顧客が戻ってしまうからです。

私は何度も言っている。
ビジネスで勝つためには『差別化』しかないと。
(マイケル・E・ポーターの意見でもある)

「ラクマがメルカリに勝つ方法で何か策はあるのか?」

私ならリアルフリマのように
お互いの顔が見える取引システムに変える。

Facebookでは実名・顔出しが原則で、
そうであっても現在利用者は定着している。
(私も利用している)

つまりフリマのFacebook化をすればいい。

双方でケンカが起こるかもしれない。
仲良しになってしまうかもしれない。

今日SNS時代にあって誰もが
瞬時に遠くの人と交流が持てるメリットを享受できている。
これはすごいことです。
過去にこんなことはなかった。

アメリカではFacebookなどで結婚した夫婦もいるし、
日本でもそんなカップルがいることと思う。
もちろん負の側面もあることは否めません。

ですがこのネット世界は後戻りできないのです。
科学技術が嫌だからと言って頑固に否定しても
その科学をこの世から消去できないのです。

あなたはこのSNS時代をどう生きる?

私は徹底的にそれを利用せよと言いたい。

話を戻すが
ラクマは今のままではメルカリに勝てない。
(LINEモールのように廃止になるかも)
だから何か差別化戦略を講じるべきです。

私なら実名・顔出しを義務付ける。
それと楽天ブログと組み合わせる。
(Facebookでもいい)

【CtoCフリマ-双方向コミュニケーション-】

ラクマよ、フリマアプリ界を変えろ!!

追記:
ヤフオクとモバオク両社の動向が気になります。

「みんなPCやガラケーは使わずに
スマホを使って買い物をする」

これを知って下さい。

12月 012014
 

Tsuで稼ぐことへの
tiishiという青年の否定的意見です。

彼のYoutube動画:https://www.youtube.com/user/tiishi1

(以下メルマガから抜粋)

どうも山田さん、tiishiです。

2週間前くらいから、スースースースーうるさくなりましたね。
みんなやってますよね。
でも、おそらく僕はスーでは稼げないと思っています。

その理由は、

・所詮広告ビジネスだから
・肝心の広告をクリックする人は
スーをやっている人に限られるから

・アフィリエイトと同じで登録者に対する数%を除いて
みんなやめていくから

・アフィリエイトと同じで2ティアや3ティアの稼ぎなんて
たかが知れているから

・リピート率が極めて低く、顧客単価が低すぎる

などです。

まず、スーは所詮広告ビジネスです。

広告ビジネスというのは
クリック報酬をもらう立場のユーザーには
リスクはありません。

しかし、代わりに広告主や運営側に搾取されるため、
結局あなたはスーや広告主が儲かるための
歯車の一部でしかないのです。

言い換えると、サラリーマンと同じです。

トレンドアフィリやyoutubeアドセンスをやっている人で
アホほど稼いでいる人ってほんのわずかしかいませんよね?

ヒカキンですら、
100万人以上のチャンネル登録者がいるにも関わらず、

年収で億いってるかどうか程度しか稼げていません。

しかし、僕はチャンネル登録者は3000人を
少し上回るくらいしかおらず、
ヒカキンの400分の1くらいの媒体力しかないにも関わらず、
年収はヒカキンの400分の1程度などではなく
半分近い5000万円あります。

これが、広告ビジネスが儲からない決定的な証拠であり、
同じ媒体力で勝負した場合、
メルマガの約200分の1しか稼げないのです。

そして、スーで収益化されるのは、
誰かが広告をクリックしたときなのですが、
そもそもスーというのは
ブログなどのように誰でも見れるわけではなく、
登録している人しか見ることができないため、
その広告をクリックするのは
スーをやっている少数の人に限られてきます。

しかも、スーをやっている人というのは
全員お金儲けをしたい人たちであり、
同じく広告をクリックさせようと頑張っている人ばかりです。

ようは、仕掛ける側の人間です。

仕掛ける側の人間なんだから、当然こう考えるでしょう。
「俺がこの広告をクリックしたら、
誰かが儲かる仕組みだから絶対押さないようにしよう」と。

儲けたい、クリックさせたい人ばかりが登録している媒体で、
果たして誰が広告をクリックするのだと疑問に思いませんか?

さらに、スーというのは
ネットビジネスをしたい人だけが登録するものですが、
結局ネットビジネスなんて片手間で稼げないからと
すぐにやめてしまう人が95%です。

95%の人がやめたら、
あなたの収益を生み出す広告をクリックしてくれる人は
わずか5%しかいなくなります。

facebookやミクシーのような趣味に近いsnsだったら
多くの人は継続してアクセスしますが、
スーの場合、ほとんどの人がやめてしまうでしょう。

そんなに人口の少ない媒体で、
どうやって稼げるというのでしょうか?

あとは、2ティアや3ティアなんてあてになりません。
インフォトップのアフィリエイトランキングを
見ればわかると思いますが、

毎月2ティアが数十人と増えているアフィリエイターでさえ、
2ティア報酬なんて
本人の数十分の1くらいしかないではないですか。

そして最後に、
ビジネスの方程式は、
顧客数 × 顧客単価 × リピート回数であり、

これが全てです。

さっきも言った通り、
スーの場合、顧客数はかなり少ないです。

で、広告なんて1クリック5円、10円程度のもんです。

では、リピート回数はどうかというと、
そんなに何度も広告をクリックする人なんて
そうそういないですし、

100回クリックしたとしても
500円とか1000円にしかなりません。

情報商材なんか3万円のものが1つ売れるだけで3万円です。

この方程式にスーを当てはめてみると、
いかに非合理的なビジネスモデルか
ということが分かるでしょう。

一番稼げるビジネスというのは、
顧客数 × 顧客単価 × リピート回数
の数値が最大化するビジネスなのです。

不勉強な人や情報弱者はこれを理解していないため、
すぐに流行に振り回されます。

だから、本当に稼ぎたかったら基本から学び、
一番稼げるビジネスモデルを見極め、
そのビジネスのテクニックを磨くのが一番早いのです。

というわけで、スーが稼げないと思う理由でした。

もちろん、やるのは個人の自由なので、
やりたければやってもいいと思います。

でも、他の人たちみたいに
facebookでスーに勧誘しまくるスパマーみたいになると
信用を失うので注意してくださいね。

(ここまで)

私の考えは確かに仰るように
Tsuの広告収入で稼げる人は一部だけです。
ですがその利用によっては
ビジネスやプライベートに活用できると思う。
いいねやシェアをしやすくなっているので
拡散力はFacebookよりも期待できる。

私がTsuで投稿していると
「俺は稼ぐために投稿するんだ!!」
という気持ちはだんだん薄れてきて
(疲れるし)
普通に投稿していこうと思えてきました。
(アドセンス広告を貼っているブログ投稿と変わらない)

※ただしFacebookと同様に見づらい。
(何とかなりませんか?)
でもFacebookよりもスッキリしてます。
(やり方を知らないだけかも)

TsuはFacebookにある利用者を
Tsuへ強引に移行させるために
3ティアというシステムを取っただけで、
Facebookと酷似していることからも
「独り勝ちは許さねぇ」という
Tsu創業者の意図があるのかもしれません。

おそらく私の予想では顧客情報と共に会社を売却すると思う。
(Youtubeと同じように)

本社がニューヨークにあるらしいので、
Facebookのカリフォルニアと対抗意識があるのかも。

それにしても稼ぐ若い人がゾロゾロ出現している。
年収5000万円だって。
インターネットの力は恐るべし。

8月 282014
 

アプリから個人情報を盗み取るものがあるようです。
早急に以下のサイトを参考にして
変更手続きをお願いします!!

http://profile.ne.jp/pf/kosugetaro/c/c-139639/

Facebookについて専門的なことが書かれています。
Facebookを常用している方は要チェックです。

このサイトの管理人である小菅太郎さんは
インフォトップで教材を売っていて、
僕は買いました。
140円の報酬をゲットしました。

「自動で稼ぐDMMアフィリエイト」←クリック

簡単に言うと
WordpressブログにDMMアフィリを自動投稿し、
稼ぐというものです。
(Wordpressが持つ可能性を教えてもらった教材でした)

これについては報告できることがあれば言います。

7月 252014
 

いつもと違う場所からFacebookにログインしましたか?

今までにご利用されたことのないコンピュータ、携帯機器、場所からFacebookアカウントへのログインがありました。安全のため、不正な利用がなかったことをご確認いただけるまで、Facebookアカウントを一時停止させていただきました。

新しい機器またはいつもと違う場所からFacebookにログインしましたか?

– 他人がアカウントにログインしたと思われる場合は、いつもご利用のコンピュータからFacebookにログインし、以下の手順にしたがってアカウントの安全を回復してください。

– このログインが正当なものである場合は、これまでどおりFacebookアカウントをご利用ください。

詳しくは、こちらのヘルプセンターをご覧ください。
http://www.facebook.com/help/account_recovery?ref=hcrblock

よろしくお願いいたします。
Facebook Security Team
——-

こんなメールが来て
早速パスワードを変えてログイン回復をしました。
ちょっと驚きました。

東京からログインがあったようです。
(僕は現時点で岐阜に住んでます)

「僕になりすまして何をしたいのだろうか?」

ああそういえばDMMではFacebookとGoogle+でログインできる。
やったことはないが。
よくここで新品DVDなど買っているから怖いですね。
パスワードはこまめに変えたいです。

DMMさん、早急に対策を講じて下さい。

4月 132014
 

Facebookでは一部を除き、
本名と顔写真が公開されている。
よって自身の発言に責任が出てくる。
だから当たり障りのない投稿しかしない。
コメント欄を見るといつもそう思う。

Facebookはつまらないね。

匿名での掲示板や
アマゾンのレビューは
投稿者の本音を出してくる。
面白い。
でも嫌がらせのみの人もいるから
どっちにも長所・短所がある。

本物の関係を築き上げたいのならば
ぶつからなければいけない。

「ダイヤの原石は磨かないと光らない」

傷つけぶつかり合いの中から
美しいものが生まれる。

自己の内なる葛藤もまた然り。

『切磋琢磨』

いい四字熟語です。

1月 252013
 

Facebookの背景の壁紙はこのサイトから借りました。タダでね。

Facebookはチャットができるし
その他の機能もあるらしい。が僕はまだ使いこなせてません。

Facebookは何と言っても世界の人とやり取りができるので、
グローバルに活躍したい人は是非利用してほしい。
日本の中小企業も自社製品を宣伝できます。
チャンスです!!

「日本だけで閉じてはいけない」

鎖国時代であっても商人たちは海外貿易で密輸していました。
儲けるために。

でも今の時代は国際的市場が目の前に広がっている。
堂々と世界と戦える舞台が用意されている。
しかも日本人はビジネスの約束事を守る律儀な民族で評価が高い。
日本製への信頼も根強く残っている。
有利ですよ。

アメブロは日本で一番人気のあるブログシステム。
それでもビジネス利用禁止、違反者は即刻削除。
小さい小さい。
今の日本人の考え方を代表しているような例ですね。
情けないです。

日本人も日本企業もグローバル視点を持たなければ生き残れません。

12月 072012
 

フェニックスという会社が販売している石けんの紹介です。
奈良に本社があるみたいです。
地方の中小企業。
ちょっと問い合わせ欄にてアドバイスを送信してみました。

(以下)
初めまして経営コンサルタントをしています。
インフォトップにて貴社の石けんを初めて知りました。
Youtubeによる動画での紹介をこれからどんどん制作して宣伝するといいと思います。
Facebookも有効です。これらはタダですのでどんどん利用して下さい。
中小企業の皆さんには是非頑張ってほしいと思っています。
ブログを書いています。参考程度にでも。
http://love.nakynaky.com/ よろしくお願いします。
(以上)


『フェニックス石けん』【うるおいセット】←少し高めの高級石けんです。

返信が来ました。
ほんとに役に立ってくれたのかな?

(以下)
山田直樹 様

貴重なご意見をありがとうございます。

今後の商品開発の参考にさせていただきます。

お客様窓口 橋本
(以上)